本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

靖国神社に祀られるA級戦犯10:広田弘毅

0729.jpg

http://j.peopledaily.com.cn/2005/07/29/jp20050729_52199.html より引用。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
広田は1878年に福岡県で生まれ、1901年に東京帝国大学法学部へ入学した。1915年、日本は中国の主権を著しく侵犯する「二十一カ条の要求」を北京政府へ提出し、広田はこの侵略性文書の起草人の一人となった。

1933年、広田は外務大臣に就任。1935年10月、広田は日中関系に関する三原則(1)中国は排日活動を徹底的に取り締まり、欧米に依存した政策から脱却し、親日政策を採用すること(2)中国は正式に「満州国」を承認し、華北地方における日中満の経済協力を実現すること(3)日中満は防共問題で協力すること――を提出した。「広田三原則」は実質的に中国を日本の軍事、政治、経済統制下に置くものだった。

日本の右翼軍人は1936年2月26日に暴動を起こす。暴動鎮圧後、広田は新内閣の総理大臣に就任する。ほどなく、内閣は軍部大臣現役武官制を復活。これは陸海軍大臣の就任資格を現役将校に限定する制度で、政府と軍部の意見が一致しない場合、陸海軍大臣の辞職等によって政府の組閣がかなわず、総辞職を余儀なくされる。このため、政府は軍部の言いなりになってしまう。広田内閣の誕生は、天皇と軍部を中心とするファシスト体制の樹立を示すものとなった。

広田新内閣は間もなく拡張方針を決定づける「国策の基準」を出した。ここで確立された国策とは、「帝国は東アジア大陸における地位を確保する一方、南方海洋へ進出発展する」というものだった。中国拡張と南進準備のため、日本は全面的な軍備拡張と戦争準備に入る。陸海軍はそれぞれ軍備拡張五年計画と巨大戦艦建造計画をまとめ、言論、産業等各方面における統制を強化した。広田内閣期に、戦争に向けた総動員体制確立の動きが始まったと言える。

広田内閣は1937年1月に総辞職する。同年6月、広田は第一次近衛内閣の外相に就任。盧溝橋事件勃発後、広田は対中国戦争拡大化に関するあらゆる政策決定に参与し、日本を全面的な中国侵略戦争へ導く主謀者の一人となった。

1940年、広田は米内光政内閣の参議となり、顧問の役割を担う。同年、第二次近衛内閣の組閣を決定する重臣会議に出席する。重臣は首相選出という重大な権限を負った。日本の敗戦まで、広田は常に歴代内閣の組閣に携わり、国家最高統治集団の中心に位置した。中国に対する侵略拡大、東条英機の首相選出、太平洋戦争発動に対し、広田は回避することのできない責任を負っている。

1945年12月、広田弘毅は駐日同盟軍に逮捕される。

1946年3月、極東国際軍事裁判は広田弘毅をA級戦犯に認定。法庭で、広田弘毅は相当長い期間、日本の外交を担い、あるいは外交政策の決定に参与し、中国侵略や、日本とドイツ・イタリアとのファシスト同盟結成、太平洋戦争の誘発に直接かつ重大な責任を負っているとされた。

判决書はさらに、南京大虐殺という残虐行為が起こった際、外相である広田は日々おびただしい数の殺人、強姦、その他暴行が行われていることを知りながら、「直ちに暴行を阻止する措置をとるよう内閣会議で主張せず、また暴行を阻止しうる措置を何も講じようとしなかった。これは職務を怠るものであり……彼の怠慢は犯罪を構成する」と指摘した。このため、裁判は広田を「平和破壊罪」と「戦争法規慣例違反および反人道罪」で絞首刑とした。1948年12月23日、広田弘毅は巣鴨プリズンで処刑された。

「人民網日本語版」2005年7月29日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/167-f0f11ca3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 NSA スノーデン レーダ 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん