本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日2011.12.16号ー六ヶ所村再処理工場の福島原発事故以上の被害可能性

<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.12.16
___________________________________________________________『週刊金曜日』 
      
週刊金曜日 Twitterでも情報発信中です         
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。     
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事
■緊急取材 六ヶ所村の現在
 核燃サイクルの魑魅魍魎 鎌田慧
全国の原発から出る使用済み核燃料は青森県六ヶ所村に運ばれる。相次ぐ事故で、再処理工場の試運転は止まっているものの、ここにある高レベル放射性物質が漏れれば福島原発事故以上の被害をもたらす可能性がある。それだけではない。国策とされてきた「核燃料サイクル」に注ぎ込まれる莫大なカネをめぐり、その周辺では怪しげな動きが繰り広げられている。六ヶ所村の現状を緊急特集する。

■時間もカネも「想定外」の超過
 破綻した核燃サイクル 澤井 正子
建設開始から二〇年経っても稼働できず、コストもうなぎのぼりの六ヶ所再処理工場。
全量再処理の謳い文句に偽りがある上に、原発の防災範囲内に立地するという恐ろしさ。
東京電力も本音では、工場計画から撤退したいのではないか。

■政府審査委員会の結論に異議あり
 陸にも海にも活断層 渡辺 満久
絶対安全性が求められる原子力施設では地盤の堅固さも当然正しく調査、
評価されなければならない。だが、評価地盤で想定される地震規模を大幅に小さく見積ったり、
活断層を認定していなかったりと不審な点が多い。専門家が指摘する問題点とは。

■「最後の大物フィクサー」白川司郎 東電原発利権に食い込む 田中 稔
「WANTED{原発裏金} 運搬人」と題するA4判一枚の怪文書が
今年五月下旬、国会に隣接する衆議院第一議員会館の各議員室の
郵便受けに投げ込まれた。いったい、どのような人物なのか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
 山下俊一福島県立医科大学副学長は、チェルノブイリ原発事故後にも国際協力をした日本を代表する専門家とされている。
 すでに刑事告発をされているこの人への疑問をあらためて思う。
 チェルノブイリの専門家をなぜ早く呼ばなかったのか
 一一月にようやく千葉県がんセンターが第一人者を招いたという具合だ。
 原爆被害を受けた日本では外部被曝研究が中心だが、ロシアなどでは内部被曝の研究も熱心なのだ。
 またチェルノブイリでの失敗を教訓化して活かさなければならないはずだった。
 が、そうでもない。ある専門家によれば、肝心なのは事故直後の被曝情報だという。
 チェルノブイリ事故でも直後の情報はないという。
 山下氏が専門家であるならば事故直後に累積放射線量を測るバッジを住民に一刻も早く使用させなければならなかった。
 この情報が子どもの治療や補償につながるはずだった。
 一連の不作為が故意か過失か検証されるべきだろう。能力のない "専門家" に被曝事故調査を握らせてはいけない。(平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)[編集長後記]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
●次号特集
辺見庸ロングインタビュー
佐高信、読売清武騒動で渦中の人をインタビュー
阪神淡路大震災から17年を考える
続・激論「沖縄と差別」 佐藤優(作家)×下地幹郎(衆院議員)
満腹の情景 第2回

最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】近刊のご案内

★残 夢  大逆事件を生き抜いた坂本清馬の生涯幸徳秋水、管野スガらが死刑台の露と消えて100年。
鎌田慧は、坂本清馬に焦点を合わせることで、未だに謎の多い「大逆事件」に新たな光をあてた。
それは過去の歴史を掘り起こすことにとどまらない。
起訴されながらも生き抜き、戦い続けた清馬の一生は、
いまに続くこの国の「闇」をも浮き彫りにする。

★世界が決壊するまえに言葉を紡ぐ  秋葉原事件から3・11以後へ──中島岳志
私は「言論ゲーム」「批評ゲーム」に飽き飽きしている。
何か大きな出来事があると、既製の枠組みを使って気の利いたことを発信し、あっという間に忘却していく。
興奮気味に過剰な解釈を加えながら、時間がたつとまた次のネタに過剰反応し、結局多弁という失語状態が永続する。
あとには何も残らない。その残像の中で大切な問いは破棄されていく。
試されたのは瞬発力のみ。それが果たして言論なのだろうか。言葉なのだろうか。
本書は私が言葉をぶつけ合いたい人たちと行なった対談の記録である。
みんな言葉を持っている。そこには言葉がある。届く言葉がある。

★新・買ってはいけない8原発事故が引き起こした食品の放射能汚染 私たちのライフスタイルが問われています。
今回は個々の商品の検証はもちろん、要望の高い「買ってもいい商品」と「食品添加物の
見方と避け方」まで指南します。

★貧困なる精神24集 「英語」という“差別”「原発」という“犯罪”  
 米国に心も命も収奪された日本人
日本が「英語」によって支配されている「隠れた差別問題」を指弾した「英語」帝国主義と、
原発という「想定されていた人災」を追及する論考・対談を2本柱に構成。
原発の問題は、今年(2011年)3月11日に発生した大震災以降、本誌で連載したものを所収。
また、本誌の編集委員でもあった筑紫哲也氏を追悼するために、筑紫氏も出席した
佐高信編集委員・椎名誠編集委員(当時)の両氏もまじえた対談を再録。
さらには、本多氏が子どものころに描いたマンガ原稿も公開しているが、そこには
「今ヤ日本ハアメリカニ降伏セリ」「以上デコレモ終ワリデスガ」という文字も・・・・・・。
刺激的で機知に富んだ評論・批評集。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
P13すべてはオウムで変わった「麻原を吊るせ」の大合唱が揺るがないこの国 森達也
  この社会は今も集団化を進めながら善悪二元化を加速させ、管理統制を求めながら厳罰化を推し進めている。だからこそ大阪では擬似ファシズム的な政策が圧倒的な支持を受け、背中を押された治安権力は強引な捜査や起訴を正当化し、差別や排除が条例に形を変えた。
P42政治闘争家でもあった哲学者ベンサイドの遺産 中村富美子「21世紀マルクス主義の模索」ダニエル・ベンサイド
P43日本で高校無償化がされるならば朝鮮学校も対象にするべき 冬ソナ俳優 権海孝
P60貧困なる精神 千島列島は日本領(下 政権交代を交渉に生かせなかった民主党 本多勝一

スポンサーサイト

週刊金曜日2011.12.9号ーチェルノブイリは警告する被曝と遺伝

<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.12.9
____『週刊金曜日
      週刊金曜日 Twitterでも情報発信中です         
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。     
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事
■チェルノブイリは警告する
ロシア人小児腫瘍科医が発表
低線量内部被曝と遺伝 平井康嗣
チェルノブイリ原発事故による被曝・健康データをもっとも持っている
ロシア連邦立小児血液・腫瘍・免疫研究センター。
そのセンター長ら子どもへの被曝を研究している医師たちが来日し、
福島のこどもたちの健康を考える上で重要な報告をしていったのである。

◆中川原章 ・千葉県がんセンター長に聞く
"フクシマ症候群"への備えを

■佐高信、祝い島をゆく
愛郷一心
中国電力・上関原発の今
ここは孫子に残す島 佐高 信
東京電力・福島第一原発の事故を受けて建設が
一時中止となっている中国電力・上関原発計画。
豊かな海が広がる建設予定地の向かいにある祝島に評論家の
佐高信(本誌編集委員)と平井康嗣本誌編集長が向かった。

◆編集長が見た"背中のもぐさ"上関
彼らは、事故るまで見えないふりをする 平井 康嗣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記
流行語大賞が発表されたが、今年は呆れた。
 どうでもいいと思うが、これが文化として残っていく。
 大賞のなでしこジャパンは確かに私の好感度も高い。「どや顔」もしないし。
 問題だと思うのは原発関連の言葉が「風評被害」しかないのかということだ。
 これはあまりにも恣意的すぎる。
 ちょっと考えても、「福島第一原発」「ただちに人体に影響はない」「内部被曝」「シ
ーベルト」「暫定基準値」「ホットスポット」「出てこい清水」「班目でたらめ」「脱原発」など、
ちょっと偏向しているのかもしれないが、今年定着した言葉はいくらでもあるはずだ。
 帰宅難民より「自主避難」が深刻だ。ラブ注入より「海水注入」に世間は釘付けだったはずだ。
 米国ですら海渡雄一、福島瑞穂夫妻を「グローバルシンカー」一〇〇人に選んでいる。 理由は脱原発だ。
 ついに流行語大賞は「メルトダウン」したのかもしれない。
 あれ、審査員には姜尚中さんと鳥越俊太郎さんがいるのか……。バラエティ化を極める日本が怖い。(平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】近刊のご案内
★新・買ってはいけない8原発事故が引き起こした食品の放射能汚染 私たちのライフスタイルが問われています。
今回は個々の商品の検証はもちろん、要望の高い「買ってもいい商品」と「食品添加物の
見方と避け方」まで指南します。

★貧困なる精神24集  「英語」という“差別”  「原発」という“犯罪”  
 米国に心も命も収奪された日本人
日本が「英語」によって支配されている「隠れた差別問題」を指弾した「英語」帝国主義と、
原発という「想定されていた人災」を追及する論考・対談を2本柱に構成。
原発の問題は、今年(2011年)3月11日に発生した大震災以降、本誌で連載したものを所収。
また、本誌の編集委員でもあった筑紫哲也氏を追悼するために、筑紫氏も出席した
佐高信編集委員・椎名誠編集委員(当時)の両氏もまじえた対談を再録。
さらには、本多氏が子どものころに描いたマンガ原稿も公開しているが、そこには
「今ヤ日本ハアメリカニ降伏セリ」「以上デコレモ終ワリデスガ」という文字も・・・・
・・。 刺激的で機知に富んだ評論・批評集。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】イベントのご案内

★12月8日の開戦は真珠湾から?
 実はマレーシア・コタバルが1時間前だった!
 --アジア・太平洋戦争開戦70周年・証言集会--
 証言者:葉徳明(マレーシア)+元日本兵/講演:高嶋伸欣
 
 日時:12月10日(土)15時(開場14:40)
 場所:かながわ労働プラザ(石川町駅北口3分)
 参加費:1000円(学生無料)
 問合せ:090-9346-5884(吉池)
 主催:アジア・フォーラム横浜
協賛:『週刊金曜日』

★鎌田 慧著『残夢──大逆事件を生き抜いた坂本清馬の生涯』 
 刊行記念トークイベント
 検察腐敗の原点
 鎌田 慧(ルポライター)×鈴木邦男(一水会顧問)

 日時 12月13日(火)18時30分~20時(開場18時)
    ※対談終了後にサイン会あり

 場所:東京堂書店神田本店6階
    東京都千代田区神田神保町1‐17
    JR御茶ノ水駅徒歩8分
    地下鉄神保町駅徒歩3分
 参加費500円(要予約)
 ◆お申込方法:東京堂書店に直接電話かメールで予約してください。
  TEL:03‐3291‐5181
  Mail :tokyodosyoten@nifty.com
  問合せ:金曜日業務部 TEL:03‐3221‐8521
ーー
俺の注目記事
・P7事故になれば福島の比ではない。もんじゅ研究者が指摘 核爆発する危険が軽水炉よりずと高い。(略)琵琶湖も汚染され関西はだれも住めない。 政府が存続に固執する理由、核武装しやすいから。
P60貧困なる精神 沖縄の利用価値を重視・計算した米国 本多勝一
P61投書朝日ニュースターがなくなる!!来年3月でスタッフ全員解雇となるらしい。

週刊金曜日2011.12.2号ー雨宮処凛本誌を占拠する

 <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.12.2
___『週刊金曜日
       週刊金曜日 Twitterでも情報発信中です
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。     
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事
■OCCUPY 週刊金曜日
 路上から政治を変える
 革命、あるいは蜂起のために
 雨宮処凛責任編集
 私は今、生まれて初めて「革命」の時代を生きている。雨宮処凛

●「半径1キロ」からの「惑星蜂起」 平井玄

●「蜂起」を想像/創造する10冊

●デモだ! 占拠だ! 反原発だ!
 雨宮処凛×松本哉

●「見よ、これがウォール街占拠ムーブメントだ」 イルコモンズ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記
 誌面が占拠された! 雨宮処凛に松本哉って破壊力あるな。
 しかし『週刊金曜日』はお金持ちじゃないし、ウォール街に縁はないというのに。神保町すずらん通りでのカツカレーを楽しみにしているぐらいである。
 でもOccupy(占拠)されなければ生まれない特集になった。読者諸氏はどう思いましたか。
 憂鬱になる大阪W占拠があったが、選挙より占拠。そんなことを考えた現代美術展をいつか水戸芸術館に観に行ったことを思い出した。
 ただの駄洒落かと思っていたが、まさか現実化しつつある。
 政治にうんざりした世界の「99%」は無政府を超えている。無秩序の中に秩序を模索し、不信の中に信頼を産み出しつつある。
 直接民主主義という言葉でしか今のところ表現できない人びとの主体的な衝動の芽を見逃してはいけない。流行の表現で言えば、直接民主主義2・0はあるのか。
 占拠は私たちが飼い慣らされているニセの所有やニセの民主主義に対してついに噴き出したアレルギー反応なのである。(平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)[編集長後記]はこちら↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】近刊のご案内
★新・買ってはいけない8原発事故が引き起こした食品の放射能汚染 私たちのライフスタイルが問われています。
今回は個々の商品の検証はもちろん、要望の高い「買ってもいい商品」と「食品添加物の
見方と避け方」まで指南します。

★貧困なる精神24集  「英語」という“差別”  「原発」という“犯罪”  
 米国に心も命も収奪された日本人
日本が「英語」によって支配されている「隠れた差別問題」を指弾した「英語」帝国主義と、
原発という「想定されていた人災」を追及する論考・対談を2本柱に構成。
原発の問題は、今年(2011年)3月11日に発生した大震災以降、本誌で連載したものを所収。
また、本誌の編集委員でもあった筑紫哲也氏を追悼するために、筑紫氏も出席した
佐高信編集委員・椎名誠編集委員(当時)の両氏もまじえた対談を再録。
さらには、本多氏が子どものころに描いたマンガ原稿も公開しているが、そこには
「今ヤ日本ハアメリカニ降伏セリ」「以上デコレモ終ワリデスガ」という文字も・・・・・・。
刺激的で機知に富んだ評論・批評集。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】イベントのご案内

★沖縄の若者たちによる舞台劇
「フクギの雫」
 -沖縄・宮森小学校米軍機墜落事故から52年-
 日時:12月3日(土)2回公演
   昼の部 15時半(開場15時)*解説あり
夜の部 18時(開場17時半)*大田昌秀元知事の講演あり
 場所:東京・文京シビック小ホール(地下鉄後楽園駅・春日駅すぐ)
 参加費:昼の部 3000円(前売2500円)
夜の部 3500円(前売3000円)*各回学割あり
 主催:実行委員会/問合せ:0493-22-3266(丸木美術館)
 『週刊金曜日』協賛

★レイバーフェスタ2011
 原発とたたかう文化
 演目:韓国映画「希望のバス」/朗読「父と暮らせば」/舞台「原発労働者」
ライブ「えぐれ笹島」/講演・樋口健二「被ばく労働最前線」ほか

 日時:12月4日(日)10時半~20時半
 場所:東京新宿・アールズアートコート(JR新大久保駅7分)
 参加費:2000円(前売1700円)*ほか割引あり
 主催:実行委員会(レイバーネット日本)
 問合せ:03-3530-8588
 『週刊金曜日』協賛

★12月8日の開戦は真珠湾から?
 実はマレーシア・コタバルが1時間前だった!
 --アジア・太平洋戦争開戦70周年・証言集会--
 証言者:葉徳明(マレーシア)+元日本兵/講演:高嶋伸欣
 
 日時:12月10日(土)15時(開場14:40)
 場所:かながわ労働プラザ(石川町駅北口3分)
 参加費:1000円(学生無料)
 問合せ:090-9346-5884(吉池)
 主催:アジア・フォーラム横浜
協賛:『週刊金曜日』

★鎌田 慧著『残夢──大逆事件を生き抜いた坂本清馬の生涯』 
 刊行記念トークイベント
 検察腐敗の原点
 鎌田 慧(ルポライター)×鈴木邦男(一水会顧問)

 日時 12月13日(火)18時30分~20時(開場18時)
    ※対談終了後にサイン会あり

 場所:東京堂書店神田本店6階
    東京都千代田区神田神保町1‐17
    JR御茶ノ水駅徒歩8分
    地下鉄神保町駅徒歩3分
 参加費500円(要予約)
 ◆お申込方法:東京堂書店に直接電話かメールで予約してください。
  TEL:03‐3291‐5181
  Mail :tokyodosyoten@nifty.com
  問合せ:金曜日業務部 TEL:03‐3221‐8521
--
俺の注目記事
P5民主主義の自殺行為か 「大阪維新の会」がダブル選挙制す
 大阪には『お笑い票』という、漫才師だろうが何だろうがテレビに出る“人気者”なら政策に関係なく投票する有権者が100万人いると聞いた。
P19 蜂起を想像/創造する10冊 釜ケ崎のススメ活劇 日本共産党 朝倉喬司、群集と権力 カネッティ自由論 現在性の系譜学千のプラトー 資本主義と分裂症 ドゥルーズ/ガタリ
P34棚田が持つ輪環 木村聡
P56平壌サッカー日朝戦 北朝鮮パシッング報道のウソとホント
P60貧困なる精神 蜂の子を片端から生で食べた少年時代 本多勝一

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん