FC2ブログ

本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

権力に対する憤りを報じる週刊金曜日を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Syukan Kinyobi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 電子版週刊金曜日
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

タブーのない硬派の週刊誌「週刊金曜日」を支援します。応援いただける方は 週刊金曜日を支援する掲示板へご意見お願いします。

#週刊金曜日 2018.11.9号目次 安田純平さんへの「自己責任論」、なんとしても #改憲 発議阻止を 自由党 #森ゆうこ 幹事長

20181109syukin.jpg<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2018.11.9
_______『週刊金曜日
   ★考えるタネが ここにある 週刊金曜日オンライン
============================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■創刊25周年記念特集 政治とメディアの25年
●右派論壇の過去、現在、そして未来(下)
もはや区別がつかない右派論壇とネトウヨの論調 能川元一×安田浩一
最近の右派論壇誌はネトウヨの論調とさほど変わらない。時の権力者を持ち上げてためらわないことも問題だ。右派論壇の今後は? そしてどう対応していくべきか。
●1980年代生まれの論者が語り合う「フェイクニュースの時代」
「ネトウヨ」バブルはもう底を打った(下)倉橋耕平×古谷経衡
事実や理屈とは無縁に、ただ感情だけで悪質なヘイトをまき散らすのが「ネトウヨ」の本質だ。ろくに本も読まない彼らは「在日特権」に代わり、今度は沖縄に関するデマを飛ばし出した。沖縄県知事選にも見られたデマの横行は、これからも繰り返される気配だ。これに対抗する方策はあるのか。
-----------------------------------
■安田純平さんへの「自己責任論」
●フォトジャーナリスト・広河隆一さんインタビュー
加害者が隠そうとする「被害」をジャーナリストは伝える
内戦下のシリアで2015年に拘束されたジャーナリストの安田純平さん(44歳)が3年4カ月ぶりに解放され、日本に帰国した。彼の無事に胸をなで下ろす人が多い一方、「自己責任論」で批判する声もある。紛争地取材の経験が豊富で、『戦争とフォト・ジャーナリズム』(岩波書店)の著書がある広河隆一さん(75歳)に聞く。
◆安田純平さん帰国後初会見
国家が人を殺す戦争について判断する材料は絶対に必要
安田純平さん(44歳)の帰国後初となる記者会見が11月2日、東京・日本記者クラブで開かれた。安田さんの希望で雑誌やフリーの記者らも参加し約300人が詰めかけた。約2時間半に及んだ会見から「自己責任論」にかんする部分を紹介する。
◆記者は真実に迫るためありとあらゆる手を尽くす 相澤冬樹
━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記
 ある国の駐日大使館で働いていたときのことだ。領事部付きだったので、いろんな人が出入りした。ビザを求める人、日本に滞在してパスポートの更新を求める人たち、結婚の届けを出す人たち……。イスラム教では4人の妻を持てることを説明すると、一人去っていった日本女性もいた。
 なかには、自死した人もいた。警察の関わる案件になり、分厚い書類が作られた。“タコ部屋”で毎日肉体労働をして、得たお金の大半は祖国の家族に仕送りをしていた。亡くなる直前、仲間と飲食を楽しんだ時の写真が添付されていた。静かに笑っていた。自死の原因はわからずじまいだった。
 外国人労働者の受け入れをめぐる法案は、「移民」なのかそうでないのかで議論になっている。いずれにせよ働く人たちのことが軽視されていて、気がかりだ。
 ところで11月2日号特集と今週号の対談記事2本は「文字を大きくして」という読者の方からの要望で、ワンサイズ大きくしてみた。いかがでしょうか。(小林和子)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓
 http://www.kinyobi.co.jp/henshucho/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】11月16日(1209)号予告
【特集】どうやって評価するの?
●道徳ではじまる心の支配  平舘英明
◆授業でどうやって徳目を教えるの?
●中学教師・糀谷陽子さんと中学道徳教科書を読み解く
「道徳はイヤな時間になります」
【戦後補償】
●徴用工めぐる韓国大法院の判決に不当な批判 
●各紙はどう扱ったか
●各党直撃「徴用工問題」どう考えますか?  及川健二
【判決】●櫻井よしこ氏を訴えた札幌訴訟、判決下る 安田浩一
【疑惑】●株式再上場に向けて経営再建中のアデランス  野村勝
【障がい者】● 「改修前より使いにくくなった」
東京都障害者総合スポーツセンター“手抜き改修”の疑い 片岡伸行
【米国】●「世界の警察官」辞め武器を買わせるのがトランプ米大統領の狙い
『ドナルド・トランプ物語』の著者、トーマス・カトウさんに聞く
【国際】●漂流するロヒンギャ 写真・文 和田拓海
【くらし】●新・買ってはいけない266 ニノ、ごめん!「スーパーナノックス」は従来品と大差ないよ 渡辺雄二
【ぶんか】●『いろとりどりの親子』レイチェル・ドレッツィン監督に聞く 上田恵子
【ぶんか】● 自由と創造のためのレッスン(76)
「68年」は新自由主義革命だったのか(1) 廣瀬純
【強力連載】
●それでもそれでもそれでも 齋藤陽道
●風速計      中島岳志
●初めて老いった!?  石坂啓
●俺と写真 本多勝一
●さらん日記
●男の介護 悔いのない介護を!  津止正敏
●STOP! 9条改憲 高田健
●植村隆 ヒラ社長が行く
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】近刊のご案内  http://www.kinyobi.co.jp/publish/index.php
★追悼 石牟礼道子 毒死列島 身悶えしつつ
石牟礼道子 田中優子 高峰武 宮本成美 1000円+税 A5判並製・104頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002593.php
『苦海浄土 わが水俣病』などの作品で知られる作家の石牟礼道子さんが2018年2月10日に亡くなった。『週刊金曜日』立ち上げ時の編集委員でもあった石牟礼さんと現編集委員の田中優子さんの対談を中心にブックレット化。
★新装版 電通の正体
『週刊金曜日』取材班 1400円+税 46判並製・218頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002587.php
広告漬けになった現代社会の暗部をえぐる!
国内最大の広告会社。企業広告に依存するテレビ・新聞ともたれあう既得権益。政財界・メディアの陰でうごめく巨大企業──それが株式会社電通。マスコミ最大のタブーを暴いた不朽の名著が装い新たによみがえる。
※本書は2006年9月初版『電通の正体 増補版』 に加筆改訂したものです。

★沖縄は孤立していない  世界から沖縄への声、声、声。
乗松聡子編 1800円+税 46判並製・320頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002550.php
世界の識者が「オキナワ」への責任と決意を語る!
ジョン・ダワー、ダニエル・エルズバーグ、ノーム・チョムスキー、オリバー・ストーン、ピーター・カズニック、ガバン・マコーマック、アン・ライト、ハーバート・ビックス、アレクシス・ダデン、ジャン・ユンカーマン、権赫泰、リチャード・フォークほか
日米の沖縄に対する不正義の本質は、面積あたり県外の約500倍もの米軍基地を押し付けているすさまじい不平等であり、「復帰」しても憲法を適用するどころか憲法とは矛盾する日米安保体制の維持強化のために沖縄を利用してきた差別構造にある──(本文より)本書は2014年秋から2017年秋までの3年間、38回にわたって『琉球新報』に連載した「正義への責任──世界から沖縄へ」を一挙掲載し、加筆したもの。

★孤高の法医学者が暴いた足利事件の真実
著者・梶山天 1400円+税 四六判並製 288頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002513.php
足利事件の闇を解明する
「警察だ!」──日曜早朝の怒声に玄関を開けた瞬間から、菅家利和さんは"足利事件の犯人"の汚名とともに17年以上、獄中に囚われた。その間、塀の外では本田克也筑波大学教授がDNA鑑定によって菅家さんの無罪を証明した。だが、捜査機関は本田教授が挙げた冤罪の証拠をことごとく潰しにかかったのだ。北関東連続幼女誘拐殺人事件」解明に挑んだ朝日新聞記者のルポ。

★日中戦争から80年 加害の歴史に向き合う
『週刊金曜日』編 1000円+税 A5判並製 136頁
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002464.php
今年は、日中全面戦争開始から八〇年。侵略戦争への深い反省から始まったはずの戦後はいま、大きな危機に直面している。歴史歪曲主義者の安倍晋三首相はふたたび「戦争国家」への道を暴走し、民主主義そのものが崩壊させられようとしている。私たちは、あらためてアジア太平洋戦争の実相をみつめ、いまと将来のために加害の事実を振り返り、向き合う姿勢が必要だ。本ブックレットは日中戦争開始から八〇年となる二〇一七年七月から一〇月の各月一回、「日中戦争80年共同キャンペーン実行委員会」が企画した学習会の内容を再録したもの。

┃Kindle版┃原発の来た町──原発はこうして建てられた/伊方原発の30年
斉間満:著 Kindle 購入価格:700円
「安全」であれば原発はよい、とは言えない。原発の建設や運転の過程ではさまざまな「暴力」が吹き荒れ、またカネの力によって人々の心や生活を傷つけ、踏みにじってきた。
 著者の斉間満さん(2006年10月17日永眠)は、伊方原発の誘致話が表面化して以降、自らの一生をかけてこの問題に取り組んできた。新聞記者として、一人の住民として、裁判の原告として長い長い闘いだった。
 この書籍は、斉間満さんが2002年5月、南海日日新聞社から刊行した著書『原発の来た町─原発はこうして建てられた/伊方原発の30年』を元に新たに編集した新版。伊方原発のためになにが起きたかを知ることは、日本のエネルギー政策の今後を考えるために必要だ。
【目次】
はじめに
まえがき(小出裕章)
【年表】伊方原発をめぐる動き
1.原発はこうして建てられた
2.安全協定無視の3号炉増設
3.出力調整試験
4.伊方原発のいま
5.原発と地域
あとがき
【筆者紹介】
斉間 満(さいま みつる・1943年生)
 伊方原発建設当初、地方紙の記者として取材したのが伊方原発との関わりの始め。取材していく中で地元にあるローカル紙が原発の危険性に少しも触れないことに疑問を感じて焦りを覚える。経験も知識も資金も貧しい中ではあったが、地元で原発を批判していく必要を強く感じて一九七五年「南海日日新聞社」を立ちあげる。以来一貫して原発反対と匿名報道を貫き、伊方町を含む周辺の町や八幡浜市の人々に原発の危険性を伝え続けてきた。
 伊方原発二号炉設置許可取消裁判は、本人訴訟として起こされたが、原告の1人に加わり23年間法廷で闘った。しかし、2000年12月判決の4日前に持病の心臓病が原因で脳梗塞を発病し、左半身不随車椅子生活の身となる。現在施設に通いながらリハビリに励む傍ら、原発を止めるまで南海日日新聞を発行し続けることが自分のできる反原発運動であると考え、同じ原告、反原発の仲間であり社員の一人である近藤誠さんの助けを得ながら残された右手でワープロを打つ日々である。
 2006年10月17日永眠。
┃Kindle版┃マイナンバー
明石昇二郎:著 Kindle 購入価格:500円
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002448.php
「マイナンバー」の通知が始まった2015年10月から2年が経った。だが、便利になるどころか、さまざまな不具合が生じている。問題点を洗い直すとともに、「マイナンバー」によって余計な負担を強いられる市民一人ひとりが自衛策を考える上での"処方箋"を提供する。
┃Kindle版┃バラ色のひきこもり
勝山実:著 Kindle 購入価格:300円
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002203.php
「ひきこもり」というと、白い目で見られがち。
でも、当事者が日々、どんな思いで暮らしているのか、
その声が伝わることはほとんどありません。
高校3年生から45歳の今まで、ひきこもりを続ける
自称「ひきこもり名人」の勝山実さんに、
なぜにひきこもり続けるのか、
自身のひきこもり生活の極意を書いてもらいました。
┃Kindle版┃何がどうして発達障害
司馬理英子:著 Kindle 購入価格:300円
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002011.php
自分では気をつけているつもりなのに、つ「うっかり」ミスばかり。
時間やお金の管理も超苦手。
やらなきゃいけないことはたくさんあるのに、何から手をつけたら……?
あの人ってなんでいつもいい加減なの!
スケジュールどおり仕事ができないし、融通も利かないし、
人の気持ちをわかろうともしない。社会人失格なんじゃないの?
本書は発達障害という切り口で、そんな悩みに迫ります。
近ごろメディアで取り上げられることの多い発達障害ですが、
肝心なのは周囲の対応であることは、あまり知られていません。
自分(あるいは相手)の言動に悩んだら、本書をひもといてみてください。
きっとそれまでとは違った視点で、
自分や相手のことを見つめられるようになりますよ。
==================================『週刊金曜日』
 ※ 定期購読のお申し込みは以下のページから
ーー
fujisan 目次
■それでもそれでもそれでも 齋藤陽道
■風速計「人権後進国日本」宇都宮健児
■金曜アンテナ
・安倍政権が辺野古埋立工事を強引に再開 玉城知事、訪米で実態告発へ 横田一
・大阪市がサンフランシスコ市に姉妹都市解消通告 吉村市長の独断が交流を阻害 粟野仁雄
・英雄シャクシャイン像“差し替え”が示すこと 政府アイヌ政策「進展」は本当か 平田剛士
・東京高裁裁判長も国側主張の矛盾を指摘しつつも 朝鮮学校「無償化」訴訟、原告敗訴 中村一成
■今週のジェンダー情報
■憲法公布の日、国会前に1万8000人 「安倍9条改憲」許さない! 写真・文 薄井崇友
■森ゆうこ自由党幹事長に聞く なんとしても「改憲発議」阻止を
■安田純平さんへの「自己責任論」 
フォトジャーナリスト・広河隆一さんインタビュー 
加害者が隠そうとする「被害」をジャーナリストは伝える
・安田純平さん帰国後初会見(11月2日、日本記者クラブ)
国家が人を殺す戦争について判断する材料は絶対に必要 伊田浩之
・記者は真実に迫るためありとあらゆる手を尽くす 相澤冬樹
■もはや区別がつかない右派論壇とネトウヨの論調 
能川元一×安田浩一対談 右派論壇の過去、現在、そして未来 下
■「ネトウヨ」バブルはもう底を打った 下 倉橋耕平×古谷経衡 
■政治時評 西川伸一
■経済私考 鷲尾香一
■小金井市陳情採択の立役者・米須清真さんにきく もう「辺野古が唯一」とは言わせない
■たとえば世界でいま 石井陽一/吉澤文寿
■韓国における歴史修正主義との闘いの成果 ソウルに「植民地歴史博物館」が誕生 金英丸
■さらん日記
■ユネスコで「明治日本の産業革命遺産」が問題に 
「軍艦島」の強制労働の歴史を消した日本政府 新海智広
・英語表記は「植民地とすることなく」? 乗松聡子
■不謹慎な旅 嗤うロヒンギャ バングラデシュ クトゥパロン難民キャンプ 写真・文 木村聡
■ポスト・コロニアリズムの彼方に 
2018年夏、フィリピン・ルソン島の旅から 文・写真 山口泉
■JCJが被災現場を取材ツアー 国の「責任放棄」で天災が人災に 杉山正隆
■『週刊金曜日』創刊25周年記念集会 「アベシンゾウ的」なものと闘え!
■犬の遠吠え 花に風 「線路は続く」 落合恵子
■男の介護 父を気遣う娘たち 津止正敏
■着々と進む健康情報のビッグデータ化 ライフコースデータという名の“管理国家” 天笠啓祐
■きんようぶんか 本・映画・音楽・舞台・本箱
・インタビュー 二つの国と時代を3人の一人二役で 舩橋淳監督
■初めて老いった!?「カボチャを被る」 石坂啓
■話の特集 中山千夏/矢崎泰久/小室等/松元ヒロ
■本多勝一の俺と写真
■投書/論争
■ヒラ社長が行く 植村隆
■読者会から拡大版/読者会から
■市民運動から講演・映画・音楽イベントの情報案内板
■金曜日から/編集長後記/今週の表紙
ーー
*今週のルポ(本多さんの希望のルポの掲載に注目)
 ・不謹慎な旅4 嗤うロヒンギャ バングラデシュ クトゥパロン難民キャンプ 木村聡
 ・ポストコロニアリズムの彼方にー2018年夏、フィリピン・ルソン島の旅から
*俺の注目記事
 ・金曜アンテナ
  玉城知事、訪米で実態告発へ 血税で欠陥基地を建設?
  朝鮮学校「無償化」訴訟、原告敗訴 東京高裁裁判長も国側主張の矛盾を指摘しつつも
 ・もはや区別がつかない右派論壇とネトウヨの論調 能川元一X安田浩一
  「ネトウヨ」バブルはもう底を打った 古谷経衡X倉橋耕平
 ・ソウルに「植民地歴史博物館」が誕生 韓国における歴史修正主義との闘いの成果 金英丸
  立ち上げたのは、歴史修正主義とや闘いながら、研究と実践を重ねてきた韓国の市民団体・民族問題研究所。
 ・「軍艦島」の強制労働の歴史を消した日本政府 新海智広
   端島(軍艦島)は絶対に逃げられない監獄島です。中国人連行に言及せず
 ・週刊金曜日 創刊25周年記念集会「アベシンゾウ的」なものと闘え!
 ・本多勝一 俺と写真 北洋独航船2 4日目の正午ごろタラ漁場へ
 ・投書 金曜日に求めること
 ・「創」の広告 週刊金曜日の行方 北村肇
 ・植村隆 ヒラ社長が行く 産経ニュースの素敵な見出し 
 ・読者会から拡大版 誌面批評特集
  P18-24対談記事は文字大きく読みやすいが、記事量は減るのだろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/1162-fd087548

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

植村隆 週刊金曜日 安田純平 改憲 介護 沖縄 玉城デニー 辺野古 福島 基地 DAYSJAPAN 米軍基地 米騒動 ルポ 翁長 渡具知武豊 翁長知事 古本市 高円寺 西荻 早稲田 古本屋 社会主義 追悼碑 強制連行 朝鮮 憲法 佐高信 レーダ 地域政党 統一名簿 リベラル 小選挙区制 枝野 群馬 在日 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA 公安 原発 参院選 朝鮮籍 前文 津波 震災 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 朝鮮人 本多勝一 毒ガス 731部隊 ダム 徴用 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん