本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

731部隊を追って 第2回 「朕」の命令の絶対性  週刊金曜日 1994.11.11号

週刊金曜日 1994.11.11号 P46~49より引用。 「朕」の命令の絶対性 西野留美子
「お国のため」「戦争のため」
 戦犯免責と保身
P47敗戦三年後の一九四八年一月二六日、帝銀事件が起きた。伝染病が発生したときだった。帝銀椎名町支店に現われた厚生技官と名乗る男が、消毒するからと銀行員に「予防薬」を飲ませ、一二名が亡くなった事件である。あのとき捜査線上に、731部隊元隊員が浮かんだ。当時警視庁目白署捜査本部の捜査一課係長であった甲斐文助警部は、日誌に捜査状況メモを記録していた。
彼の記録では、四月二七日に七三一部隊長であった石井四郎に会っている。そのとき、石井はこう話したという。
「おれの部下に(犯人が) いるような気がする。一五年、二〇年(たっても)、おれの力で軍の機密は厳格であるので、(部下は)なかなか本当のことは言わぬだろう。いつでもおれのところへ来い」。
また、七月になって行なわれた事情聴取の際にも、石井は「(犯人は)軍関係に間違いなし。自分もそう思う。七三一の各研究所でベスト菌の人体実験の際、生前に三日、四日、五日の症状を見るために殺して解剖した」と語っているというのだ(一九八七年五月二〇日『中国新聞』)。石井は隊員たちに七三部隊の秘密保持を厳命していたというが、にもかかわらず、裏ではこうした言動を行なっていた。(略)
P48石井が引き揚げのときに行なった緘口令を証言する元隊員は少なくない。しかし帝銀事件の捜査が末端の元隊員におよんでいるのは、下級隊員を含めた隊員名簿が「ある程度」わたされ作成されていたのではないだろうか。一九四七年三月一七日GHQ法務部は、「ハルビン試験所関係者名簿提出」を要求していた。この要求は、「ハルビン試験所に所属した将校、下士官、民間人を含む全ての日本人人員の完全なリストを英語で提出するように」という内容だったという(笹本征男・若松征男「細菌戦の戦後処理に日本政府がかかわっていた」『エコノミスト』一九九四年八月二三日号)。
笹本・若松両氏の調査では、GHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)資料の中に「関東軍防疫給水部将校リスト」が発見され、そこに一〇〇人の将校が記載されているという。
しかしGHQは、民間人(軍人以外の軍属らを指すのだろうが)のリストも要求しているわけで、「将校リスト」以外の名簿も作成されていたのかもしれない。(略)
 特殊社会の異常心理
 七三一部隊の姉妹部隊である北支那派遣軍甲一八五五部隊第二分連隊にI氏が配属になったのは、一九四三年のことだった。配属前の四カ月間、衛生兵教育を受けることになっていたが、八月になって突如、北京市街を中心にコレラが発生したため、その「防疫」に駆り出され、配属されるまで四カ月の教育期間が六カ月に延長された。このときのコレラ流行は、長田友吉の自筆供述書によれば「一八五五部隊西村部隊が実験のためにコレラ菌を散布したものである。(略)
P49彼が配属された第二分連隊は静生生物調査所の建物を占拠したものであった。半地下、三階建て(三階部分は予備飼育室周の倉庫二棟がある屋上)の二階部分が、ノミの大量繁殖室になっていた。すでにいた兵隊と合わせて、一七名でノミの飼育にあたったのである(最終的には五〇人ほどになった)。
 ふんどしひとつになり、飼育室で一日を過ごした。石油缶の飼育箱の底には血粉を敷いた。乾燥して固くなった豚の血を屠殺場からもらってきて粉砕し、それを粉にしたものである。さらにふすまとエビオズの粉、豆溝の粉を入れ、カゴに入れたネズミを置き、ノミを放した。ノミは身動きできないネズミにたがって血を吸い、二八日周期で繁殖を繰り返していった。
 敗戦までノミの飼育を続けたI氏は、二度、そこに幌のかかった特別車で「人間」が運ばれてきたことを記憶している。(略)
 、それまでノミの飼育室として使っていた部屋は片付けられ、鉄格子のはまった黒く塗られた窓ガラスの部屋に、トラックから下ろされたわけです。監獄になった一角には行ってはいけないと言われていたのですが、私はどうしても気になって、こっそり行ってドアの覗き窓から中を見たのです。
 私は全身が固くなりました。部屋の床にはアンベラが敷いてあり、饅頭が二つのっている小さいテーブルがひとつ置いてありました。そこに、私と同じぐらいの年(二〇代前半)の中国人の男が座っていたのです。のぞいた途端、男はギョロッとした目で、黙ったまま私を見たのです。どのくらいの時間だったか……。一瞬のことだったのかもしれませんが、その光景は私の目に焼きつきました。戦後になって、私は何度も自分がその立場になった夢を見てうなされました」。
 非戦闘員を含めた人々を「実験材料」として細菌兵器研究を行ない、あるいは関連していたのは、平房の七三一部隊だけではない。その組織図は東京にあった陸軍軍医学校を頂点にして、各地に点在していた。関東軍防疫給水部(七三一部隊)をはじめとして、北支派遣軍の一八五五部隊(北京)、中支派遣軍の一六四四部隊(南京)、南支派遣軍の八六〇四部隊(広東)、南方軍の九四二〇部隊(シンガポール)、さらに関東軍下には、ハイラル(五四三部隊)、林口(一六二部隊)、牡丹江(六四三部隊)、孫呉(二六四五部隊・六七三部隊)、新京の関東軍軍馬防疫厳(一〇〇部隊)、さらに大連衛生研究所も密接に関わっていた。(略)
ーー引用終わり。全文はこちら、ダウンロード<開く。著作権は週刊金曜日にあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/835-a008354d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

レーダ 週刊金曜日 強制連行 朝鮮 地域政党 リベラル 統一名簿 小選挙区制 枝野 追悼碑 群馬 在日 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA 公安 原発 基地 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 津波 震災 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 朝鮮人 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん