本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

保存進まぬ戦争遺跡/南風原の壕を訪ね

http://mytown.asahi.com/okinawa/news.php?k_id=48000110608100001
2006年08月10日
 「戦争遺跡」という言葉をご存じですか? 壕(ごう)、砲台など、明治~第2次世界大戦末期に築かれた、軍事関連の構造物全般をこう呼んでいます。太古とはいえない「遺跡」ですが、大事な歴史の証言者。とはいえ、発掘や保存を巡り問題も。戦争遺跡の多い沖縄の場合は――。
 白く渇いた岩肌に、直径2メートルほどのトンネルが口を開ける。入り口わきのテントには、出土した軍靴やベルト、印鑑ケースなど、約60年前の日用品が……。先月、沖縄県南部の南風原(はえばる)町で開かれた「第32軍司令部壕」の発掘現地説明会での風景だ。
 同壕は44年、旧日本軍第32軍の司令部として建造された。トンネルは総延長約2キロともいわれ、本道から支道が走り、一時は約3千人の将兵や軍属が配置されていたという。今回発掘されたのは支道の一つで、長さ30メートルほどだ。
 「電灯がともされた跡もある。壕の坑木を支えるために床下にも枕木を埋めるなど、司令部を意識した堅固な造りだと思う」と、発掘を担当した同町教育委員会文化課の上地(うえち)克哉学芸員は話す。
 戦前から交通の要衝だった南風原町には、司令部壕以外にも戦争遺跡が少なくない。有名なのが「南風原陸軍病院壕」だ。第32軍直属の陸軍病院のために44年に構築されたもので、ひめゆり学徒隊などが働いていた。同町教委は同陸軍病院壕を90年に町文化財に指定。94年からは調査を行ってきた。
 発掘では、生理食塩水が入ったアンプルや顕微鏡、注射器、鉗子(かんし)などが出土。沖縄戦末期の実態が、発掘によっても明らかになりつつある。
 「沖縄戦や南風原の歴史を語る上で陸軍病院壕は欠かせない存在。なるべく現在の形
のまま後世に残したい。平和学習の場として活用してもらえれば」と、同町教委文化課の大城和喜課長。来年4月には一部の壕の公開も始まる。
 ◆発掘は数自治体のみ
 だが、同町のような市町村は、沖縄県内でもむしろ少数派だ。同県教育庁によると、同県で戦争遺跡の発掘を行っている自治体は、同町や糸満市など数カ所。県自体も「戦争遺跡の発掘をしたことはない」(県教育庁の島袋洋・文化課課長補佐)という。
 背景には、“新しい遺跡”ゆえの事情があるようだ。
 地上戦の舞台となっただけに、沖縄には戦争関連の施設が多い。同県立埋蔵文化財センターの調査では、県内の戦争遺跡は約千カ所。単純計算すれば、「全国に2万以上」(戦争遺跡保存全国ネットワーク調べ)とされる戦争遺跡のうち、5%前後は沖縄県に所在することになる。
 これに対し、同県によれば、県内の近世以前の遺跡は約2600カ所。戦争遺跡まで加えると遺跡数は急増してしまい、「現在の調査員数からいって対応できない」(同県教育庁)という。
 さらに全県に戦争遺跡が広がる沖縄では、開発が制約されることから「すべての戦争遺跡を残すことは現実的ではない」(関係者)との意見も強い。6月には、那覇市にある第32軍関連のトーチカ(陣地)が未調査のまま工事で一部削られるという事件も起きた。
 「選択基準がはっきりしない」「県民の間に色々な意見がある」(同県教育庁)などの理由で戦争遺跡の県史跡指定も進んでいない。
 文化庁は98年の各都道府県教育長あての通知「埋蔵文化財の保護と発掘調査の円滑化等について」で、発掘対象となる遺跡の時代を「おおむね中世まで」とし、近世については「地域において必要なもの」、近現代については「地域において特に重要なもの」を対象にできるとした。近世より新しい遺跡の調査を行うかどうかの判断は、各自治体に委ねられているのだ。
 ◆専門家ら現状を懸念
 「戦後60年が過ぎ、今後、戦争遺跡の意味はますます重要になる。その発掘に際し、担当者の良心をあてにするような現状は好ましくない」と、戦争遺跡保存全国ネットワーク代表の十菱(じゅうびし)駿武・山梨学院大教授。
 戦跡考古学が専門の菊池実・群馬県埋蔵文化財調査事業団主任専門員(総括)も、「沖縄県は戦争遺跡の詳細分布調査を全国に先駆けて実施した。保存や史跡指定でも、他県をリードして欲しいのだが……」と語る。
 戦争遺跡に考古学的にアプローチすることの重要性を80年代から唱えてきた當眞嗣一(とうましいち)・元沖縄県立博物館長は「戦争はいつでも起こり得る。そのことを肌で感じてもらうためにも、戦跡は重要な存在だ」と話している。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/350-a1055551

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

追悼碑 朝鮮 強制連行 慰安婦 共謀罪 NSA スノーデン レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 震災 津波 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん