本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

#群馬の森 #追悼碑裁判 ニュースNO13

iimg761.jpg
iimg764.jpgiimg762.jpg
(10/11の)第15回公判で、証人尋問を終えた後、原告、被告、双方が準備書面を提出し、結審となる見込みである。

守る会代表委員の一人である角田義一さんは、戦前、日本の植民地下にあって無念の死をとげた朝鮮人の御霊が穏やかにいられるためには日朝間の平和を実現することだと述べ、今の緊迫した朝鮮半島情勢を憂慮し、アメリカによる米韓軍事演習や「斬首作戦」など、危機をあおり、力によって相手を押し黙らせようとするやり方がもっとも危険である。朝鮮半島で戦火を交えることになれば、日本においてある米軍基地、また、日本列島に設置されている原発に落とされれば日本は甚大な被害に陥る。そのようなことにならないためにも、アメリカの力による平和のまやかしを暴露し、安倍政権にはアメリカに追随しないよう求め、対話による平和の実現をすすめるべきだと話した。

 2017年総会アピール
 今年も、群馬の森「記憶反省そして友好」の追悼碑前で追悼集会を開催するという私たちの願いが叶いませんでした。
追悼碑は、2004年の群馬県議会で全会一致建立が認められ以後碑文や、碑の態様など全てにわたって、群馬県と追悼碑を建てる会とが協議、合意し、県内外から寄せられた多くの市民の浄財によって建立されました。
 ところが、建立から10年、群馬県は設置期間の更新を認めず、碑の撤去を迫ってきました。理由は、追悼集会の葛で政治的発言があり、追悼碑が政治的に利用された結果、碑の存在が紛争の原因となり、「憩いの場」としての都市公園にふさわしくないものとなった、というものです。私たちの知る限り、碑の除幕式から8回にわたる碑前での追悼集会について、県民から苦情や批判の声が寄せられたことは一度もありませんでした。もちろん、碑を管理してきた追悼碑を守る会(旧建てる会)も、碑前で政治集会を計画したことはありません。
 アジア太平洋戦争末期、植民地であった朝鮮半島から労務動員や徴用の名で多くの朝鮮人が連行され、過酷な労働を強いられ、異国の地で命を落としました。彼らの無念の死を悼み、記憶し、二度と同じ過ちを繰り返さない誓いを新たにするとともに、日本と朝鮮・韓国、そして中国をはじめ、広くアジアの平和と友好を願って、追悼碑が建てられ、追悼集会が行われてきました。
 群馬県の決定の背後には、2012年以降、一部右翼団体が行ってきたいわれない追悼碑攻撃が存在することは明らかです。
 私たちは、一方的に言い渡された設置期間更新不許可の決定を容認できず、更新許可を求めて前橋地方裁判所に堤訴し裁判闘争を続けてきました。すでに12回にわたる口頭弁論が行われ、裁判も最終段階を迎え、年内に判決が言いわたされようとしています。
 裁判では原告代表と弁護団が、守る会の主張を全面的に展開し、詳鳥原の決定の不当性を明らかにしており、私たちは勝利を確信しています。
 省みれば追悼碑建立後の10年、国の進路を曲げてしまうような動きが相次ぎ平和や人権が強く脅かされていることを感じます。歴史の修正・歪曲の動きとあいまって、在日朝鮮人・韓国人をはじめ、マイノリティーへのヘイトスピーチ・ヘイトクライムなど、排外主義的な動きが横行しています。戦争・植民地支配に関わる追悼碑や慰霊碑への不当な攻撃、碑文や説明板の不当な改廃が各地で相次ぎました。群馬における追悼碑への攻撃も、それらと軌を一にするものと思われます。
 いま私たちは、この時代をどう生き、未来をどう描いていくのかを厳しく問われています。それに応えるためにも、群馬の森・追悼碑建立にかけた思いを無にすることのないよう、“裁判闘争を軸に碑の存続に力をつくす決意です。
 おわりに、広く県民の皆さん、国内外から私たちの闘いを見守り連帯していただいている皆さんの一層のご支援をお願いし、アピールといたします。
 2017年4月22日   「記憶反省そして友好」の追悼碑を守る会
 2017年総会
ーー(引用終わり)
追悼碑裁判ニュースNO14はこちら
群馬県 #追悼碑を守る署名にご協力ください。
http://honkatu.blog24.fc2.com/blog-entry-1097.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://honkatu.blog24.fc2.com/tb.php/1098-55732a75

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

レーダ 週刊金曜日 強制連行 朝鮮 地域政党 リベラル 統一名簿 小選挙区制 枝野 追悼碑 群馬 在日 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA 公安 原発 基地 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 津波 震災 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 朝鮮人 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん