本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

読者が株主

「読者が株主になるということは非常に有力な方法だと思うんです。その着想は、『ハンギョレ』新聞とは別に私たちも考えていたんですが、具体的にそれをやっている所があるということを知って取材に行ったわけです。読者が株主になる方法をやってるのは他にフランスの『ル・モンド』があります。これは元はそうじゃなかったんですが、途中から切り換えて読者が株主になっております。『ハンギョレ』新聞を取材して、『やっぱり株主としてやる方法は非常にいい方法だ』とますます自信を強めました。」

「ある外資系の製薬会社の役員をやっていたんですけれども、役員といったって、たいていの会社がそうであるようにオーナー以外の役員は全部サラリーマンです。これがもう、大変な会社人間で働いている。あれはガンになる1つの要素だと思うんですが、それでガンになって『俺は何という会社人間だったのか』と気が付くのですよ。人生はこんなもんじゃなかったはずだと言って、それで陶芸や彫刻を始める。しかしもう既に遅くて、刻々と死ぬ日が近づいて来る訳です。そうした間にいろいろ考えてることが大変感動的なんですが、いくら気がついても失った人生はとり返せない。しかし、会社人間ということがいかに馬鹿げたことだったとしても、必ずしも会社をやめる必要はないわけで、『人生とは何か』という問題まで考え及ぶかどうかです。だから、もし『人生とは会社人間である』ということを悟った人なら、それはそれで別に知ったことじゃない。ところが悟らないでいつのまにか会社人間になっている、個人としての人生を忘れている。喜々たる奴隷。そういう状況が進んでいると思うんですね。だから、彼がガンになってから気が付いたことは、本当はもっと早く、例えば学生時代に気が付いておったら、全然別の人生があったんじゃないか。別にそれは会社に行くなということじゃなくて、生きるための月給は必要だろうから就職はそれでいいんだけれども、しかし『会社にいながら会社人間でないこと』は可能ではないかということが1つのヒントになると思うんです。学生じゃなくたって、考えてみれば生まれたときからそうじゃないかと。ガンになって気が付いたことに、本当は子供のとき気がつけば、たぶん別の人生があるんじゃないでしょうか。しかし、今の日本の教育制度というのは、反対にそういうことを極力つみ取っていくわけで、いかに個性や才能をつみ取るかが今の日本の教育の基本方針です。好きなことを止めさせる。早く、子供の時から進学塾やら受験校などに強引にやらされて、親も洗脳されてますから、強引にやらせて、子供が自分の頭で考えることを止めさせる。好きなことも止めさせる。自然との接触を止めさせる。単に与えられたものをコナスことが得意な受験秀才、つまりは企業のニーズにこたえるような人間を育てる。そういう基本的な教育機関になってますから、ますます『人生』をふりかえるようなチャンスは無くなる。」

「私の文庫が今までに朝日文庫だけで二十何冊出ていますけれども、あの中でベストセラーの順位を言いますと、一位が『日本語の作文技術』で、二位が『中国の旅』なんですね。つまり『中国の旅』は印税でも儲けさせてもらっている。もちろんそんなことでは悪いから、いろいろ還元していますけれども、しかし経済的にはそういうことが言える。だったらどうしてフリーの人はああいうことをやらんのか。…
最終的には、体制癒着型の幹部が、余りそんなことを歓迎しない。大多数の日本人も好まない。そこにまた行き着くわけですよ。そういうことをやる記者は余り優遇されない。」

以上は本多氏著作のどこか引用箇所が不明ですが、以下URLより。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~NKSUCKS/masukomi.html 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/6-5f06bb93

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

枝野 追悼碑 群馬 強制連行 在日 朝鮮 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん