本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

オウム真理教事件10年目の衝撃の証言

黄泉の犬」 藤原新也著について
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php藤原新也氏ホームページより引用
---------
2006/11/09(Thu)
この不気味な沈黙は何?
「超のつく傑作であるが、文春の売り方が疑問だ。なぜこれほどの作品を、新聞広告や挟みこみのパンフなどでは、片隅においやる扱いなのか。帯も、まるでインド紀行の続編のようなコピーで、内容をまったく反映していない。本文は「よくここまでやった」というような、編集サイドの勇気に感嘆するが、売り方がまったくひどすぎる。もし売れなかったら、日本のジャーナリズムの大変な損失になる」
読者が送ってきたこのアマゾンのレビューについてだが。
「黄泉の犬」に関してかりに文春の一部に自己規制が働いたとすれば、当然水俣病と麻原彰晃の関係のくだりだろう。私は当時マスコミが追ってついに行方を突き止めることの出来なかった松本家の長であり、オウム真理教の教祖として迎え入れられるはずであった麻原の兄に偶然会う機会にめぐまれ、恐るべき証言を引き出すことになるのだが、今現在のところ、事件の様相を一変させる証言を書いたこの本はあらゆるマスコミから無視されている。この内容にしてインタビューの申し込みが「一件もない」というのは経験からして考えられないことである。腹にサラシまで巻いて命がけで取材するような者のいないこの時代を象徴している。前作「渋谷」で嵐のように押しよせてきたマスコミと打って変わってこの完璧なまでの無風状態は不気味ですらある。「さわらぬ神にたたりなし」ということなのであろうか。そのようにしてこの証言と本は歴史の闇に葬られて行くのであろう。憶測でものを書くというのは本道ではないということもあって、昨日と今日のトークを削除したわけだが、文春に関して確実にわかっていることは、当初この本の帯コピーは一字一句覚えてはいないが大きく「オウム真理教事件10年目の衝撃の証言」というようなものだった。だが途中で営業サイドで「オウムがらみのものは売れないという理由」での横やりが入り、現在の本の帯に変更したわけだ。この横やりが何かの含みがあるものか、単純に営業としての意見なのかは闇の中だ。
いずれにしても、朝日新聞に関するトークでも書いたように「危機管理」「自己規制」の華やかなりし世の中である。昨今世を賑わしているイジメ問題にしても底流には大きくその壁が立ちはだかっている。
どうやら味方とも無駄な闘いを強いられる世の中になりつつあるようだ。
そういった意味ではネットという自己規制の必要のないメディアがこのような時代に生まれたことは歓迎すべきことだろう。
また自分が仕事をしているところの批判を書くと仕事がなくなるのではないかという余計な心配をしてくれる人がいるが、私はかつて靴磨きまでして食って来た人間だから何をやっても食って行けるし、その上老人ボケもはじまっており良い意味でものごとの見境いがつかなくなっているので心配御無用である。
--------<引用終わり>
麻原彰晃の兄のインタビューという超話題作なのに、文春の売り方がおとなしい。新聞読んでいるが、そんな本が出たのも知らなかった。麻原の死刑判決が最近出たばかりで世間の注目も集まるはずなのに自己規制しているのはおかしいな!!世間一般に流布されては困る内容が書いてあるのだろうか?是非読んでみようと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/216-48608ee3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

スノーデン NSA レーダ 共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん