本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日2011.9.2号市民科学者奮闘す

   <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.09.02
___________________________________________________________『週刊金曜日
   創刊18周年記念講演会「福島原発事故 いまだからみんなで考えたい」
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。     
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事

特集 市民科学者、奮闘す。

ある時は原発問題、またある時は環境汚染問題で。
手弁当で現場に出て、汗をかくことを厭わない。
ほされても、研究への情熱を失わない。
あくまでも科学者としての客観性を重視するけれど、
権力と遠いところにいる人たちの声に、
耳を傾けるところが頼もしい。
私たちとともに歩む市民科学者に、改めて注目したい。



■高木仁三郎さんが遺したこと
 ”市民科学者”という生き方
 山口 幸夫
 「市民科学者」という言葉を定着させ、自ら実践した人が
 故高木仁三郎さんである。二〇〇〇年に亡くなられるまで、
 正確な科学的知見に裏付けられた言葉を現場から発信し続けた。 

■市民とともに、闘った。
 科学者たちの系譜
 天笠 啓祐

 公害、薬害、環境汚染──。ウソを垂れ流す大企業、それに追随する政官と闘い、
 市民が勝ち取った歴史の数々。そこには、権力に利用されることを厭い、
 人々とともに真実を追究し続けた科学者たちの姿があった。

■権力者のうそを暴いた
 武谷三男と星野芳郎
 佐高 信

■肥田舜太郎さん(医師)に聞く
 事実を曲げることはできない

 広島で自ら被爆を経験しながら、六〇年以上にわたって、
 多くの被ばく者を診療してきた九四歳の医師・肥田舜太郎さん。
 福島第一原発の事故以来、全国で内部被曝の危険性を訴え続けている。

■おカネにとらわれた社会から脱却を
 飯田哲也
 写真・文 伊田 浩之

「自然エネルギーは割高で不安定」「脱原発で不況が進む」など、
原発推進派が叫ぶ {主張} に、具体的データでわかりやすく反論する。
かつて「原子力ムラ」の一員として将来を期待された若い科学者は、
なぜ自然エネルギー促進に力を注ぐようになったのか。その原点を追う。

一人ひとりが地域で安心して
生き生きと暮らせる社会を取り戻したい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記
 原発事故が大公害を引き起こすとは知っていたが、
二〇一一年に事故を起こすとは予測してはいなかった。
ただエビデンス(証拠)型であり予測に弱い科学の限界は自分なりに感じていた。
 だから高いリスクを抱えたままの原発は廃止すべきと考えていた。
科学技術についてそう考えたのは世界金融危機の二〇〇八年が契機だ。
この時、数学や金融技術工学の秀才が作り上げてきた仕組みが虚構だと暴露された。
彼らはマズい科学者の例に漏れず、過去の成功例をかき集め、自分と他者を洗脳することに腐心して、
リスクを軽視した。
 そうして世界中に毒債権をばらまき、自ら破綻していった。
歴史主義を批判する哲学者カール・ポパーの言葉通りだった。
その後、世界はリスクについて考えをあらためると私は楽観していたが、そうではなかった。
リスクについて学習することを人は嫌う。
 ただ今回の原発事故後、リスクと向き合ってきた科学者たちの存在が広く知られた。
市民科学者とも呼ばれている人たちである。
(平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告


最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ


★週刊金曜日』創刊18周年記念講演会
「福島原発事故 いまだからみんなで考えたい」

東日本大震災から間もなく半年。
福島原発事故の被害はさまざまな形で広がり、収束の気配はありません。
こうした状況を受け、創刊以来、一貫して「反原発」の立場で誌面をつくってきた『週刊金曜日』は、「『福島』を考える講演会」を開催します。
編集委員(宇都宮健児、落合恵子、田中優子、本多勝一)の講演、被災者のお話のほか、「食の安全」について具体的、徹底的に考えたいと思います。
お誘い合わせのうえ、ぜひ、ご来場ください。

日時:2011年9月10日(土)13:20~16:00(開場13時)
場所:東京都千代田区・日本教育会館ホール(メトロ神保町駅・竹橋駅4分)
参加費:1000円(12:30整理券配布予定・先着800名)
問合せ:03-3221-8521『週刊金曜日』

★緊急シンポジウム 「原発とメディア」 第3弾
1部=原発報道の検証 上杉隆/森達也/高田昌幸
2部=原発と市民運動 雨宮処凛/鎌仲ひとみ/鈴木邦男

日時:9月15日(木)18:45~21:30(開場18:20)
場所:東京・文京シビック小ホール(地下鉄後楽園駅1分)
参加費:1000円
問合せ:03-3225-1413(創出版)
主催:月刊『創』編集部
週刊金曜日』協賛
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/655-8692fddb

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 NSA スノーデン レーダ 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん