本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日2013.2.22号 廣瀬純 責任編集 絶望せよ

130222_932.jpg
<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2013.2.22
______『週刊金曜日』   ★★有料メールマガジン 始めました。★★
   http://www.kinyobi.co.jp/mail/mail_index.php
===========================================================
       週刊金曜日 Twitterでも情報発信中です         
==========================================================
  最大2万5920円お得!! 定期購読をご利用ください。
===========================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】「歴史講座」パート3のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事
■廣瀬純責任編集 絶望の潜勢力を回復せよ
3・11を経験しながら、原発を再稼働し、安倍政権を誕生させたこの国。
希望はどこにあるのか? 否!
欠けているのは絶望ではないのか!? 
本誌連載「自由と創造のためのレッスン」の筆者・廣瀬純が
責任編集で伝える。絶望の力を作り出せ!
●戴冠せる絶望  唾棄すべきすべての希望と決別するために 廣瀬 純
●廣瀬純が絶望について書けと言う。 青山 真治
●未来のあと──我々にもはや「未来」はない。 フランコ・ベラルディ(ビフォ)
 訳・長嶺愼太朗
イタリアで自由ラジオ「ラディオ・アリーチェ」を開局するなど一九七〇年代、
アウトノミア(自律)運動の中心で活動をしていたフランコ・ベラルディ、通称
ビフォ。今もメディア・アクティヴィストとして活動の領域を広げているビフォ
に、特別寄稿して貰った。
●絶望が個に返されている 対談 緒方正人×廣瀬純
今回の特集にあたって、「ぜひ、お会いしたかった」のが緒方正人さん。水俣病
闘争の渦中で運動から離脱。絶望のなか、生を根源から問い直した、その意味を、
二人で熱っぽく語った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
 今週号はひさびさの本誌編集委員以外による責任編集だ。森達也の「オウム」、
佐藤優の「沖縄と差別」以来、三度目か。編集長が編集責任を放棄しているだけ
じゃないのと言う読者もいるかもしれないが、これも編集のうちであります。
さて責任編集者は本誌連載「自由と創造のためのレッスン」の廣瀬純。なぜ廣
瀬純かと言えば、なにせ文章が、一字一句が真剣だからだ。週刊誌は一読して読
めないと悪文と言われるが、彼の連載の二ページはつめこみすぎ、行間がありす
ぎ。さらっと読めない。しかしその文章にはいつもなぜか明るさや未来への本気
の渇望を感じていた。
 そんな印象で昨年一〇月、初めて廣瀬純と逢った。ぼくが編集長になる前から
連載していたし、彼はあまり東京にいないから。廣瀬純は言葉を慎重に選びなが
ら「絶望」や「不可能」を口にした。それは偶然にも石牟礼道子さんや田中優子
編集委員のまなざしの先にあるものと同じものらしかった。今、責任編集の原稿
を読み、絶望と希望を己に突きつけている。(平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓
 http://www.kinyobi.co.jp/henshucho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】次号 933号予告
3・11から2年
封じこめられる福島
ルポ 警戒区域の富岡町
こども10人が「甲状腺がんの可能性」
見捨てられる福島
沈黙する原発避難者
加害者主導の原発賠償
福島を去る教員たちの苦悩
バラマキ補正予算で自公維が結託
論争 会田誠展
無料通話アプリって大丈夫か
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】近刊のご案内 
★『無名人のひとりごと』
永 六輔著、1575円、四六判フランス装 288ページ
ISBN978-4-906605-89─7
http://www.kinyobi.co.jp/publish/publish_detail.php?no=2721
これぞ元祖つぶやき
ここに、46年前から「つぶやき」をしていた男がいた!
テレビやラジオの世界で最先端にいながら、揺るがぬ批判精神、機知に富んだ風
刺、自虐ネタの数々……読みはじめたら止まらない、つぶやきの集大成。
野坂昭如氏いうところの「これは一つの文学である」 1967年、46年前の原点
「芸人その世界」も巻末に抄録。小沢昭一、渥美清、淀川長治、黒柳徹子……そ
して無名の人々の「ひとりごと」にいまこそ耳を傾けてみたい。
浅賀行雄画伯のイラストレーション45点も一挙掲載!
高齢者たちよ、 イカレ、オコレ、そして笑ってしまえ
オヤジとか、おばさんとか呼ばれてしまう、すべてのひとたちに
いまこそ元気印のビタミン剤を!
<目次より>
まえがき  老いしい生活
その1   ジジのつぶやき      後期高齢者から前期高齢者へ
その2   テレビよテレビ嗚呼テレビ 有名人と無名人
その3   政治アンポンタン 国という境界線
その4   社会・芸能ひとりごと   ものづくりと芸能
その5   東日本大震災       ひさしさんと「ガンバレ東北」
特別付録 「芸人その世界」アンソロジー 『話の特集』1967~69年
(後略)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】本当の歴史を知りたい。「歴史講座」パート3のご案内
http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=2396
「歴史を哲学する」という視座から開講された『週刊金曜日』主催「歴史講座」
のパート3を開講します。最後の講座となる今回は、「マッカーサーの占領」か
らインターネットに占領され、事物や人間の「交感」が喪失してしまった現代ま
でを、全5講で講義・討議します。できるだけ「対話」のできる講座をめざし、
歴史への新たな視点を切り開く講座にしたいと考えています。みなさんのご参加
を、心よりお待ちしております。

時間:19時~21時
会場:貸会議室 内海(うつみ)
*JR水道橋駅西口下車徒歩1分
〒101-0061東京都千代田区三崎町3-6-15

http://www.kaigishitsu.co.jp

受講料(資料代込み)
全5講座8000円(1回毎は2000円)
25歳未満は割引料金
全5講座6000円(1回毎は1500円)
定員:80名(先着順)
お申し込みは『週刊金曜日業務部』に電話かファクスでお願いします。受講料は
当日、申し受けます。
TEL 03-3221-8521
FAX 03-3221-8522

「日本近現代史を哲学する」
「マッカーサーの占領」から「喪失の世紀」現代まで

「戦後」とは何だったのか。占領時代から全共闘運動、バブル、福島原発崩壊ま
で、この国の歩みを読み解く。
講師 八柏龍紀(哲学者)

▼講座日程とテーマ
第一講 2013年2月7日(木)
マッカーサーの占領と「リンゴの唄」
──はたして憲法は空から降ってきたのか?──
課題:復興と再生の意味
第二講 2013年2月14日(木)
「東西冷戦」という戦時下、朝鮮戦争と講和条約
──“12 の少年”の日本、加害を忘れた日本の現実とは?──
課題:なぜ、日本人はアメリカが好きなのか?
第三講 2013年2月21日(木)
“日出ずる国ニッポン”の軌跡とは?
──神武・岩戸・いざなぎ景気の顛末、貨幣は人を支配する!──
課題:消費社会と人びとの孤独について考える!
第四講 2013年2月28日(木)
オキナワ、ヴェトナム、全共闘の時代
──「祭りの場」が消えていくとき──
課題:「世代論」は有効か? 
第五講・終講 2013年3月7日(木)
“バブル”の崩壊から「原発」による崩壊まで
──「Globalism」との対峙、新たな「連帯」を求めて──
課題:生存の拠点をどこに置くか?

ーーー
*俺の注目記事
P8選挙時協力党の検討を 社民・新社会・緑の党が自党を存続したまま、この名称の党に自党の候補者を登録し選挙を闘い、選挙後に解党して、当選者は自党に復帰する
P9福島からの声 落合恵子 子どもの甲状腺がん 通説をはるかに超える発症率
福島県県民健康管理調査結果に対する見解
P16こわされた日常を取り戻したい 県 甲状腺検査 エコー検査の画像は見せないし、結果はA1、A2など判定が書かれた紙が来るだけ 佐藤幸子
P18福島の森と海は今1 奪われた山の幸 平田剛士
P23 絶望の潜勢力を回復せよ 廣瀬純 絶望こそが「創造する力」そのものにほかならない。
P30 対談 緒方正人 表現って考え方そのものが戦争から祈りまで幅があると思っていますから。武力衝突も裁判闘争も表現だと思っている。
「ものごと」 近代社会は「もの」に執着してきた。でも私の予感では「こと」に重心が移っていくんじゃないか。
P33問題の多い公職選挙法 宇都宮健児  参議院選挙立候補 300万円の供託金は憲
法違反では。 アメリカ、フランス、ドイツ、イタリアなどは選挙の供託金制度がなく・・。
P41個人情報を危険にさらす「野良AP」 手動でWiFiに接続する場合は基本的にアイコンの上に鍵マークのついているものを選ぶ。
P45本 有元葉子著 使いきる  とは愛すること 桃江メロン
P51貧困なる精神543 人間でないと考えるよう教育された兵士 人類の契約を提唱する3 本多勝一
P59安倍政権が出す"悪法"に向けて「緊急作戦会議」 草の実アカデミー
P59「忘れられた皇軍」などテレビ作品にみる大島渚監督 川崎市民ミュージアムで誰でも視聴できる
ーー
だいぶ溜めた週金だが、ぼちぼちアップしていこっと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/746-f4315359

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

枝野 追悼碑 群馬 強制連行 在日 朝鮮 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん