本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日2011.7.1号 世界は原発を止められる

110701_853<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.07.01
___________________________________________________________『週刊金曜日
          広瀬隆さんの講演録が出来ました!    
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。  
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事

世界は原発を止められる
史上最大規模となったフクシマの原発事故は、全世界を激震させた。
原発の真の恐怖を知らされた人々は、急速に脱原発へ向かい始めている。
各国での動きを追いながら、新たな時代の可能性を探る。

■France 原子力帝国とアレバの黄昏
世界一の原発依存国が直面する試練
成澤 宗男

長らく原発大国の名を欲しいままにしていたフランスでは、
世論が初めて原発からの脱却を求め、歴史的な変化のうねりが始まっている。
同時に巨大さを誇った世界有数の原子力関連企業も、経営が揺らぎ始めた。

◆Italy 国民投票で「原発よ、さようなら」


■U.S.A. 原発大国米国の方針に懸念の声も
オバマは、国内でも新興国でも原発を推進
村上 朝子

3・11まで、世界では新興国を中心に、「原子力ルネサンス」と呼ばれるほど、
原子力需要が大幅に拡大する見通しで、その牽引役が米国だった。
福島第一原発の事故は、原発大国の方針を変えるのか。


■福島原発事故に不安募るアジア諸国
伸張する推進勢力へのブレーキ、市民の動向が鍵

東電福島第一原発の事故を受けて、とりわけ日本に近い東アジア諸国では
原発政策にどのような影響があったのだろうか。
政治のあり方はさまざまだが、脱原発へと舵を切るのは、
一人ひとりの市民の行動にかかっている。

■R.O.K. 主要ポストの独占、安全神話づくり……
韓国「原子力マフィア」の正体
北方 農夫人

■Taiwan 「日の丸原発」抱える台湾
与野党「脱原発」掲げ総統選へ
志村 宏忠

■China エネルギー需要急伸の背景に複雑な事情
ハイペースで原発新設進む中国
明日香 壽川

■Germany 世界に先駆ける動きと試み
メルケルに「脱原発」を決断させた市民の熱気
矢嶋 宰

二〇二二年までにすべての原子炉を段階的に停止する――
ドイツのメルケル首相は五月末、こう宣言した。そして彼女の背中を
強く押したのが、市民の粘り強い、工夫を凝らした反原発運動だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム

編集長後記

 今週号は久々にトヨタ自動車に関する記事を入れた。当時の北米トヨタは、
今の日本における東京電力のようなものと想像してもらえればいいかもしれないが、
この問題はいまだに終わっていない。

 人命に関わる事故、閉鎖的な企業文化、消極的な情報公開、リーダーシップの
欠如などなど。あらゆる点で批判され、社会問題になる条件をお釣りがくるくらい
揃えていた。米政府は、トヨタについて公式に二つの機関に検証調査を依頼。
一方、トヨタ自ら調査委員会を設置、市民団体も検証した。東電事故においても
せめて同等規模の検証調査をし、かかった費用は税金ではなく、東電が制裁金として
政府に支払うのがいいだろう。

 中でも、厳しく追及したのが、ラルフ・ネーダーとチルドレンたちである。
 ネーダーを有名にした一つは、“Unsafe at any speed”(『どんなスピードでも
自動車は危険だ』)という本だ。東電に置き換えれば、「どんな原発でも危険だ」と
なろうか。リスクへの構えは、かように必要ではないか。

(平井康嗣)


(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告


最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ

★『週刊金曜日』PRESENTS vol24 in Asagaya/Loft A

原発震災をどう報道するか

 福島第1原発の深刻な事故が収束しない。こうしたとき、ルポルタージュや報道は、
いったい何ができるのか。なにをすべきなのか。原発問題に長年取り組んできた
ベテランと、3・11以降に取材をはじめた若手が真摯に語り合う。ジャーナリストや
ルポライター志望者は必見!

〈出演〉
鎌田慧(ルポライター)
明石昇二郎(ルポライター)
おしどり(マコ&ケン)
司会:伊田浩之(『週刊金曜日』企画委員)

【日時】7月1日(金)18時00分開場、19時00分開始
(WEB予約、電話予約、当日券の順で入場)

【場所】Asagaya/Loft A
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/
杉並区阿佐谷南1-36-16-B1(JR中央線 阿佐谷駅下車 パールセンター街徒歩2分)
電話03-5929-3445

【入場料】前売\1500 / 当日\1800(共に飲食代別)
※定期購読者は前売・当日共に500円引き。当日、6月24日号または7月1日号を
包装してあった(宛名が付いた)袋を持参下さい。

【予約】ホームページ予約がお薦め
(http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/)
電話予約はAsagaya/Loft A
(電話03-5929-3445、午後7時から11時まで)

【問い合わせ】『週刊金曜日』編集部(伊田)
電話03-3221-8527
==============================================『週刊金曜日』======
 ※ 定期購読のお申し込みは以下のページから。
   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/644-47ec5747

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん