本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日2011.5.20号~「原発」を避けてきた教師

20110520「週刊金曜日」ニュース~「原発」を避けてきた教師
<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  
2011.05.20___________________________________________________________『最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。=======================
 【1】注目の記事 【2】編集長コラム 【3】今週号目次と次号予告 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事特集  原発と教育 ■教科書編集者が招かれる  原発見学“接待”ツアー  星 徹 これまで教育現場では、原子力政策の何をどう子どもたちに教えてきたのだろうか。 東日本大震災と福島第一原子力発電所の大事故は、どんな変化をもたらすのか。 まずは中学校教科書の中身や、電力業界による教科書編集者や執筆者への“接待”から。 ■保護者・教育委から苦情 「原発」を避けてきた教師  疋田 哲也 実は東京では、「エネルギー政策」について授業を行なう教師はほとんどいないという。 その理由は何なのか。現役の理科教師である筆者が自らの経験を振り返り、その実態について報告する。 また、福島第一原発の地元で行なわれていた「安全神話洗脳教育」の一端も紹介する。 ◆「なんとなく容認」? 副教材の中身とは ■原発安全神話を強制する  文科省の教科書検定  大藤原 瑠璃子
教科書検定で原子力に関する記述を修正させ、子どもを「核や原子力は危険性が高い」
という情報から遠ざけ、原発安全神話をすりこむ教育が行なわれている。 現在の教科書
はどのような検定を受け、どのような記述になっているのか。 ◆原子力発電に関する記
述と検定意見 ■今、破綻を来し始めた  米国による冷戦下の“心理戦略”  池上 善彦 米国が日本の民衆文化運動を抑え込むために、メディアを使って 一九五〇年代に始めた“心理戦略”は、冷戦崩壊後も生きのびていた。 その戦略を突き崩す民衆運動が、福島原発事故後、新しい形で始まっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】編集長コラム編集長後記『週刊金曜日』を含むメディアに対してだけでなく、教育や教科書へも読み解く力(リテラシー)が必要である。その際、何を教えられているかに目をこらすことは当然である。一方で何が教えられていないのか、を見ようとすることも大切だろう。いずれにしても子ども自身には難しく、大人の責任は重い。 さて、私もそうだが、友人の家族は子どもへの放射能汚染を気にしている。最近、水道水の汚染は「基準値」以下になっているが、飲ませないほうが安心だ。彼の家族は、これまでお目にかかったことのない韓国製のペットボトル水を買い込んでいた。安いと言うがタダではない。不安を感じていても余裕がない親は、後ろめたい思いで子どもに水道水を飲ませ続けているだろう、と、ふと思った。原発事故は、子どもに安全を与えられないという無用な罪悪感や悲しみを親に与えてしまった。 このことへの感受性を東京電力や原子力行政の大人たちは持ち合わせているのだろうか。教育現場の大人たちはどうなのだろう。 (平井康嗣)(過去の編集長後記はホー

ムページでどうぞ) [編集長後記]はこちら↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【3】今

週号目次と次号予告最新号目次はこちら↓ 

ホームページ上で一部全文公開しています。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【4】催し物のお知らせ
★原発報道を考える ─メディアは真実を伝えているのか─出演者:金平茂紀/神保哲生
広河隆一/綿井健陽ほか 司会:篠田博之日時:5月22日(日)

18:45~21:30場所:東京・文京シビック小ホール (地下鉄後楽園駅・春

日駅2分)参加費:1000円主催:月刊『創』編集部 03-3225-1413問合

せ:mail@tsukuru.co.jp予約:http://www.tsukuru.co.jp 「5月22日シンポ予約」協

賛 『週刊金曜日』

★秋葉原事件を考える トーク・イベント 開催日時 2011年 5月 24日 (火) 19時開演(18時45分開場) 内容 3月24日、秋葉原無差別殺傷事件の判決(東京地裁)が出ました。この事件の意味を考えるトーク・イベントを開催します。 「事件を起こさなければ、掲示板を取り返すこともできない。愛する家族もいない。仕事もない。友人関係もない。そういった意味で居場所がない。…」 友だちがいたのに、なぜ彼は孤独だったのか。 私たちは、この事件にどう向き合えばよいのか。 事件の意味を考えたいと思います。 出演: 中島岳志(本誌編集委員) 場所: 東京堂書店神田本店6階 (JR御茶ノ水駅徒歩8分、地下鉄神保町駅徒歩3分) 入場料: 500円(要予約)

お申込み方法: 東京堂書店神田本店に直接電話かメール予約。 TEL: 03-3291-5181
mail: tokyodosyoten@nifty.com 主催: 朝日新聞出版(協賛:『週刊金曜日』) 問
合せ: 金曜日編集部TEL:03-3221-8527(山村・弓削田)

★原発崩壊 福島原発は想定されていた! 浜岡原発は!! 東海・東南海・南海地震と大津波 開催日時 2011年 5月 28日 (土) 13時半~16時 内容 講師:明石昇二郎 場所 名古屋市女性会館3Fホール (地下鉄名城線「東別院」3分) 参加費 1000円 問合せ TEL052-808-3241(西) 主催 「原発震災講演会」実行委員会 協賛 『週刊金曜日』
==============================================『週刊金曜日』====== 
定期購読のお申し込みは以下のページから。   

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/636-e0a1b145

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

スノーデン NSA レーダ 共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん