本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊金曜日 2011.0429号~原発なくても生活できる

110429<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.04.29
___________________________________________________________
週刊金曜日 臨時増刊 原発震災を発売中!
===================================================================
最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。
===================================================================
 【1】注目の記事 【2】編集長コラム 【3】今週号目次と次号予告 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【1】注目の記事特集 原発なくても生活できる福島第一原発事故が発端で始まった「電力不足」。この事態は私たちの生活をどのように変えようとしているのだろうか。不安は多い。しかし今こそ、私たちは変わらなければならないのだと思う。この不安を、原発の電気に頼らなくても生きていけることへの原動力にしなければならない。エネルギー戦略から個人のライフスタイルまで、どんな方策があるのか、その未来を探ってみた。
■「節電発電所」で今年の夏も来年の夏も乗り切れる 飯田 哲也計画停電がもたらした混乱を見て、この先の電力供給に不安を覚える人は多い。しかし、節電を発電に見立てた「節電発電所」、そして自然エネルギーへの転換で、原発に頼らない社会が可能になる。今こそエネルギー改革のときなのだ。
ナショナルグリッドで電気を消費者の手に取り戻せ! 平田 剛士福島第一原発事故では、各電力会社の独占状態になっている電力事業の実態があだになった。発電と送電を切り離し、もっと小規模に、もっと自由に電気を選べるようにしよう。それがナショナルグリッド構想だ。
◆化学工学会の提言 時間的・空間的シフトで電力不足は乗り越えられる
■エネルギーをたくさん使わなくても 幸せになれるんですよ 藤村 靖之現在の電力事情が私たちに問うているのは、これまでと同じ生活では立ちゆかなくなるということだ。では、何をどう変えればいい?そのヒントを非電化工房・藤村さんに聞いてみた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記 今回の東京電力福島第一原子力発電所の事故を見ていて、炭鉱が閉山していった歴史が脳裏に浮かんだ。 国内で最後まで営業生産していた炭鉱は北海道釧路市の太平洋炭砿。その前は長崎県池島町の池島炭鉱だ。私は炭鉱の閉山を見届けたくてたまらず、長崎に行って池島を連日うろつき、炭鉱労働者たちに話を聞き、写真を撮った。 なぜ炭鉱が止まったか。表向きは、炭鉱事故で死者が出過ぎたからだ。死者が出るような危険な職場を現代日本は放置しておくことはできない──。だが、ここには国家と財界の冷徹な論理が存在していたはずだ。石炭は火力発電に使用される。石炭を止めれば電力は激減する。だから炭鉱閉山の前提として、海外からの石炭入手の確保と、代替エネルギーの安定供給が必須だ。そうして炭鉱事故のリスクは発展途上国に押しつけられ(今もそうだ)、原子力のリスクは正面から引き受けた。 これを考えれば、原子力の代替が火力でもないことは当然だ。電力も腹八分目でいいじゃないか。(平井康嗣)(過去の編集長後記はホームページでどうぞ) [編集長後記]はこちら↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【3】今週号目次と次号予告最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ
たんぽぽ舎+『週刊金曜日』共催講演会         
  広瀬隆講演会いま福島原発で起こっていること
講  師:  広瀬隆 「いま福島原発で起っていること」       
大東断 「電力浪費を見直そう」       伊田浩之「原発震災を取材して」       
山崎久隆+鈴木千津子 「食卓にしのびよる放射能汚染」
会 場: 東京・豊島公会堂(池袋駅東口5分)
日 時: 4月30日(土) 17時50分開演~21時10分(17時30分開場)
参加費:1000円(うち200円はみんなで使える放射線測定器購入費に充てます)
受 付: 当日会場にて。先着順800名
問合せ: 『週刊金曜日』03-3221-8521     (平日9時30分~17時30分)

★マスメディア福島原発の報道を問う講演:北村肇(『週刊金曜日』発行人)
日時:5月7日(土)13時30分~16時30分場所:名古屋市・伏見プラザ12階第一研修室 (地下鉄伏見駅6番出口5分中消防署ビル)
参加費:800円問合せ:052-808-3241(西英子)主催:国民保護法制を考える会協賛:『週刊金曜日』 
★けしからん! 議員定数削減講演:坂本修(自由法曹団元団長)
日時:5月15日(日)14時場所:東京千代田区・明治大学リバティタワー14階1144教室(御茶ノ水駅6分)参加費:1000円
問合せ:03-5840-8525
主催:小選挙区制度廃止をめざす連絡会協賛:『週刊金曜日』

ーー
週刊金曜日の経営は非常に苦しい、この雑誌はつぶせないので、またメールニュースを復活だ!
売切れ号もあるとか、ぜひPDFなど電子媒体で売れないかなと思うよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/631-b7112c19

風評ってなんだ?なんで被害を少なくしようとしているのか?

C「今回の原発の事故で、なんで政府は事故を軽いもののように扱うかといえば、パニックを恐れているのではなく、要するに官僚、特に財務官僚あたりから、そう扱わないと国が破産するっていうようなことを言っ...

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 NSA スノーデン レーダ 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。