本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

家永三郎 戦争責任を考えることの意味ー教科書問題と私の闘い、週刊金曜日

週刊金曜日37号P40~41引用。
 過去を反省するな。という検定権者の思想
 政界・財界からの鞭撻でふたたび強化された検定
私が、戦争中の日本が植民地・占領地でどんなひどいことをしたかを、包括的具体的に知るようになったのは、一九六〇年代末から起草にとりかかり六八年に公刊した『太平洋戦争』執筆過程においてであった。この本では、今日問題となっている従軍慰安婦のこととか、七三一部隊とか、シンガポール華僑の大量虐殺とか、朝鮮・台湾での皇民化政策とか、強姦の多発をふくむ日本軍の中国での残虐行為とかを記述している。(略)
 というのは、これに先だち、一九六三年の新訂版では、わずかに「戦争は『聖戦』として美化され、日本軍の敗北や戦場での残虐行為はすべて隠蔽されたため、大部分の国民は、真相を知ることもできず、無謀な戦争に熱心に協力するよりはかない状態となった」という程度の抽象的記述さえも検定はこれを容認せず、この文章が不合格理由の一となっていた。

 国家管理のもとでの教科書画一化の恐ろしさ
 一九八〇年と八三年との二回にあたる改訂申請に当っては、七三一部隊、日本軍の中国での強姦多発、シンガポール・フィリピンでの住民虐殺など、『太平洋戦争』ですでに読書界に公表ずみの事実をなるべく多く盛りこもうと試みた。ところが、一九七〇年の検定違憲の東京地裁判決(杉本判決)によってやや弱腰になったかのように見えた検定当局に対し、政界・財界から鞭撻が加えられた結果、検定はふたたび強化された。今まで合格本に載っていた「日本の侵略」、南京大虐殺、新に加えたシンガポール・フィリピンでの住民虐殺などまでに修正意見(修正しなければ不合格になる検定意見)がつけられ(そのうち、シンガポール・フィリピンでの住民虐殺については、異議申立が認められ、修正しないですんだ)、七三一部隊と日本軍の強姦とは削除を余儀なくされた。その経過の詳細は紙幅の余裕がないので省略するが、一九九三年名書刊行会発行「『密室』検定の記録」に具体的に書かれているので、興味のある方はそれをごらんになっていただきたい。(略)
 日本国民の多数が、戦争中の日本が旧植民地・占領地で何をしたかを具体的に知り、率直な自己批判を深め、日本政府をして公式に日本の過去の責任を告白させないかぎり、日本の戦争責任を完全に清算することはできないであろう。また、上述のとおり、検定によって戦争の具体的実態を書けないようにされてきた学校教科書で勉強してきた戦後世代の人々も、戦争についての実態を学び直し、戦後責任のにない手としての自覚を深めてほしいと要望しないではいられない。

 教科書の自由発行・自由採択
 九四年度の検定では、従来と大きく変わってきている。私の教科書は、この版から五人の共著となり、近現代の部分は大日方純夫氏に大幅な添削をお願いしたが、「日本の侵略」、南京大虐殺、「日本軍の残虐行為を告発する抗日壁画」、七三一部隊での生体実験、朝鮮における「皇国臣民の誓詞」斉唱の強制、「創氏改名」政策、朝鮮人・中国人の強制逆行、従軍慰安婦など、今まで検定意見をつけられたり、たぶん意見をつけられるにちがいないと心配していた部分がすべてフリーパスしている。(略)
 しかし、検定制度が維持され、不合格の危険が最後までわからないしくみとなっている現状では、執筆者の良心を完全に満足させる教科書は制作できない。私も中国での強姦その他は自己規制して書かなかった。自由発行・自由採択の日の到来を切望してやまぬ。
 いえなが さぶろう・東京教育大学名誉教授 一九一三年、愛知県生まれ。
ーーー(引用終わり)
全文はこちらダウンロード<ファイルを開く。(著作権は週刊金曜日にあります)。
1970年杉本判決の頃より、はるかに2015年の検定のほうが規制されているのでは。文科省も安倍政権のいいなりなのだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/829-2d860734

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 NSA スノーデン レーダ 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん