本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

天皇の軍隊と日中戦争 [著]藤原彰

http://book.asahi.com/review/TKY200607250398.html
天皇の軍隊と日中戦争 [著]藤原彰
[掲載]2006年07月23日
[評者]赤澤史朗(立命館大学教授・日本近現代史)
■軍史料にこだわり責任を追及
 本書は、軍事史家として知られた藤原彰の遺稿集である。藤原によれば、日中戦争における日本軍は、頻繁に中国人の家を焼く軍隊であった。家を焼かれた人々は難民化し、焼く行為はしばしば住民殺害を伴った。
 戦争中の日本軍の記憶は、依然としてアジアと日本との間に横たわるトゲとして存在している。その日本軍の史料は、敗戦時にまとめて焼却された。そのため日本軍の戦争犯罪の様相は、被害者の証言以外の文書史料が少ない状況にある。しかし藤原は、あくまで日本軍の史料にこだわるのだった。彼は軍の「戦闘詳報」などの史料を用いて、南京事件での虐殺や、抗日ゲリラの根拠地を叩(たた)き住民を殺害した治安粛正作戦の背後に、軍の無責任な決定や命令があったことを追及していく。
 その藤原は陸軍士官学校の出身で、若い下級指揮官として中国戦線を転戦し、戦後に大学に入り直して歴史家となった人物であった。本書のテーマも、アジア解放のはずの日本の戦争が、なぜ窮迫した中国人を生み出すのかという、中国戦線の中で芽生えた戦争への疑問から出発していた。彼はその晩年まで、自分の記憶の中にある軍という組織の責任問題と、格闘し続けたのであった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/349-0d62e39f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

スノーデン NSA レーダ 共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん