fc2ブログ

#週刊金曜日 482号 2003.10.31 同時ルポ武富士裁判10

uimg-s536.jpg

uimg-s537.jpg
P6金曜アンテナ 武富士は、内部資料をもし出した中川氏や大塚氏らが恐喝未遂容疑で逮捕されたことを理由に「恐喝事件」と非難し主張してきた裁判の構図が、裁判が進むにつれて崩れ、人間不信の深い闇が見え始めた。  
中川氏は、ジャーナリスト宅などへの盗聴は会長と自分しか知らない極秘業務で、「耳の件」と符牒で呼んでいた。アーク横浜探偵局には備考費用含め総額約3000万円支払ったと述べた。
 24日。警視庁捜査2課は、アーク横浜探偵局などに、電気通信事業法違反容疑で家宅捜査に入った。(北健一)ーー 代理弁護士 #維新 #吉村洋文 にNO

 P7 風速計 あなたは「市民」ですか 筑紫哲也   近現代史は参政権を得ようとする人たちの闘いに彩られている。戦前の「普選」、婦人参政権をめぐる運動の軌跡。だが、私たちの国ではアメリカ占領軍とともに全成人に選挙権を与える制度がやって来た。戦って獲得したものではないと、人は有難味がわからないのだろうか。使いもしないで大事にしないところは、今拡がっている憲法に対する扱いようとよく似ている。  
本来、「市民」とは義務と権利を併せ持つ身分のことである。投票はその大事なひとつである。「市民とはあきらめない人たちのことだ」という定義もある。どうせ政治は何も変わらない、自分にやれることはないと「あきらめる人」は「市民」の名に値しない。
uimg-s538.jpg

小泉自民党への退場勧告 平和ボケのタカ派たちへ 官僚・政治家対国民なんです。金子勝 
自民党の選挙のキャッチフレーズは、「治安・安全」。「安全。安全」といって、反対に不安を煽る。ナチスが使った手口。ブッシュも同じだけど、ナショナリズムの初歩、危ない政治の兆候。
・パッシング政治 そもそも自民党が憲法改悪など長い間できなかったのは、労働組合が理論武装するとか農協や商工会議所含めて中間団体があったから、それが解体している。
・リアルではない政策 二世議員や官僚は本当の意味で人々の目線に立っていない。現実的なことを言っていない。
 オルタナティブ(代案)な戦略を立てて、未来を語る。自分らで切り開いていくモデルを出せば、右も中間派も動く。現状は左がダメなことの裏返しなんだ。
uimg-s539.jpguimg-s540.jpg
規制緩和や民営化で笑うのは一握りの勝ち組だ 内橋克人X佐高信
 「民営化」の「民」の中に「市民」は入っていない。その民とは民間巨大資本です。
リストラと設備の老朽化が生んだ代表的企業の大事故
企業行動が完全に自由化されたら、まず何が危なくなるのか。その第一が安全です。
uimg-s541.jpg

やるなら「民営化」より「公営化」
借金はそっくり国民にしわ寄せ 
日本においては官と公が混同されている。官僚支配と私たちが本当に必要としている公は違います。警官、公共の資本、制度あるいは教育、医療などはまさに公のものです。それがなければ私たちは生きていけない。それを企業の利潤追求の対象として差し出す。  
私たちは数々の企業の不始末に苦しんできたのに、「企業は善だ」のトリックにどうしてひっかかるのかと思う。  竹中経済政策の目標は、幾百万の中小企業の犠牲の上にリーダーの大企業を育てるものです。
 新自由主義経済の社会では勝者は1割しかいないという事実を分かってほしい。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント