本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の反動化とマスメディアの責任-5回目の南京へ19年ぶりに7

週刊金曜日644号(2007.3.2)貧困なる精神316より引用。
安倍は極右の議員連盟の中に常に名をつらね、A級戦犯容疑者・岸信介の孫で、沖縄返還のさい密約をした佐藤栄作元首相の又甥・・。
 俺はよく指摘するのだが、問題の根っ子はこんな男を選出する選挙民の民度にあり、さらにはそれを放置どころか育てる主流マスコミ(ジャーナリズムではない)にある。
・この機会に「百人斬り競争裁判の報告を」(略)すなわち、南京攻撃の日本軍で、二人の将校が功績をきそって「どちらが先に敵兵百人を切り殺すか」を争ったが、実態は戦闘中ではなく、軍民無差別の「据えもの百人斬り」だったこと、日本刀は銃砲撃の近代戦には役立たぬこと、これをルポ『南京への道』(著作集版では『南京大虐殺』)でとりあげたら、反動集団が「この報道はもともと丸ごと虚偽だ」として名誉毀損の訴訟を起こしたこと、しかし最近の判決で当方が完全に勝訴したこと、このおかげで百人斬りについての新資料もたくさん発掘されたので、反動勢力のこの訴訟にはむしろ“感謝”していること。
・ジャーナリズムは権力への監視役がその大きな役割であり、使命でもあるはずです。しかしそれがあまり果たされなくなっています。少なくとも私のいたころの「朝日新聞」にはまだそれがかなりありました。でも今は他の新聞と大して違わなくなっています。だから日本の現在のマスコミ状況は、人口の一定の割合の意識を反映しなくなりました。本来のジャーナリズムであれば「意識の反映」より一歩先んじた報道であるべきでしょうが、とてもそんな状況ではありません。極論すれば、日刊紙ではないけれど『週刊金曜日』くらいしか定期刊行紙誌にはジャーナリズム精神が見られなくなったのです。
 そこで私の夢は、本来のジャーナリズムに立つ日刊新聞を同志らとともに創刊することにあります。もう10年若ければ自分が中心になってそのための運動や実務を進めるところですけれど、新聞社を定年退職したときから『週刊金曜日』の創刊と初期の編集責任を果たすための時間にとらわれて、ついにそれができませんでした。この年末で75才になる“老人”としてはエネルギー不足を覆いがたいけれど、もしそのような日刊紙創刊をもくろむ同志たちがいれば側面からでも支援させてほしいと念ずるものです。・新聞はすでに「紙」の時代からインターネットの時代になっていますが、真のジャーナリズムに立つ内容であればむしろ「紙」でこそ使命が果たせるのではないか。インターネット新聞の弱点のひとつは、内容の重要性によって扱いを決めること(見出しの大きさや段数の変化など)ができず、新聞の第一面に見られるようなニュースの価値判断が一目ではできにくい点でしょう。
 日刊新聞は100万単位というような大部数の必要はなく、たとえば関東や関西の地域でいえば10万単位で充分に使命を果たせます。いや「真のジャーナリズム」を求める質の高い読者の割合は、今も昔もそんなに多くはなかったのです。
---(引用終り)
引用記事の著作権は『週刊金曜日』および本多勝一さんにあります。

本多さんへ、段組のある電子新聞もありますよ!!
読み上げ機能もあるし、スクラップなども保管しやすく、過去記事も検索しやすくなるのでは。月ぎめ金額も安いようだ。(私の部屋の新聞も切り抜き前の古新聞のまま積ん読で、相棒に片付け指令が出ている、スキャナーで保管考えているが、電子新聞ならスクラップも簡単かな)
今までの紙の新聞がとっつきやすいのは判るのですが。宅配の協力が本多さん新日刊紙創刊の難点なのでしょうか?なんとか実現したいなあ。
電子新聞
*産経新聞が電子新聞はじめているようだhttp://www.sankei.co.jp/netview/
*本多さんの新日刊紙(XY新聞)構想は当ブログ左の「カテゴリー」の「XY新聞」を押せば出てきます
*新日刊紙に賛同のかた、コメント欄などで名案お願いします!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/463-7294ebc1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 NSA スノーデン レーダ 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。