本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

ヨーロッパによる植民地支配ーアフリカの近代

教育テレビのヨーロッパのアフリカの奴隷貿易・分割・植民地支配の録画を視聴する。日本の朝鮮、中国侵略の原型がここにあると感じた。アフリカの伝統的にある「紛争を抑制する考え方」とは?ヨーロッパの仕組みである「近代国家、組合」では限界があるようだ。
---------------
NHK教育 高校講座 世界史2007.10より 京都大ー松田素二教授07年10月25日2ーロッパによる-607年10月25日高校講座・世界史再  「ヨーロッパによる-0
07年10月25日2ーロッパによる-407年10月25日2ーロッパによる-5
07年10月25日2ーロッパによる-6(1)07年10月25日2ーロッパによる-707年10月25日2ーロッパによる-8
アフリカの国境線は直線が多い
そこに住んでいる人の文化的・歴史的な事情とは違う、ヨーロッパの支配に都合のよい国境

奴隷貿易16C→ヨーロッパが世界中の富を集めてきた時代
・アフリカ人を人種差別する見方
18C奴隷貿易にたずざわるイギリス人の医者の見方
黒人の習慣は同じこの地で仲良く暮らしている生き物にそっくりである。つまり猿だ。」
ホモ・サピエンス知恵をもつ人(欧州人)
ホモ・モンストロスス怪異な人(奴隷でもかまわない)
サハラ砂漠以南(ブラックアフリカ)で戦後初の独立国1957ガーナ共和国(ギニア湾)
エルミナ城(15C後半ポルトガルの城、奴隷の拠点)大西洋~アメリカへ
奴隷をアメリカへ送る途中40~70日間、大西洋で
船内は不潔そのもので自由に用も足せず、マラリヤ、天然痘、赤痢が蔓延。死んだ黒人を船から捨てた。
奴隷船には多くのサメがついてきた。
サトウキビ・綿花のプランテーションで死ぬまで酷使された。

奴隷=戦争で負けた捕虜、のちは無差別に拉致して売りさばく、大量に組織的に商品として売りさばかれた
現地の奴隷狩=アフリカの王様、アラブ商人
基本的構図=欧州がアフリカ人を売りさばき、富を蓄積し欧州の繁栄を築いた

同じ時代サロンの絵=コーヒー飲み、自由を論議している場(自由・平等・友愛)
アフリカは欧州繁栄のコインの裏側

・19C奴隷貿易禁止令
人権意識に目覚めたのではなく、もっとよい仕組みがみつかった。24時間人間を拘束して働かせるよりは9時から1718時と時間を決め、給料を与えて働かせたほうが生産性が伸びることに気づいた→賃金労働者の誕生
アフリカ人をわざわざアメリカまで連れて行かなくてもアフリカで働かせヨーロッパのために物を造らせるほうがヨーロッパの利益になる

奴隷貿易が割りに合わなくなった→奴隷貿易禁止令→アフリカを原材料供給地、製品の販売先として利用

・19Cのアフリカ分割
 「ヨーロッパにとって」の発見ー「ビクトリア」の滝=英国ビクトリア女王に発見をささげる
 アフリカ現地の人には日常知っていた滝
ベルリン会議(1884~1885)
他の国より早く武力で占領し、そのことを通告すれば、その土地を植民地にすることできると決められた
少数の白人入植者が現地のアフリカ人を使って地下資源の採掘、大規模なプランテーション経営。金やダイヤはヨーロッパの富。落花生や天然ゴムはヨーロッパの工業の原材料。コーヒー、カカオ。

産業革命が欧州の富を作り出した原動力。
人馬牛→機械=潤滑油が必要(落花生=西アフリカ)  
          動力を伝えるベルト(ゴム=コンゴ)
産業革命の材料がアフリカに求められた。
アフリカ現地の人はひえ、あわ、バナナを食べていた、落花生ゴムは不要なものだったがひえ、あわ、バナナなどの栽培を禁止、ヨーロッパのための商品作物を強制。
強制のために武力(アフリカは弓矢、欧州は重機関銃
最悪の弾圧は「ナミビア」、一説によると12,3万人が重機関銃で殺戮された、牛や馬を殺すようにアフリカ人を殺したと記録されている。
・「間接統治」自分たちの言うことを聞く現地人に支配させた。少数の欧州人で膨大な数のアフリカ人を支配するために
理屈=劣等人種であるアフリカ人を文明化することは、優等人種である白人の責務である
・キリスト教の布教も手を貸している
・現代の欧州、米国、日本人の意識にもある
19世紀にあったこと
・米国リンカーンの奴隷解放
・インド=ムガル帝国が滅び、イギリス領インド帝国が成立
・1868明治維新、富国強兵政策をとり朝鮮半島や中国大陸に進出

アフリカの植民地支配への抵抗
 伝統的な抵抗=占い師や呪術師が中心
 近代的で組織的な抵抗=ヨーロッパの考えを学んだ人々が中心(労働組合、政党)

ヨーロッパの考え方で抵抗、国づくりをしたことが現在のアフリカの困難の原因のひとつになっている。

・植民地・奴隷貿易の傷跡
 社会の停滞
 単一栽培経済(ヨーロッパの都合でつくる経済)コーヒー紅茶(ケニア),銅(ザンビア)、ゴム(コンゴ)、落花生(西アフリカ)などこれ以外の作物を禁止したためアフリカ経済が今もゆがんでいる
 人種差別=白人が優れていてアフリカ人が劣っているという考え方は形を変えて今も続いている
 民族紛争、内戦=ヨーロッパの都合のよい国境線を引いたために民族が分断されための対立が今も続いている

アフリカは自分たちで作り出した価値、仕組みを見直す必要がある
アフリカにはもともと紛争を抑制する仕組みがある
スポンサーサイト

コメント

チベットの独立要求と差別問題

チベットの独立要求と差別問題

http://honkatu.blog24.fc2.com/blog-entry-533.html

チベットやウイグル

中国が現在進行形で行っている、民族浄化や、過去の侵略戦争について一切出てこないのはどうしてなんですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/477-8781b49c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

スノーデン NSA レーダ 共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん