本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

マスコミを信用してはならない

マスコミを信用してはならない【森田実の言わねばならぬ】
http://www.asyura2.com/0601/hihyo3/msg/612.htmlより引用
------------------
2006.9.21(その1)
森田実の言わねばならぬ[366]
マスコミを信用してはならない――日本のマスコミは政治権力と合体し国民を支配し圧迫する凶器と化した【1】
国民はマスコミ報道を疑い始めた
「奢れる者は久しからず」(『平家物語』)
 マスコミは国民支配の凶器となった
 相変わらず毎日のように全国各地で講演をしている。最近、ほとんどのところで主催者から「質疑応答の時間をとってほしい」と要請される。昔は聴衆の中からあまり質問は出なかったが、最近はよく出る。しかも、的確で急所を突いた質問が増えている。私のほうも参考になるので、たまには、こちらから質疑応答の時間をとってくれるよう希望することもある。
 一般の聴衆からの質問で、最近、際立った新しい特徴が見られる。それは、「マスコミに対する疑問・不信」の質問が増えたことである。多くの人々が「マスコミの反国民性」に気づきはじめたのだ。
 マスコミへの疑問
 よく出る質問を列挙すると――
 (1)最近のテレビ(とくに民放テレビ)は、幼児、青少年の人格形成に悪い影響をもたらしているのではないか。
 (2)とくに民放テレビが不真面目だ。子どもには見せられないようなふざけたテレビ番組が増えている。教育への悪影響があるのではないか。俗悪番組が多すぎる。
 (3)政治、経済の報道が偏っている。テレビ、大新聞は中立であるべきなのに、ほとんどすべてが小泉支持だ。公明党への批判などは新聞でもテレビでも見たことはない。それでいて民主党の悪口ばかり書いている。マスコミの政治報道は偏向しているのではないか。とくに最近目立つのが批判者がいなくなったこと。これでいいのかと思う。
 (4)経済報道はおかしい。どの新聞も、どのテレビもすべて一様に「景気回復」「デフレ脱却」「日本経済は非常にいい状況にある」「小泉政権の最大の功績は構造改革によって景気を回復させたことだ」等々、景気が回復したという話ばかりだが、われわれ地方の経済人の実感とは正反対だ。われわれの周辺の経済状況はむしろ悪くなっている。全国的に見ると経済状況はよくない。大新聞、テレビの経済報道は事実と逆のことを言っているのではないか
 (5)社会報道にしても、日本社会全体が劣悪化している原因についての掘り下げた報道や分析がない。安定した社会だった日本がどうしてこんな犯罪や事故が多い国になったのか。マスコミの堕落にも原因があるのではないか。マスコミ自身、反省すべきことがあるのではないか。
 (6)テレビのキャスターやコメンテーターのほとんどが小泉さん、安倍さんの提灯持ちになっている。現政権へのゴマスリばかりしている。テレビはそれでいいのか。大新聞もほとんどの新聞が現政権支持の立場をとっている。マスコミが政治権力と癒着していていいのか。それどころか、今回の自民党総裁選を見ればわかるように、マスコミが「安倍政権樹立」を煽っている。
 (7)地方のことが大新聞には取り上げられない。中小零細企業のことも取り上げられない。弱者は新聞報道の対象にならないのか。今の日本では、中央と地方の格差、大企業と中小企業の格差、ごく少数の勝者と大多数の敗者の格差が拡大している。日本が格差社会になっていることを大新聞はどう考えているのか。大新聞は権力の側から地方を見ている。弱者を見ている。
 (8)最近は戦争を否定しない新聞が出てきた。戦争を好む新聞まである。「平和より大切なことがある」などと主張する学者や言論人がテレビや大新聞で幅をきかせている。反面、平和の大切さを主張する学者や言論人はテレビに出なくなり、新聞にも登場しなくなった。どうなっているのか。マスコミは紛争・対立が好きなのか。平和が嫌いなのか。

 以上が最近3週間に受けた質問である。
 マスコミが政治権力と合体し、政治権力の手先となり、用心棒となり、さらに戦争推進勢力になったら、大変である。日本は70年前の暗い社会に逆戻りしてしまう。
 マスコミの暴走が始まっていることは事実である。これを止める方法は、三つある。
 第一は、国民一人一人が、自分の心がマスコミに支配されないよう自分自身の常識と信念を強くもち、それを基準にしてマスコミを疑いの目で見ること。そしてあまりに劣悪なテレビ、新聞を見ないようにすること。 第二は、マスコミと一体化して国民をマインドコントロールし、国民を支配するような政権を拒否し、そのような政治勢力には投票せず、可能な限り早く政権交代をはかること。
 第三に、草の根レベルの情報網を確立すること。たとえば組合機関紙誌などが協力して、政治権力から独立した多様なメディアをつくり上げること。これによって、戦争と抑圧へ暴走する政治権力とマスコミの力を制御し、政権と広告独占体(電通)に対抗する新たなメディアを確立すること

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/199-4fe6996f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

枝野 追悼碑 群馬 強制連行 在日 朝鮮 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん