本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日2011.10.14号-報道されない福島の真実

<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.10.14
___________________________________________________________『週刊金曜日』     
  週刊金曜日 Twitterでも情報発信中です      
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】近刊のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事
報道されない福島の真実 「死の街」チェルノブイリからの警告

除染作業と並行して、避難区域の指定解除が進められる。東京電力福島第一
原発事故は、収束する前に、中央が発信する「安全」情報のなかで、後景に
追いやられていく。
放射性セシウムの脅威はどうなったのか。住民は自らの街を取り戻せるのか。
大事故から二五年経ったチェルノブイリの今が、福島に警告を発する。

■自主避難優先を求める渡利地区住民
 県民を守らない「健康管理調査」
 成澤 宗男

福島市有数の放射能汚染地帯・渡利地区では、子どもの被曝回避が急務だ。
だが行政は親が自主避難できる「特定避難勧奨地点」の指定を拒否。
その一方で、被曝回避と無縁な県の「健康管理調査」が進められている。

■ベラルーシからフクシマへの警告
 放射性セシウム内部被曝の真実
 竹野内 真理
連日のように報じられる放射性セシウム汚染。
しかし、その毒性についてはいっこうに明らかにされていない。
チェルノブイリ原発事故により甚大な被害を受けた
ベラルーシの病理学的研究が、その恐るべき真実を伝える。

■「死の街」と地図にない村
 写真・文 冨田きよむ
原発震災によって避難・移住を余儀なくされた
福島県の酪農家たち。その苦悩をルポしてきた筆者が、
原発事故から二五年後のチェルノブイリを取材。
福島の人びとの「これから」が二重写しになった。

福島原発20キロメートル圏内の惨状 東電や政府の言いなりにならない
 写真・文 渡部 眞福島県浪江町の牧場に毎日通い、国が求める家畜の殺処分に応じず
餌やりを続けている畜産家がいる
。東京電力福島第一原発から
半径二〇キロ圏内の警戒区域内の現状と、いまの思いを聞く。

■「計画的避難区域」福島県飯舘村
 村に住めなくても
 絆はなくしたくない
 樫田 秀樹
東京電力福島第一原発の半径三〇キロメートル以遠に設置された「計画的避難区域」。
ここは本来、居住が認められていない。ところがその一つ、
福島県飯舘村には日中に限ると一〇〇〇人強の住民がいる。
村の再起を願う村長の施策によるものだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記
 福島県内では低線量被曝が続いている。被曝について、科学的には不明な点も
あるが、線量が上がればがんにかかる確率はあがるのだから、このような場所に
いることは避けたほうがよい。政府や東京電力は一〇〇%安全だと証明でき、
除染が終わるまで避難をさせておくべきだ。
 自主避難についてはNGOも支援を続けているが、原発に批判的な報道は
減っている。いよいよ原発必要論などが大手を振り始めた。原子力産業は
ウラン採鉱から運転まで被曝と差別がなければ成り立たない。それを続けるのか。
しかし、情報の川上にいるメディア関係者は机上の議論に戻ってしまっている。
 なぜだろう。大きな問題として多くの論者が福島県の現地に入った体験が
ないからではないか。想像力のたくましい人は情報を追体験することで理解し
共感できるだろう。しかし現地の空気を吸わず、現地の声を聞かない、知識
だけにもとづく言葉はぶれる。放射線は見えるものではないが、報道関係者には
福島の土を踏んでほしいとも思ったりする。 (平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
最新号目次はこちら
 
ホームページ上で一部全文公開しています。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】近刊のご案内
★新・買ってはいけない8原発事故が引き起こした食品の放射能汚染 私たちのライフスタイルが問われています。
今回は個々の商品の検証はもちろん、要望の高い「買ってもいい商品」と「食品添加物の
見方と避け方」まで指南します。

★貧困なる精神24集  「英語」という“差別”  「原発」という“犯罪”  
 米国に心も命も収奪された日本人
日本が「英語」によって支配されている「隠れた差別問題」を指弾した「英語」帝国主義と、
原発という「想定されていた人災」を追及する論考・対談を2本柱に構成。
原発の問題は、今年(2011年)3月11日に発生した大震災以降、本誌で連載したものを所収。
また、本誌の編集委員でもあった筑紫哲也氏を追悼するために、筑紫氏も出席した
佐高信編集委員・椎名誠編集委員(当時)の両氏もまじえた対談を再録。
さらには、本多氏が子どものころに描いたマンガ原稿も公開しているが、そこには
「今ヤ日本ハアメリカニ降伏セリ」「以上デコレモ終ワリデスガ」という文字も・・・・・・。
刺激的で機知に富んだ評論・批評集。
ーーー
私の注目記事
P23牛を殺すわけにはいかない 死骸の前に集まっていたエム牧場の牛たち
P49貧困なる精神 赤川次郎氏と日本ペンクラブの正論ー原発時代の想像力(下)2
P54連載残夢 大逆事件を生き抜いた男 坂本清馬の一生 最終回 鎌田慧
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/663-cdb5cb79

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん