本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日2011.8.26号ー放射能とコメ、政治で一番重要なのは独裁なんて言う知事の麻酔から醒めませんか、府民の皆さん

<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >> 2011.08.26
___________________________________________________________『週刊金曜日』 <>

   創刊18周年記念講演会「福島原発事故 いまだからみんなで考えたい      
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。  
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事

特集 放射能とコメ
■高すぎる日本の暫定規制値
 主食のコメは本当に安全なのか
 古川 琢也
 原発事故後初となる早場米の収穫。
 茨城県鉾田市でセシウムが検出された。
 各自治体でコメの放射線検査が実施される中、
 政府のやり方に落とし穴はないのか?

■汚染ゴミ
 焼却灰から高濃度のセシウム検出
 処理後も、封じ込めさえできぬ放射性物質
 まさの あつこ

 汚染ゴミの処理で放射性物質がまき散らされている。
 処理基準の根拠は実質的議論がされた形跡がない。
 さらに今、基準の大幅緩和が画策されている。

■放射能と砂場
 「福島県外で安全基準を示す予定はない」と文科省
 国が放置する子どもの遊び場
 前屋 毅

■除染より避難
 何よりも避難とその補償措置を優先に
 除染をしても救えない子どもたちの命
 成澤 宗男
 福島市などで、大々的に放射能汚染地区の除染が始まっている。
 だが今も被曝している子どもたちを避難させることこそが
 最も緊急に求められている課題なのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記
 民主党の新しい党首、つまり新しい総理大臣が月末に決まるが、全く気分が盛り上がらない。
筆頭候補にも挙がっている野田佳彦という人はかねてから首相候補者と取り沙汰されてきた人だが、地味で何を考えているのか今ひとつ見えない。
さらに財務省路線かつ保守的な性向は今ひとつ気に入らないが、この人が繰り返し強調してきた次の点はおおいに支持できた。
〈子どもの貧困は発展途上国や敗戦直後の日本の社会問題ではなく、極めて今日的な問題だと認識しなければなりません。
だからこそ、「子ども手当」や「高校の無償化」は断じてバラマキではなく、必要な投資だととらえるべきです。〉
(二〇一〇年二月二一日の野田氏のブログ「かわら版」より)。
 民主党が政権交代をなしえた原点は、見捨てられていた集団への目線が存在したことである。
しかし大連立という禁断の果実を横目に、「バラマキ」を廃止する方向で野党と妥協した。
政府を選べない怒りが、無政府への衝動に変わるのが怖い。
(平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告

最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ

★週刊金曜日』創刊18周年記念講演会
「福島原発事故 いまだからみんなで考えたい」

東日本大震災から間もなく半年。
福島原発事故の被害はさまざまな形で広がり、収束の気配はありません。
こうした状況を受け、創刊以来、一貫して「反原発」の立場で誌面をつくってきた『週刊金曜日』は、「『福島』を考える講演会」を開催します。
編集委員(宇都宮健児、落合恵子、田中優子、本多勝一)の講演、被災者のお話のほか、「食の安全」について具体的、徹底的に考えたいと思います。
お誘い合わせのうえ、ぜひ、ご来場ください。

日時:2011年9月10日(土)13:20~16:00(開場13時)
場所:東京都千代田区・日本教育会館ホール(メトロ神保町駅・竹橋駅4分)
参加費:1000円(12:30整理券配布予定・先着800名)
問合せ:03-3221-8521『週刊金曜日』

ーー
以上引用終わり、
私の注目記事。■西川伸一の政治時評 政治で一番重要なのは独裁なんて言う知事の麻酔から醒めませんか、(大阪)府民の皆さん 
 教育委員会制度の骨抜き、維新の会議員提案で教育基本条例を9月府議会に提出表明(全員公募の校長に教科書採択権や教員採用権を持たせる)。府民、民意、政治を橋下知事に置き換えれば、彼の意図は明瞭。橋下流公皇民化教育でも行うつもりか
--
橋下独裁を叩かないマスゴミは宣伝機関か。橋下が震災に弱い埋立地咲洲に庁舎を購入した責任はどうなるのか。(WTCビル購入85億、耐震化14億だと)。うやむやで知事辞任で大阪市長選にクラ換え!こんな無責任独裁者に投票する府民が笑われるぞ!東京の独裁者プチ石原と東西で知事にして、彼の知事時代の業績はなにかあったか?維新の会にしてもただ若い?!だけが売りでうさんくさい。彼らの主張を分析した報道をお願いしたい。それにしても本多さんのいう満州事変前夜が近づいているのだろうか?関東大地震に代わる東日本大震災は起こったしなあ。
スポンサーサイト

週刊金曜日2011.8.19号-読売新聞の罪 山師正力松太郎、原発推進に貢献する論説委員

 <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.08.19
週刊金曜日
 創刊18周年記念講演会「福島原発事故 いまだからみんなで考えたい」    
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。 
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事

自公政権の延長線か
気づけば財務省主導
首相の置き土産は消費税増税と憲法改正

一月から開かれていた第一七七回国会も八月末に閉会する。
三月の大震災以後、私たちの眼は復興と放射能を凝視し、突然
脱原発を喧伝し始めた菅首相にもさらに目を奪われた。
実際は原発対策や震災復興が本格化し始めたのは六月末からで、
会期内には政官財が協調した日本改造が進められていた。

■目的は消費税増税による財政再建
 社会保障にならぬ「社会保障と税の一体改革」 高橋 太

■改憲に向けた執拗な動き
 96条改正を目指す議員連盟設立 高田 健

■議論なしで拡大する安全保障
 自衛隊と米豪軍の共同軍事態勢強化 成澤 宗男

■女性差別撤廃は後回し
 女性閣僚〇で政府方針を自ら反故 坂本 洋子

■犯罪捜査が脅かす通信の秘密
「コンピュータ監視法」成立 山下 幸夫

■非核政策で二転三転
インドとの包括的経済連携協定が発効 福永 正明

■政界の思惑だけで真の課題を問わない政治
 将来世代に何を残すのか 杉田 敦
 もはやポスト菅一辺倒となった国会とマスメディア。
 相も変わらぬ政局に終始した今国会をどう見るべきか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記
 原発と両立することから、もともと成立する可能性があった再生可能
エネルギー法案も八月中に成立の見込みだ。
成立すれば首相辞任の条件が揃うので菅政権は惰性状態にある。
一五日の敗戦記念日、靖国神社に、自民党の国会議員などが参拝する中、
官邸では原子力安全庁が閣議決定された。
四〇〇人もの職員を抱えるとも言われており、原発は依存度を低減させる
というが暫く維持されていく。
生ぬるい。かつて戦争に突き進んだ日本は男が牛耳り、原発の後始末も
男中心で幕引きされた。
その菅内閣では、最後には女性閣僚が一人もいなくなっていた。
この点においてだけでも首相の鈍感さが、十分ににじみ出ていると思う。
福島や関東で、原発事故が引き起こした放射能汚染から子どもたちを
守ろうと、中心でたたかってきたのは母親ら女性たちであった。
この意味を首相は考えたのだろうか。結局、菅首相は国民の未来を
見詰めようとしていたのか大きな疑問がふつふつとわくのである。
政治は結局、財務省主導で進みはじめている。(平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ

★アジア記者クラブ・シンポジウム
9・11から10年 いま3人の論者が真相究明に臨む

講演:磯部大吾郎/前根明/成澤宗男

日時:8月23日(火)17:30~20:45
場所:東京都・明治大学リバティホール
(神田駿河台1-1・JR御茶ノ水駅5分)
参加費:1500円(先着500名)
問合せ:03・6423・2452(主催者)
主催:アジア記者クラブ、現代史研究会
協賛:『週刊金曜日』

★「福島原発事故 いまだからみんなで考えたい」
東日本大震災から間もなく半年。
福島原発事故の被害はさまざまな形で広がり、
収束の気配はありません。
こうした状況を受け、創刊以来、一貫して「反原発」の立場で
誌面をつくってきた『週刊金曜日』は、「『福島』を考える講演会」を
開催します。
編集委員(宇都宮健児、落合恵子、田中優子、本多勝一)の講演、
被災者のお話のほか、「食の安全」について具体的、徹底的に
考えたいと思います。
お誘い合わせのうえ、ぜひ、ご来場ください。

日時:2011年9月10日(土)13:20~16:00(開場13時)
場所:東京都千代田区・日本教育会館ホール(メトロ神保町駅・竹橋駅4分)
参加費:1000円(12:30整理券配布予定・先着800名)
問合せ:03-3221-8521『週刊金曜日』

ーーーーーー
佐賀で批判がでたら、盆休みのドサクサに北海道高橋はるみ知事が泊原発の営業再開の許可を出した。高橋知事は経産省出身で佐賀古川知事と同じ北海道電力との癒着の構造が(東京新聞)みえる。朝日には再開の記事は扱いも小さく目立たなかったな、東電から巨額の広告代をもらうから記者が書いても載せないな。同じく原発再開にはNHKもあまり話題にしないな、電力の社債保有しているからだ週金のツイッターで知ったが朝日の北海道ローカル版には、泊原発近くの「黒松内低地断層帯」北電見解より大規模が載るが全国版に載せろよ。再稼動前に騒ぎにならないように配慮したか。いずれにしても電力会社と癒着している大マスコミ、経済産業省(出身知事含む)、原子力村(陰の村長アメリカ)議員にはだまされるな。
 9月10日の週金講演会行きたいなあ(ちと遠い、整理券無くなれば入れないのかな)。
あとこのメールニュースだが週刊金曜日誌内の目次が網羅されていない、目次がデータ化されているならそのまま載せてはと思うけどな(筆者も目次を了解しているならメールニュースへの転載も基本OKでしょう。)週刊誌の目次検索にPDFファイルではできないので。

週刊金曜日 2011.8.5号-修正協議で再生エネルギー法案の骨抜き狙う自民党

110805_858.jpg
 <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >> 2011.08.05
___『週刊金曜日
          広瀬隆が、魂を込めて語った講演録。    
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事

原爆と原発
漫画 映画 現代アート
怒りの表現者たち

表現することで時代を切り取り、可視化させてきた人たちがいる。
彼らはいま、「原爆」「原発」というテーマにどう向き合い、
作品を生み出そうとしているのか。
まずは、代表作『はだしのゲン』など、
自身の原爆体験をもとに反戦と反核の思いを表現し続けてきた漫画家・中沢啓治さん。
病身にもかかわらず、戦争や原発事故に話がおよぶと、
穏やかな口調がとたんに熱を帯びる。
六六年前の広島と福島の今が、その怒りの切っ先で重なり合った。

■漫画 中沢啓治
 最初のピカッという光で気を失い、気がつくと黒煙の中を幽霊が行進してくる。
 手を胸元にだらりと垂らし、
 足の皮膚は踵まで剥けて、ずるっずるっと引きずりながら歩いているんです。

■映画 新藤兼人
 くじで選ばれて戦地へ向かい、
 死んでいった94人がいたからこそ、今の私がある。
 99歳になって自分が体験した「本当の話」を映画にしたいと思ったんです。

■現代アート Chim↑Pom
 僕たちは人間の心を信じているし、いま非難を受けても、
 人類全体が最終的に作品を検証する。
 魅力があれば価値を評価してくれるから、
 怖がる必要はない。

◆制御不能な情熱でゲンが歩いた道をたどる
 早乙女愛

◆声高に叫ばなくても本気で凝視すれば力はそこに
 相田冬二

P5◆修正協議で再生エネルギー法案の骨抜き狙う自民党 横田一
  海江田経済産業相が「電気料金への賦課金の上限を0.5円(KW/時)」と答弁し、この内容を
法案に明文化する動きが自公民の担当者にある。 この上限0.5円は原発電41.5%、自然エネ13.5%(水力含む)
が前提。自然エネの伸びは4%に過ぎない。

P6*自民党議員 新藤義孝、稲田朋美、佐藤正久が韓国で入国拒否(鬱陵島視察目的で)ーこんなことやっている場合かと日本人観光客からヤジも飛んだ
P8朝日レッドパージの会 61年目のつどい

P43◆闇に消される原発被曝者 樋口健二
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記

 七月二七日の衆議院厚生労働委員会で、
参考人として児玉龍彦・東京大学アイソトープ総合センター長が
放射線の健康への影響について意見陳述をしたことが感動をもって話題になっている。
歯に衣を着せぬ熱弁だから当然だ。

 速記録からいくつか引用する。
「まず、熱量からの計算では、広島原爆の二十九・六個分のものが漏出しております」
「これまでの知見で原爆による放射線の残存量と原発から放出されたものの放射線の残存量は、
一年たって原爆が千分の一程度に低下するのに対して、
原発からの放射線汚染物は十分の一程度にしかならない」
「内部被曝というのは、先ほどから一般的に何ミリシーベルトという形で言われていますが、
そういうものは全く意味がありません」
「緊急に、子供の被曝を減少させるために新しい法律を制定してください。
私のやっているのは、すべて法律違反です」

 東大は地元民のために高線量の放射性廃棄物を持って帰っているというのだ。
衆議院のwebテレビをぜひ傍聴してほしい。
(平井康嗣)

(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告

最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ

★あいち・平和のための戦争展
 満州事変80年・太平洋戦争開戦70年・日米安保60年
 大震災と原発事故ととみに考える

 原発と平和-東電福島原発事故でみえてきたこと
 講演:北村肇(本誌発行人)

 日時:8月13日(土)13時~15時
 場所:名古屋市公会堂4階第7集会室(地下鉄鶴舞線・鶴舞駅3分、JR中央線・鶴舞駅2分)
 入場料:500円
 問合せ:052-931-0070(実行委員会)


 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

枝野 追悼碑 群馬 強制連行 在日 朝鮮 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん