本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊金曜日月刊メルマガ第2号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             ウソ発見誌『週刊金曜日』通信
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆第2号(2006年5月発行)

五月晴れも束の間、梅雨の気配が漂うじめっとした日々が続きます。
しかし、要注意は天気だけではありません!
国会では、共謀罪、教育基本法「改定」、日本国憲法「改定」に向けた国民投票法案と、重大な法案が次々と正念場にさしかかっています。
それなのに、メディアは早くもW杯ムードで、肝心なことを報じません。
こんなときこそ、『週刊金曜日』の出番。
というわけで、今月も『週刊金曜日』通信をお届けします!

※メールマガジンの送信を停止されたい方は、gyomubu@kinyobi.co.jpまでご連絡くだ
さい。

----------------------------------------------------------------

(1)最新の注目キャンペーン記事

★「教育が危ない2006」
卒業式の日の丸・君が代の強制、「つくる会」を中心とした歴史教科書記述の大幅な後退など、教育界はいま急速な右傾化にさらされていますが、その極めつけとも言うべき教育基本法の改定がついに国会に上程されようとしています!『週刊金曜日』は
この問題に全力で取り組みます。5/26号では、与党案だけでなく、問題だらけの民主党案もとりあげます。
また、このテーマでのブックレットの緊急出版も予定しています。

●最近の掲載記事
「ここまでやるか!教科書検定」(06/4/21号)/「教育基本法改定案ここが問題だ」
(06/5/19号)

★「『週刊金曜日』は日本国憲法の味方です」
昨年11月に自民党の「改憲草案」が出され、その前段の「国民投票法案」も今国会に提出されようとしています。今や「改憲」が当たり前のように語られています。『週刊金曜日』は一貫して現行憲法を支持します。そこで、国民投票法にどうしたら勝てるのか?を考えるとともに、「改憲」を声高に叫ぶ前に私たちの日本国憲法をもう一度読み直すことを提案します。

連載中の伊藤真氏による<「日本国憲法」逐条解説>は最良の筆者による最良の入門記事です。条文ごとに添えられた写真家・長倉洋海氏によるシャープな感性による写真も話題です。
また、条文をカラフルなポストカードブックにして4月に刊行した『日本国憲法Present for You & Present from You』(税込840円)も大好評です。

●最近の掲載記事
<民主・公明・共産・社民・新党大地・9条の会・憲法行脚の会>が会した憲法集会
(06/4/21号)/国民投票で勝つために(06/5/12号)

----------------------------------------------------------------
(2)コラム"神田三崎町便り"(佐高信)

第2回 危ない雑誌    
先日、読者からの電話で、ある市立図書館で『週刊金曜日』が"危ない雑誌"扱いされ
ていることを知った。これまではその図書館に入っていたので、どうして、どこが危ないのかと追及して、継続されることになったということだが、その読者に感謝する
とともに、「危ない」とは、誰にとって、どのようになのかを考えた。"危なくない雑誌"と言われる時、『週刊金曜日』は"死ぬ"ことになるだろう。"危ない雑誌"呼ばわりされるのは、本誌にとっては、ある意味で勲章である。しかし、もろに危なく見えては芸がない。「危なくないように見えて危ない」というのが理想だが、これはかなり
力量がなくてはできない。
かつて、山田宗睦著の『危険な思想家』(光文社)がベストセラーとなった。その時、名指しされた「思想家」が、もともと思想は危険なものであり、危険でない思想とはそもそも思想なのか、と反論したのが、記憶に残った。
織田信長は封建的な因襲を打破して近世のトビラを開いたなどと言われるが、果たしてそうか。石山本願寺の門徒たちが信ずる一向宗は当時の新興宗教だった。阿弥陀如来を第一とする教えで、信長などの領主を重んじはしない。また、「欣求浄土、厭離穢土」、つまり、あの世がいい、汚いこの世は厭だという信仰である。現在で言えば、これは死を恐れないイスラム原理主義のようなものだろう。この考え方が信長には恐かった。だから僧侶だけでなく、女子どもまでも残虐に殺したのであり、信長にとって当時の一向宗(浄土真宗)は「危険思想」だったのである。
アブナイ思想と言われた時、それが誰にとっての、どんなアブナイ思想なのかを、私たちはすぐに問い返す必要がある
その見分け方を『週刊金曜日』は、教えるのだと言ったら、我田引水に過ぎるだろうか。
アブナイ思想でなく。アブナイ人間と言うと、またちょっと違った意味になるが・・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/141-d46a5a05

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 NSA スノーデン レーダ 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。