本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

「従軍慰安婦」問題の根  金富子

 週刊金曜日1995.6.30号P58-P60より引用。
戦争中の「慰安婦」制度は、国と軍が一体になって行なった「国策」だった。自らすすんで「慰安婦」になった女性は一人もいない。まだ誤解が根強く存在する「慰安婦」問題、民間募金について、改めて問いたい。彼女たちの存在を無視したままでいいわけはない、と。

「慰安掃」制度と日本国家の責任
軍慰安所の設置が最初に資料で確認されるのは、一九三二年の上海事変時である。当時、上海派遣軍であった岡村寧次参謀副長が「私は恥かしながら慰安婦案の創設者である」と回想録で告白している(稲葉正夫編。岡村寧次大将資料』)。
 しかし、制度として本格的かつ大規模に始まったのは、周知のように三七年一二月の「南京大虐殺」事件後からである。この事件は中国人軍民への無差別虐殺以外にも、中国人女性にとっては「南京大強姦」と呼ぶほかないほどの多大な性的被害をもたらした。その件数は記録に残るだけでも、占領後の最初の一カ月間で「約二万の強姦事件が市内に発生」(東京裁判の判決文)と記されている。これが中国人や諸外国の対日感情を悪化させると見て取った日本の派遣軍(中支那方面軍)が、「強姦を防ぐ」と称して慰安施設の設置を直接参謀部に指示したことから「慰安婦」刺度は始まったのである。そしてわずか半年の間に、「現在の兵団は、殆どみな慰安婦団を随行」(岡村、前掲書)するほど陸軍組織の間に定着するに至った。アジア・太平洋戦争勃発以降は、陸軍中央自らが設置に乗りだし、日本軍部隊の派遣されるところには、最前線以外のほとんどの場所に慰安所が設置された。つまり、日本軍が侵攻したアジア・太平洋の広大な勢力圏内のほとんどに、女性たちが日本やその植民地の朝鮮・台湾から徴集されたり、あるいは占領地で「現地調達」されて、「慰安婦」にさせられたのである。
 朝鮮からは、ごく初期から少女と呼ぶにふさわしい十代の女性たちが騙され、あるいは暴力的に日本の占領地に連行され、制度として確立された慰安所で「慰安」を強要された。朝鮮人女性にとっての「慰安婦」制度とは、占領地女性への強姦防止という名目でつくられた、植民地女性への強姦制度にほかならない。強姦対象が中国人女性から連行した朝鮮人女性へ、強姦方法が無差別から軍の統制下に変わったにすぎないのである(慰安所の外では相変わらず無差別強姦が行なわれていた)。
 日本軍占領地下の東南アジアでは、暴力的手段での連行→軟禁・拘束→継続的強姦・輪姦といったケースが多く、さらにその本質が赤裸々に現われる。
また、軍は「慰安婦」制度を立案しただけでない。「慰安婦」を集める業者選び、資金や便宜の提供、「慰安婦」の輸送、慰安所施設づくり、慰安所の管理・取繕、慰安婦・業者の管理・監督、性病検査、コンドームの支給にまでまるごと関わった。「慰安所制度の運営の主体は軍であったことはあきらか」(吉見義明『従軍慰安婦』岩波新書)なのである。また、外務省、内務省、各地の警察署、朝鮮総督府・台湾総督府その他の国家機関も「慰安婦」徴集・慰安所設置に直接・間接に関わった。つまり「慰安婦」制度とは、皇軍の聖戦遂行という国家目的を達するために軍ぐるみ、国家ぐるみて推進された、組織的な強姦制度だったのである。
以上の事実は、九〇年代に入って自発的に名乗りをあげた被害者自らの証言や公開された政府資料によって、ようやく解明された。真相究明が進むなかで、「慰安婦」たちは「性的奴隷」と呼ぶほかない状態におかれたのであり、「慰安婦」制度とは重大な人権侵害にほかならず国家が犯した戦争犯罪・性犯罪であると認識されるようになった。こうした認識があるかないかは、「慰安婦」に対する国家責任に基づく「謝罪と補償」の必要性に結びつくのだが、まだまだ日本国民の問に広く共有されてはいない。
 補償要求裁判と日本政府
 戦後の韓国ではじめて元「慰安婦」として名乗りをあげた金学順さんを含む三人の「慰安婦」が、韓国在住の軍人・軍属とその遺族(遺族会)とともに、補償を求めて日本政府を相手に提訴したのは、九一年一二月六月のことである。それから現在まで、元「慰安婦」を原告とした裁判は五件が進行中である。韓国在住「慰安婦」が二件、フィリピン人一件、在日韓国人一件、オランダ人一件である。また、中国人の元「慰安婦」四人が八月にも提訴すると伝えられている(六月五日付『朝日新聞』)。
 これら五件の裁判は、いずれも日本政府に対して被害者個人に対する「補償」(韓国遺族会、フィリピン、オランダ)ないしは「謝罪と補償」(他二件)の実現を求めている。
 日本政府は、当初国会で「民間業者が連れ歩いた」と発言して(九〇年六月六日)日本軍の関与を事実上否定したが、遺族会裁判の開始や軍の関与を立証する公文書類の発見が明らかになると、九二年一月には一転して関与を認め、訪韓した宮沢首相(当時)は謝罪した。そして同年七月、九三年八月と二度にあたる政府調査と資料公開を行ないー不十分ではあるが、改めて「軍の関与の下で、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」「お詫びと反省の気持ちを申し上げる」と表明した。しかし、補償問題については「サンフランシスコ条約および二国間条約で解決済み」との姿勢をくずさず、個人補償をつっぱねてきた。そして「補償にかわる措置」の検討の結果、昨年八月の村山内閣成立後に出てきたのが政府主導の「民間募金」構想である。
 六月一四日、日本政府はこれを具体化した「女性のためのアジア平和友好基金」事業なるものを正式発表した。内容は元「慰安婦」に対して、①「国民・政府脇力のもと」で「国民的償いを行なうための資金を民間から基金が募金」することを根幹に②医療や福祉などへ資金支援③「率直を反省とおわびの表明」④歴史資料の整備、である。さらに、今日の「女性に対する暴力」などに対応する事業への支援がおまけされている。
 これに対し、被害者及び支援団体は抗議の声をあげた。在日韓国人の元「慰安婦」宋神道さんは、「なんでよその国の女たちを慰安婦にさせといてからに、謝罪も補償もしないのか」「オレは車イスほしさに、意味のないカネほしさに裁判おこしたわけじゃない」と悔しさをこらえきれずに語り、金学順さんも「なぜ、すっきりと国として個人補償を引き受けるといってくれないのか」と疑問の声をあげている。その一方で、民間募金を受け入れると表明している元「慰安婦」たちもいる。日本政府の民間募金案は、政府相手に国家責任での補償を求めて裁判を起こした原告の間に、深刻な動揺と亀裂をもたらしている。(略)しかし「女性のための」「平和友好」という美名の下で、民間から募金を集めて「国民的な償い」をするという、聞こえのよいこの構想には、巧妙な国家責任回遊の罠がしかけられていることを見逃してはならないと思う。
 なせ日本政府の民間募金ではダメなのか? 
 そもそも民間募金は、前に述べたように、日本政府があくまでも「補償は二国間条約で解決済み」「個人補償はしない」という基本方針を死守するための奇策として生まれたという背景を持つ。したがって当然のことながら、民間募金は国家補償ではない。補償したくないから、出てきたのが民間募金なのだ。
 問題なのは民間募金の性格である。つまり、政府の責任のがれという根幹(本質)にかかわる部分だ。責任を問われるべきは、「慰安婦」政策を立案・実行し、まるごと関わった戦争犯罪・性犯罪の主犯たるべき日本軍・日本国家であることは明らかだ。にもかかわらず、政府は当然取るべき国家責任=国費での補償をしないまま、国民(他人)のサイフからお金を出させて国家責任をすりかえている。国が国として犯した犯罪の責任を避け、副次的な手段である民間募金に逃げたというのが、この政策の本質である。国民が善意で募金したとしても、ごまかしにのせられるだけの結果になってしまう。これでは、「慰安婦」制度が国家犯罪であることへの理解は広まらず「被害者の名誉回復・人権回復にもつながらない。政府が被害者に医療ケアや謝罪文らしきものをなしたとしても、責任逃れという根幹を覆い隠す枝葉でしかない。
 政府は「補償金」とはまったく無関係な「民間募金」で、「慰安婦」問題、ひいては戦後補償問題全体の「完全かつ最終的な解決」を目論んでいるのである。
 なぜ個人補償を求めるのか
 日本政府がこうした奇策を弄してまで「アジアの戦争被害者には個人補償をしない」という政策を押し通す背景をさぐると、日韓条約締結時と同じく、過去に対する歴史認識の問題にたどりつく。六五年の日韓基本条約の条文には、植民地支配への謝罪の文句は一言半句もなかった。それが反映されたのが、〝賠償なき”日韓経済協力・請求権協定だった。それから三〇年後の九五年六月にようやく採決された「戦後五〇年決議」にしても、植民地支配や侵略行為の字句は躍っても、主体的な責任明記はない。結局、問われるのは過去に向き合う国の姿勢、そして人権感覚なのである。
 その場合考えるべきは二つある。まず、日清戦争から敗戦までに至る”戦中五〇年”のアジア侵略と植民地支配の歴史を事実に即して確認し、共通した事実認識をもつ作業である。さらに、〝戦後五〇年”間の日本の戦後責任のあり方を考えることである。自国民(軍人中心)に対しては手厚い個人補償をしながら、外国人戦争被害者に対する戦後補償については、当事者抜きに二国間の枠組みだけで決着してしまうという、ゆがんだ戦後責任のあり方(戦後無責任)自体が問われなければならない。アジア民衆の人権は、この一〇〇年間踏みつけられたままである。日本政府の殺し文句は、「補償問題は二国間条約で解決済み」、だから「個人補償はしない」。しかし、この二つはイコールではない。たとえ二国間で解決済みだとしても、被害を与えられた個人の加害国に対する諮求権は消滅しておらず、日本が新たに国内法をつくれば個人補償は可能だからである。二国間で解決済みでも、日本国が自主的に戦後補償立法を行なう妨げにはならない。こうした考え方に基づいて、戦後補償裁判に関わる二三の弁護団で構成する「戦後補償問題を考える弁護士連絡会」等では、すでに「外国人戦後補償法」試案を作成・公表している。
 要は、国としてのやる気の問題である。民間募金に逃げないで、人権の視点から立法化に取り組み主体的に過去を克服してほしい。そして、国民がなすべき「国民的な償い」とは募金ではなく、政府をして「国家的償い」としての個人補償を実現させることにこそあると思う。民間募金が強行されるのなら、被害者だけでなく、加害国日本に住み続ける在日女性として私も、いたたまれない気詩ちだ。
ーー
キム プジャ・在日朝鮮人二世。在日の女権史研究を志す一方、従軍慰安婦問題ウリヨソンネットワーク、在日の慰安婦裁判を支える会、メンバー。著書に『もっと知りたい慰安婦問題』(明石書店)など。今秋、北京女性会議に参加予定。
(引用終わり)
なぜ募金ではだめで、国家賠償を求めるのかが分かりやすくまとめられており、全文掲載した。昨今の日韓慰安婦合意でも日本政府(安倍政権)が謝罪の言葉を述べた記憶はない。
スポンサーサイト

「安全保障環境悪化」論は無知の告白だ 田岡俊次

週刊金曜日2015.7.3号より引用。
砂川判決と72年見解を持ち出す愚
(略)
今日の北朝鮮の弾道ミサイルは米国の主要部に届かず、発射台上で数週間も掛けて組立てる「テポドン2号」などは簡単に破壊できるから、米国は本国への危険を恐れずに報復攻撃を行なえる。北朝鮮が核を使えば滅亡は必至で抑止力は十分だが、相手が自暴自棄になれば「抑止」は効かず、集団的自衛権も役立たない。
米車の相互依存関係は絶大で、中国が米国に戦いを挑むことはまずありえない。冷戦時代の深刻な軍事情勢を注視してきた者にとっては「日本の安全保障環境が72年当時とくらべ著しく悪化した」との論は無知の告白のように感じられる。
ーー(引用終わり) 全文はこちら→

近頃、北が潜水艦発射の訓練をしている理由がわかる。

軍事がわからない安倍首相の暗愚 田岡俊次

週刊金曜日2015.5.29号より、引用。

安全保障法制に関する安倍晋三首相の5月14日の記者会見と20日の党首討論での発言を聞くと、「この人と周囲の人は安全保障問題をわかっていないのではないか」と思わざるをえない。「安保条約改定の際にも、戦争に巻き込まれるとの批判が出たが、全く的外れだったことを歴史が証明している」と言うのは、1962年10月の「キューバ危機」をご存じないからだろう。キューバの封鎖に当っていた米駆逐艦が、ソ連潜水艦の威嚇目的で小型爆雷10発を投下したため、潜水艦長の中佐は「戦争が始まった」と判断、核魚雷の発射を命じたが、たまたま同艦に乗っていた潜水艦隊参謀の中佐が「様子を見よう」と説得し、世界は核戦争を免れた。
この時、米軍は在日米軍を含む全軍を臨戦状態に置き、B52爆撃機は核爆弾を搭載してーソ連領空外で旋回待機し、弾道ミサイルも即時発射態勢を取っていた。ソ連も同様な措置で応じていたから、冷静な一士官がそこに居たという偶然がなければ全面核戦争になり、米、ソで各7000人余、欧州で数百万人の死者が出たと推計されている。
 日本の米軍基地も当然核攻撃の対象となり、おそらく数十万人の死者が出るところだった。(略)また、「戦闘に参加することは決してない」と安倍氏が言うのも変だ。提出されたPKO協力法の改定案等では、他国の部隊をどへの攻撃があれば、自衛官は武器を使用して警護できる、としている。これは戦闘が起っている状況に飛び込むのだから、戦闘をせずにすむわけがない。
 攻撃側が馬鹿でなければ、自衛隊が駆け付ける経路には警戒部隊を配置し、待ち伏せる可能性も十分ある。

 戦死者が出る可能性大
(略)新・日米防衛協力の指針の改定でも、米国が発表前に中国に内容を説明していたことは、4月28日の中国外務省の定例記者会見で、洪レイ報道官が新華社通信記者の質問に対して「事実」と認めたが、『東京新聞』がこれを小さく報じただけだった。日本メディアは指針改定による「中国牽制」を言うが、牽制するはずの相手に事前に米国側が説明にうかがうのでは牽制にならない。政権に不都合なことを国民に伝えることを遠慮しては、報道機関は国家の警報装置としての機能を果しえないと案じざるをえない。
ーー
久々に元帥の引用。きな臭い今後はこの人の出番も増えるだろう。

朝鮮学校もっと交流したい

朝日新聞大阪本社版声欄2016.11.20より引用、著作権は朝日新聞にあります。少子化のおり、運動会、学校対抗定期戦、文化祭交流などが進めばよいですね。戦後の一時期、神戸の小学校に朝鮮初等学校が併設されていたが、阪神教育闘争で立ち退かされたと、本で読んだ。小学校内に朝鮮学級があってもよいのでは。大阪の民族学級やアメリカのバイリンガル学級、多民族文化共生なども調べてみようと思った。
 大人も含め、なぜ在日朝鮮人が日本に住んでいるのかを学ばなければならない。

撫順の奇蹟を受け継ぐ会(NPO中帰連平和記念館)の催し


img285.jpg
1.「NPO・中帰連平和記念館」10周年
  戦犯帰国60年記念集会
いま戦争と平和を考える
◆日時:2016年11月13日(日)13:00-16:30
◆会楊:「ウェスタ川越」
(川越市新宿町1-17-17JR・東武東上線「川越駅」西口徒歩5分)
◆「参加無料」
①報告記念館10年の歩み
②講演
戦犯だった「父の遺言」
(伊東秀子さん「中帰連」遺族 元衆議院議員・弁護士)
③101歳のジャーナリスト
「父・むのたけじからのメッセージ」 (武野大策さん・医学博士)
④シンポジウム「負の連鎖を絶ち切るために」 詳細別紙

2.撫順の奇蹟を受け継ぐ会 東京支部学習会
 特別上映:100歳むのたけじさん!
 講演:細川清和さん「中国人は撫順戦犯管理所を知っているか?」
 ◆日時:2016年11月23日(水・祝)13:15開場-16:00
 ◆会楊:セシオン杉並 視聴覚室 詳細別紙

3.中国帰還者連絡会(中帰連)」と「NPO・中帰連平和記念館」とは?  別紙参照。
ーー
宣伝。土曜日にしていただけると遠方から参加しやすいのだが。老若男女NPOで活動されています。雑誌「中帰連

上海でスパイ容疑 2015.10.31東京新聞


上海で50代女性も拘束 中国国家安全省 スパイ容疑か 15年6月北京で60代男性拘束、5月に55歳男性遼寧省丹東周辺 51歳男性浙江省温州市の軍事施設周辺で拘束された

脱原発訴訟の弁護士 河合弘之、東京新聞2015.10.4

東京新聞2015.10.4より引用。脱原発弁護団全国連絡会 運転差し止め訴訟 高浜原発運転禁止仮処分決定 旧経営陣の刑事告訴 ドキュメンタリー映画「日本と原発」

中国での加害歯止め失う、平頂山事件ほか 東京新聞2015.10.1

「十五年戦争」とも言われる中国への侵略で、(略)中国の犠牲者がアジア最多であることは疑いなく、日本人はそれを直視しなければならない」
中国の死者数(中国側の見解)、平頂山事件3000人日本の司法虐殺を認定 撫順炭鉱、南京事件(30余万人)、華北の治安戦(人数示さず)焼き、殺し、奪い尽くす三光作戦。重慶爆撃(人数示さず)、大陸打通作戦(日本側の見解60~70万人)
 背景には日清戦争で破った中国への蔑視があった。
平頂山事件も南京事件も詳しい実態は東京裁判で明らかにされた。戦勝国の指摘だったこと、当初は中国との国境がなかったことなどから、日本ではほとんど研究されてこなかった。

ドキュメンタリー映画「太陽がほしい」旧日本軍の性暴力問題描く

東京新聞2015.10.5引用。(製作者)班忠義さん
1943年、旧日本軍が駐屯した山西省 子どもの産めない体になった。
慰安婦問題での誤った認識や攻撃を押し返すには、女性たちから託された証言を世に出すしかない」
 95年から中国で被害の聞き取りを始めた班さんは山西、湖北、雲南省などで80人の女性に会った。
ガイサンシーとその姉妹たち
上映会の問い合わせは「人間の手

丹後半島に米軍レーダー 東京新聞2015.9.22

2年前から近畿地方で初の米軍基地が着々と進めらている。 米軍経ケ岬通信所 Xバンドレーダー 「通信所のレーダーは、北朝鮮の弾道ミサイルからハワイやグアムの米軍基地を守るのが主目的だろう。(略)安保法を先取りする形で整備が進められていた」
国内では、青森県つがる市の航空自衛隊車力分屯基地につぐ二基目だ。軍人軍属計百六十人が常駐する大掛りな新基地を建設する計画だと分かった。
逆に東アジアの緊張を生む原因にもなっている。戦争になったら、まずここが狙われる。

反骨の記者 桐生悠々 東京新聞20150921

img243.jpg 東京新聞2015.921より引用。
「言いたいことを言うのは権利の行使」だが、「言わねばならないことを言うのは義務の履行」であり、犠牲を伴うと書いています。

甲陽園地下壕、2015.8朝日

朝日、大阪版より引用。朝鮮国独立と壁に字。
朝鮮人労働者は甲陽園イに400~500人くらいいた。
壕は昨年埋め戻され、永遠に失われてしまった。西宮市は写真や動画をHPで公開している。(引用終わり)
ーー
昨年からのためた記事をアップ。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

スノーデン NSA レーダ 共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん