本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

東京電力の正体5最大の山場!自然エネルギー派対原発推進派-週刊金曜日2011.6.24号

110624
<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.06.24
___________________________________________________________『週刊金曜日
     『週刊金曜日』PRESENTS vol24 in Asagaya/Loft A
 原発震災をどう報道するか 7月1日開催です。 
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。    ===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事

原発いらない 東電解体

■東電の正体5
 永田町・霞ヶ関は最大の山場!
 自然エネルギー派対原発推進派
 横田 一

辞任の意向を示している菅直人首相は突如「自然エネルギー促進法案成立までは、
辞任しない」と明言。
会期延長となった国会で、首相のクビをかけた法案ははたして成立となるのか。
原発推進派との攻防は最終局面を迎えようとしている。


■着実に進む自然エネルギーへの移行
 孫正義社長・知事連合が地方から包囲
 横田 一+本誌取材班

遅々として進まない中央政府での自然エネルギーシフトの議論。
しかし地方ではソフトバンクの孫正義氏が主導的役割を果たし、
実際的な取り組みが動きだしている。


◆三上元・静岡県湖西市長に聞く
 東電解体で自然エネルギーにシフト

浜岡原発廃炉を求める訴訟の原告の一人として、
市長の立場で参加する「脱原発」市長に聞く。


◆福士敬子・東京都議に聞く
 専門家を巻き込み「反原発」進めたい

五月二二日に発足式を迎えた「反原発自治体議員・市民連盟」。
共同代表の福士敬子・東京都議会議員に聞く。


■図解 送発電を分離し、 東電を解体すると
 東電取材班


■入札で勝てなくなった大手電力会社
 電力自由化は原発を揺るがすか
 成澤 宗男

大手電力各社が、電力自由化で徐々に自治体などでシェアを落としている。
入札で敗因となっている高い料金こそ、実は原発を生んだ構造と無縁ではない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記

被災状況調査アンケート

六月初旬、当社では被災地となった岩手、宮城、福島の定期購読者のみなさんに、
「被災状況調査アンケート」を実施しました。被災された定期購読者の方々が
おられることは間違いなく、現況が非常に気になっていたからです。

いただいたアンケートの
返信ハガキのメッセージ欄には多くの方の声をいただき、本当にありがとう
ございました。僭越ではありますが、一部を紹介させてください。

「自宅は原発より二二Kmの所です。不安な毎日を送っています」
「原発事件では毎日放射線量を確認して生活しています」
「こどもは外で遊べず、成長に必要な経験をさせてやれません! 人生が狂って
しまいました」
「津波では多くの友人、知人の悲惨な状況を知り、只痛哭するのみです」
「今後も被災者の目線での報道を期待します」
 など、たくさんの現況報告やメッセージをいただき、私たちが反対に
励まされました。

さらに気を引き締め報道を続けていきます。 (平井康嗣)

(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ

★終焉に向かう原子力 第12回

□浜岡原発現地報告2-停止から廃炉へ
 伊藤実/白鳥良香/内藤新吾 
□講演:木村真三(放射線衛生学者)
田中三彦(元原子炉設計技術者)

日時:6月26日(日)13時半~18時(開場13時)
場所:東京・日比谷公会堂
(地下鉄日比谷駅・霞ヶ関駅3分)
参加費:1000円
(先着順2000人、12時から整理券を配布)
問合せ:03-3739-1368/090-9137-2437
協賛:『週刊金曜日』


★『週刊金曜日』PRESENTS vol24 in Asagaya/Loft A

原発震災をどう報道するか

 福島第1原発の深刻な事故が収束しない。こうしたとき、ルポルタージュや報道は、
いったい何ができるのか。なにをすべきなのか。原発問題に長年取り組んできた
ベテランと、3・11以降に取材をはじめた若手が真摯に語り合う。ジャーナリストや
ルポライター志望者は必見!

〈出演〉
鎌田慧(ルポライター)
明石昇二郎(ルポライター)
おしどり(マコ&ケン)
司会:伊田浩之(『週刊金曜日』企画委員)

【日時】7月1日(金)18時00分開場、19時00分開始
(WEB予約、電話予約、当日券の順で入場)

【場所】Asagaya/Loft A
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/
杉並区阿佐谷南1-36-16-B1(JR中央線 阿佐谷駅下車 パールセンター街徒歩2分)
電話03-5929-3445

【入場料】前売\1500 / 当日\1800(共に飲食代別)
※定期購読者は前売・当日共に500円引き。当日、6月24日号または7月1日号を
包装してあった(宛名が付いた)袋を持参下さい。

【予約】ホームページ予約がお薦め電話予約はAsagaya/Loft A
(電話03-5929-3445、午後7時から11時まで)

【問い合わせ】『週刊金曜日』編集部(伊田)
電話03-3221-8527

==============================================『週刊金曜日』======
 ※ 定期購読のお申し込みは以下のページから
   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/643-5cc6e7c2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 NSA スノーデン レーダ 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん