本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

現代の治安維持法・共謀罪 週刊金曜日2005.7.15

何もしなくとも話し合えば処罰される前代未聞のこの悪法は、誰が何のために必要なのか。その背後には、戦時体制確立を狙う政府の黒い意図がうごめいている。
 山下幸夫弁護士に聞く
昨今、ビラを配っただけで逮捕される事件が相次いでいますが、そうした動きと無縁ではないと思います。去年あたりから、有事立法など「日本が有事にどうするか」という法律が成立し、日米共同の戦争を想定した法制度がどんどんできている。そこで、特に戦争に反対する人たちに対する何らかの治安立法が必要であると見込んで、共謀罪が登場してきたことは間違いないでしょう。
 狙いは労組と市民
-どのような団体が、弾圧の対象になるでしょうか。
特に労働組合が、真っ先にターゲットになるでしょう。現行法上でも、労働組合が正当な争議行為としてやっだと思っても、そして労働法上認められている行為であっても、監禁だとか、威力業務妨害で摘発される例が珍しくない。そうすると、「これからどのように労働運動をやっていくか」といった打ち合わせの場がストレートに共謀の場とされ、そこに参加しただけで「共謀した」として摘発される恐れがある。しかも破防法と違い、団体の定義がきわめて曖昧で非常に広い。だからごく普通の合法的な市民団体も含め、何でもすべて適用範囲になってしまうでしょう。しかも、すでにいつでも共謀罪が適用できる素地ができてしまっている現実があるのです。
 - それは、どういうことですか。
山下 日本では「共謀共同正犯」が認められています。つまり、何もしなくても共謀だけすれば、別の共犯者が実行した際に同じ責任を負うというもので、法律に規定はないのですが、裁判所が判例上認めている考え方です。今まで共謀と言うと、たとえばAという人間とBという人間が話し合って、「これを一緒にやりましょう」と言葉で明確に話し合うことがイメージされました。ところが最近の「共謀共同正犯」というのは、言葉を交わさなくてもいい。阿うんの呼吸と言うか、まったく言葉を交わさなくても成立するんですよ。  ー警察の一存で犯罪者に (略)
-でも、誰が「共謀があった」事実を判断するのですか。
山下 事実として話し合ったかどうかではなくで、人間関係とかそういうことから、「共謀したに違いない。総合的に判断して、共謀しても不自然ではない」と裁判所が判断するだけでいいのです。しかも恐ろしいことに、ここ一〇年ぐらいでどんどん暴力団以外に労働組合にまで適用範囲が広がっています。最近関西の労働争議絡みでそうした事件があり、書記長や幹部が「共謀共同正犯」ということで逮捕され、裁判になっている。人間関係から「こいつら話し合ったに違いない」と警察が見なして直接の行為者以外の者まで縄を広げ、それを裁判所も認める傾向が強い。具体的に何かやったわけではないけれども、共謀があると言われ、それで逮捕されて事件になっているという例がいまどんどん広がっています。
- すると、極端な話、共謀罪の場合でも、共謀した事実がなくとも、警察がそう見なしただけで逮捕できるのですね。(略)
 運動を萎縮させる
 そうなると、国家から見て何もしなくとも「この人は今の社会で危険だ」という判断がすべてになります。政府に反対しているかとか、労働組合が使用者に反対しているかとか。そうなると、憲法で自由が保障されている思想・信条に関わる部分が重視されてくる。犯罪という結果がないのですから、やった行為ではなく、まさに思想そのものが処罰されるのです。これが、ものすごく恐い。
(略)
ー弾圧の手口も変わってくるでしょうね。
(略)当然、盗聴も確実に拡張していくでしょう。
ーー(引用終わり)著作権は週刊金曜日にあります。 #共謀罪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/987-e628f62d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

枝野 追悼碑 群馬 強制連行 在日 朝鮮 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん