本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日2011.7.29号 放射能とお魚、NHKが東電債100億円超保有

<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.07.29
___________________________________________________________『週刊金曜日
買ってはいけない』第8弾。「買ってもいい」も載ってます。  
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。 
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事
放射能とお魚

原発事故によって大量に放出された放射性物質が汚染しているのは、陸だけではない。
海水や海底土への汚染を通し、魚や海藻などにも影響が出ている。
これから何が起きようとしているのか。

文部科学省が「年間二〇ミリシーベルト」を撤回しないため、福島の学校等では、
現在も屋外活動が当然のように行なわれている。
これから夏休み。屋外部活などで放射線に曝される子どもたちの健康被害が心配だ。

■9月頃が大変なことになる
 地獄への入り口はすでに開いた
 水口 憲哉
すでにチェルノブイリの比ではないくらいの高濃度汚染が検出された。
しかもそれは序の口、今後もっとひどいことになる──という。

■水産物の汚染度を読み解く
 水産庁のモニタリングデータから
 中地 重晴

水産庁からは水産物のモニタリング結果が日々、公表されている。
このデータからうかがえることとは?

●ストロンチウム魚への不安
 水産庁は検査の継続を

■アバウトすぎる魚の表示
 今、知っておきたい産地表示の落とし穴
 垣田 達哉

魚を選ぶとき、産地に気をつけなければいけないことはわかった。
では、産地表示を見るときのチェックポイントとは?

■メディア一撃 丸山 昇 100億円超の東電債持つNHKが東電を批判できるか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム

編集長後記

 私が政治家や官僚だとしたら政権が移っても、容易に変えられない仕組みを
つくろうと考える誘惑にかられるだろう。憲法学では改正しにくい憲法を
硬性憲法、改正しやすい憲法を軟性憲法と分類する。

 日本国憲法は硬性憲法であるが(そのため憲法改正条項を緩和させたい国会
議員は多い)、このような後戻りが効きづらい硬性な制度・仕組みという
意味である。

 よい意味でそのような仕組みが作れればよいが、日本の政治はほとんど負の
遺産の押しつけ競争である。自民党政権がつくった膨大な借金(麻生政権は
最後に約一五兆円の補正予算をばらまいたし)やダムはそうだし、数万年の
管理を強いる原発は典型的なソレだ。

 このような類は法改正によって無くすことは至難の技である。消費税も
導入したら、じわじわと上がる一方だ。税と社会保障の共通番号制も同様だ。
それを菅政権は今やろうとしている。憲法を変えやすいようにと主張する
政治家は、他法や政策も柔軟に転換が効くような設計をまずは心がけるのが
筋だろう。

(平井康嗣)

(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
最新号目次はこちら
 ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ

★「過労死をなくそう!龍基金」
 第5回中島富雄賞 授賞式
記念講演:佐高 信
「原発文化人の罪を裁く」

日時:8月7日(日)13時~15時(開場12時半)
場所:東京・かつしかシンフォニーヒルズ別館5階レインボー
  (京成線青砥駅5分、葛飾区立石6・33・1)
参加費:無料
問合せ:03-3604-1294(主催事務局)
主催:過労死をなくそう!龍基金
協賛:『週刊金曜日』
スポンサーサイト

原発事故による奇形2、急性放射性障害

山梨のさくらんぼ狩りにいったらさくらんぼの実の半数が奇形だった(週刊金曜2011.7.22 P62投書

福島県 いわき市 奇形の花 2011.521youtubeアップロード
 
東京電力福島原発事故後に産まれた耳なし子うさぎ
福島県内で連日に渡り、鼻血を傷病する子供が急増2011.5.28アップロード

【意見映像】福島の小学生が急性放射線障害で死亡した?
インターネット上に「福島から避難した小学5年生が被曝で死亡」という情報流れる / デマとの声も

インターネット上に「福島から避難した小学5年生が被曝で死亡」という情報流れ、大きな問題となっている。この情報は原発関係のブログ『脱原発の日』に書かれていた情報がもととなっており、多くの国民が驚きを隠せずにいる。

そのブログには「福島から避難した静岡の病院で小学5年生が亡くなりました」というタイトルで記事が書かれており、その内容があまりにも衝撃的だったため、読んだ人たちが衝撃を受けている。いま現在はブログ記事が削除されているが、そこに書かれていた記事の内容は以下のとおり。
 
・福島から避難した静岡の病院で小学5年生が亡くなりました
私の子供と同じ小学校に、いわき市から避難してきた子の親からの情報です。今まで、福島原発の水素爆発による被曝で、亡くなった方が沢山いるのに、全く公表されていない、パニックにならないよう配慮されているとか、因果関係を調査中であるとか、言われるそうです。その方の友人のお子さんは、小学校5年生で、被曝当時は福島県久ノ浜にいたそうですが、静岡県の病院で亡くなったそうです(鼻出血など放射線障害の急性期症状で)。母親があまりにもショック状態で、病院名や経過など、詳しくはとても聞けなかったそうですが、その静岡の病院には他にも同じ症状の子が沢山いたそうです。 (引用ここまで)

参照元
脱原発の日原発から

以下、約10kmの「浪江町」に残る人物が2ちゃんねるに降臨 「起きたら鼻血で血まみれ」より引用
名無しさん@涙目です。(チベット自治区):2011/04/03(日) 01:27:28.61 ID:wyDsJyx10
浪江町は、放射能の影響を受ける可能性がある地域として避難指示が出ている20~30キロ圏内にあり、そこで生活しているとなれば非常に心配である。以下は、この人物が2ちゃんねるに書き込みをした、浪江町での生活の一部始終である。

・自称 浪江町に残っている人物の書き込み
「ずっとダッシュ村のある浪江にいますよ。最近酷い頭痛と起きたら鼻血で血まみれになりました。中々死なないもんですね…。食事はお米だけ。バイクで検問回避して食料確保してる。貯金は350万ほど、あと5月から失業者だから失業保険でしばらく暮らす。貯金が底つくのが先か、俺の身体が動かなくなるのが先か…」
「ドコモとauは死んでる。こいつのおかげでいままで生きてる。iPhoneマジ神アイテム」
「元々結婚するつもりも無いので、このまま消えるさ。東電は憎いね。やっと手に入れた自由を踏みにじられた。仕事も起動に乗ってたのにさ! やられたよ」
「お風呂は川の水沸かして、お米は給水のタンクの水で炊いてる。飲み水はジュース買って飲んでる」
「まあ、死ぬ気です。浪江の空気ヤバいよw ジョギングしたら気を失うレベル」
「避難も考えたけど、家を失ってまで生きる気力が無いので…自分の人生さ好きにしていいだろ? 悲しむ人間もいないさ」
「そういや、お母さん生きてたわ」
「泥棒いるねー。不審なトラックいっぱい来てる」
「住所は死ぬ前に晒すよ。まだ会社の契約残ってるから迷惑かかるので。とにかく頭が痛い。おでこの中あたり?」
「ごめん会社とTwitterでは普通に避難した事にしてる」(引用ここまで)

……と、浪江町での生活を書き込みしている。本当にこの人物が浪江町で生活を続けているのかどうか不明だが、他のインターネットユーザーらはこの人物の健康を心配している。安全といわれている地域まで避難してほしいものだが……。
http://rocketnews24.com/?p=84812

http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1411.htmlより以下引用。
163:pw126214190190.40.tik.panda-world.ne.jp(catv?):2011/04/03(日) 10:41:29.72 ID:XfPmQC3I0
やあ、まだダッシュ村のある浪江にいますよ
ニュースになってて笑ったわ
お前らが嘘だと騒いでも
俺がここにいる事実は変わらないけどね
いうほど酷い環境では無いぞ?

昨日町内の水道が復活してたから水が豊富に使えるぜ
最近は泥棒もひと段落ついたのか不審なトラックは少なくなった
けど、ある会社から色々持ち出してる業者のトラックは沢山来てるね

171:pw126214190190.40.tik.panda-world.ne.jp(catv?):2011/04/03(日) 10:49:30.27 ID:XfPmQC3I0
>>166
峠こえたのか鼻血はでなくなった
鼻血出たのは請戸に行った夜だね
海側はヤバいかも

179:pw126214190190.40.tik.panda-world.ne.jp(catv?):2011/04/03(日) 10:54:55.59 ID:XfPmQC3I0
>>173
ああ、マルチビタミンとチョコラBB飲んでるわ
水が手に入ったから具無しカレーばっかり食べてる

184:pw126214190190.40.tik.panda-world.ne.jp(catv?):2011/04/03(日) 11:02:23.30 ID:XfPmQC3I0
>>178
避難所だと電気自由に使えないし
スカパー無いじゃん
それ以前にスクリーニングに引っかかって保健所連れて行かれるわ

203:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/04/03(日) 11:27:06.78 ID:qcwvGc8M0
ジョギングしてたら気を失うってどう言うこと?
放射線ってそういう感じで影響を感じられるの?

210:pw126214190190.40.tik.panda-world.ne.jp(catv?):2011/04/03(日) 11:32:38.48 ID:XfPmQC3I0
>>203
空気が違うね
どう表現していいかわからないけど
匂いあるね
ジョギングする人間なんだけど
肉体の充実感がなく疲れる
俺の体力が低下してるからなのかもしれないけど

582:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/04/03(日) 12:44:19.11 ID:1v0bNNxf0
放射能って匂いあんの?w

598:pw126232092075.18.tss.panda-world.ne.jp(catv?):2011/04/03(日) 12:46:12.80 ID:n7PCCirai
匂いあるね
あきらかに自然の物ではない化学物質的な匂いする


双葉病院の2,3次避難者の231人中避難死45人(死亡率20%)は急性放射能障害によるものではないのか?
毎日新聞 2011年4月26日 東京朝刊より以下引用

東日本大震災:苦渋の90人放置 患者440人、避難死45人--福島・双葉病院
◇4キロ先の原発、水素爆発 職員に警官「逃げるしか」
 東京電力福島第1原発の南西約4キロにある双葉病院(福島県大熊町)の患者らが、原発事故を受けた避難中や避難後に死亡した問題で、死者は患者ら約440人中約45人に上る見通しであることが分かった。県は病院に一時90人が放置された点などを調査しているが、災害で医療機関や施設の患者ら全員の緊急避難が困難になる事態は国も想定しておらず、今後も同様の問題が起きる恐れがある。避難の経緯で何があったのか。【藤田剛、茶谷亮、蓬田正志】

 ■バス6時間

 県などによると、同病院には東日本大震災発生当時、約340人の入院患者がおり、近くにある系列の介護老人保健施設にも約100人の入所者がいた。津波などの被害はなかったが、電気や水道は使えなくなった。

 震災翌日の3月12日、原発の10キロ圏内に避難指示が出された。病院と施設の自力歩行できる患者ら209人と多くの職員が避難したが、寝たきりの患者らはできない。鈴木市郎院長によると同日、県へ救助を要請した。

 14日早朝。被ばくの有無を調べるスクリーニング検査の会場となっている福島県南相馬市の保健福祉事務所に官邸からファクスが届いた。「要救助者リスト」の中に双葉病院の名があった。

 ほどなく、陸上自衛隊が救出した同病院の患者ら約130人がバスで到着。大半が寝たきりや認知症の高齢者で、具合も悪そうだった。同行の病院職員はおらずカルテもない。副所長の笹原賢司医師(45)は不安を覚えつつスクリーニングをした。午後2時、患者らはバスでいわき市の避難所に向かった。

 いわき市までの直線距離は約70キロだが、バスは途中にある原発を避けて大きく迂回(うかい)。いわき光洋高校に着いたのは約6時間後で、田代公啓校長はがくぜんとした。車中で2人が死亡し、他の患者の多くも点滴を外して失禁していた。同校に医療設備はなく、患者の名も分からなかった。

 体育館にシートや畳を敷き、校内の机を担架にして2時間がかりで患者を運び込んだ。同校に応援に来ていた看護師はカーテンを裁断してオムツにした。15日未明、2人が息絶えた。「助けてください」。校長は地元FMで支援を求めた。

 ■3日間絶食

 鈴木院長によると、そのころ病院には患者ら約90人と院長ら病院職員4人、警察官、自衛官が残っていた。原発事故は深刻化し、陸自も救出に来ない。自衛官は原発の爆発後、「戻らなければいけない」と病院を離れたという。15日午前1時ごろには警察官から「逃げるしかない」と言われ、患者を残して隣の川内村に避難。同6時にも爆発音があり、警察官から「戻るのはあきらめた方がいい」と諭されたという。県警幹部の一人は「最初の救出の後、自衛隊がまた来るという話があったので待っていたが、来なかった(から退避した)と聞いている」と話した。

 一方、原発近くのオフサイトセンターでは陸自の幹部が焦っていた。救出担当部隊から「双葉病院にはまだお年寄りがいる」と連絡があったのに、行政の職員は「県警から避難は完了したと聞いている」の一点張りだったからだ。15日午前に病院に行くと、院内各所に寝たきりの患者がおり、異臭に包まれていた。幹部は「少なくとも患者一人一人の名前が分かり、カルテがあれば、もっと救える命があったはず」と話す。

 陸自に救出された約90人は同県伊達市や福島市の避難所に向かったが、その前後に計10人が死亡。福島赤十字病院によると、患者は3日間何も食べられずに脱水症状を起こしていた。

 ■冷え切る体

 いわき光洋高校の患者らはその後、会津地方の病院などを目指した。うち21人が乗ったバスは15日に県立会津総合病院に到着。多くの人の体は冷え切っており、看護師の一人は「危ない人がいる」と叫んだ。同日夜以降、死亡する人が相次ぎ、4月11日までに計6人が亡くなった。

 4人を受け入れた会津若松市内の老健施設でも、当初は看護師が「ばっちゃん、生きてっか」と呼びかけても反応がないほど衰弱していた。1カ月ほどして双葉病院の職員が訪れ、「見捨てたわけではない。連れて行けなかったんです」と原発事故の混乱を口にした。患者の一人は「では、なぜ今まで迎えに来なかった」と怒った。

 ■みとられず

 4月6日、県警は双葉病院で患者4人の遺体を発見した。遺族の佐藤和彦さん(47)=富岡町=は福島署川俣分庁舎の駐車場で父久吾さん(87)の遺体と対面し、「誰にもみとられずに死んでいったのか」と涙が出た。

 父の行方を捜して避難先の東京から連日、避難所などを訪ねていた。署で会った鈴木院長が差し出した死亡診断書は「3月14日午前5時12分死亡、死因は肺がん」。「本当にがんだけが理由か。なぜ、院内に放置したのか」と尋ねたが、「すいません」と言うだけで詳しい説明はなかった。大半の職員が避難した後、父はどんな状況で死んだのか。佐藤さんは「真実が知りたい」と訴える。関係者によると、死者はこのほかにも相次ぎ、計約45人に上るという。

 ■対策の想定外

 国は新潟県中越地震などで高齢者らの逃げ遅れが相次いだことを受け05年、自力で避難できない高齢者ら「災害時要援護者」の避難支援ガイドラインを策定、市町村に要援護者のリストアップや避難支援計画の作成を求めた。大熊町は09年4月に同計画を作った。

 だが、想定しているのは在宅の高齢者や障害者。病院や福祉施設の患者・入所者が一斉に施設外への避難を強いられたケースは異例で、「入院患者や入所者は施設で対応してもらうのが基本」(内閣府)だった。大熊町の担当者も「病院側と連絡が取れず、県や自衛隊とも情報共有できなかった。入院患者は想定外だった」と話す。

 双葉病院の鈴木市郎院長は3月17、21日の取材に「原発の爆発があり、病院に戻れなかった。患者を放置したわけではない」と話した。その後は病院関係者を通じ「内部で調査が終わってから話したい」としている。

==============

 ■双葉病院の避難の経緯■

 <3月11日>

午後2時46分    東日本大震災発生

午後9時23分    原発3キロ圏に避難指示

 <3月12日>

午前5時44分    原発10キロ圏に避難指示

午後2時ごろ     双葉病院の患者ら209人と職員が避難。

           院内に約220人が残る

午後3時36分    1号機で水素爆発

午後6時25分    避難指示が20キロ圏に拡大

 <3月14日>

早朝         自衛隊が双葉病院到着。患者ら約130人を救助。

           院内に約90人が残る

午前11時1分    3号機で水素爆発

 <3月15日>

午前1時ごろ     院長らが避難。

           患者ら約90人は院内に

午前6時       2号機で爆発音。4号機で水素爆発

午前10時~正午ごろ 自衛隊が双葉病院から患者ら約90人を救助

 <4月6日>    県警が病院から患者4人の遺体を収容

週刊金曜日2011.07.22号原発事故との因果関係を否定する布石か,福島県民健康管理調査

110722_856.jpg
  <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >> 2011.07.22
___________________________________________________________『週刊金曜日
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事
放射能汚染に夏休みはない
福島の子どもたちに何が起きているか

■学校ごとでバラバラの対応に振り回される親たち
 福島の子どもたちの避難・疎開を
 冨田 きよむ
文部科学省が「年間二〇ミリシーベルト」を撤回しないため、福島の学校等では、
現在も屋外活動が当然のように行なわれている。
これから夏休み。屋外部活などで放射線に曝される子どもたちの健康被害が心配だ。

■狙いは原発事故との因果関係を否定する布石か
 問題だらけの「福島県民健康管理調査」
 成澤 宗男
かつて、公害病で起きたことが繰り返されようとしている。
御用学者を動員し、国や企業の責任を免罪するパターンだ。
今後県民の健康に何か起きたら、原発事故との因果関係が認められるのか。

■新潟で合同授業をした福島の朝鮮学校
「寂しい?」
「大丈夫、外で遊べるし」
 梁 英 聖

放射能汚染の危険は、みな同じなのだが、朝鮮学校の動向はあまり記事にされない。
校庭で遊ぶ子どもの被曝限度「二〇ミリシーベルト」が問題となっている時、
朝鮮学校では賑やかな合同運動会が実施されていた。

■作られる「わが校は大丈夫」のムード
 国や県教委がダメなら教師がやるしかない
 樫田 秀樹

保護者の次に子どもの近くにいる教師たちは、放射能汚染にどのように向き合って
いるのだろうか。取材を進めると、危険性を指摘しづらい雰囲気が学校全体に
漂っていることがわかった。

■子どもたちを守れ!
 全国の受け入れ先リスト

■政府、文科省、県は何してる?
 疎開が進まない理由
 まさの あつこ

深刻で不可逆的な被害が生じる恐れがあれば、科学的な証拠が十分でないことを、
対策先延ばしの理由にしてはならないと謳ったのは一九九二年のリオ宣言だった。
政府は今、その原則に背を向けている。

◆森ゆうこ 参議院議員インタビュー
甲状腺被曝の測定巡る対応、情けない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム

編集長後記

 関東では七月二一日から、子どもたちは夏休みだ!

 しかし、今年の夏休みは子どもたちにとってまことに不自由である。
外に出て自然のある場所で思いっきり遊びたいだろうが、そういう場所ほど、
放射線量の数値が高いから。

 私の周辺では、待っていましたとばかりに東京を離れて九州の実家に子どもを
連れて帰る母親や、これをタイミングに八月から北海道に移住する家族もいる。
無論、東京電力福島原発事故による放射能汚染を嫌ってのことである。西日本に
住んでいるとぴんとこない人もいるそうだが、それが関東では当たり前のことに
なってしまっている。

 関東でこういう事態なのだから、福島の家族はもっと大変である。
しかし、せっかく難を逃れて移住しても福島から来たということで嫌がらせを
受けたりもしているとも聞く。まったく許し難い話である。自治体や地元メディアは
放射線被曝について正しい情報を十分に伝えていかなければならない。
私も、後知恵講釈にならないよう今やるべきことを考える。

(平井康嗣)

(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告

最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ


★ヴァインさんの話を聞く会
米軍基地--ディエゴガルシアから沖縄まで

講演:デビッド・ヴァイン(アメリカン大学准教授)
*インタビュアー・北村肇(本誌発行人)

日時:7月29日(金)18時半
場所:東京・千代田区 毎日ホール(メトロ竹橋駅・毎日新聞社地下1階)
参加費:500円
問合せ:090-5341-1169(杉山)
賛同団体:イラク自衛隊派兵違憲訴訟全国弁護団連絡会議
      基地はいらない!女たちの全国ネット
      第9条の会・オーバー東京
      許すな!憲法改悪市民連絡会
      横田基地を考える会
      PARC・NPO法人アジア太平洋資料センター
協賛:『週刊金曜日』

===================================================================
広瀬隆が、魂を込めて語った講演録

最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。 
===================================================================

週刊金曜日2011.7.15号原発と電力のウソ、「原発の電気は安いは本当か、東電が隠す真夏の電力

110715_855.jpg <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.07.15
___________________________________________________________『週刊金曜日
          広瀬隆が、魂を込めて語った講演録。    
===================================================================

  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事

原発と電力のウソ

■「原発の電気は安い」は本当か
 熊本 一規

 これだけの大惨事を前にして発想を疑うのだが、“原発推進派” が巻き返しに
躍起になっている。いわく、戦後復興は原発の安い電気のおかげ、原発を再稼働
させないと大停電が起きる……。
大新聞やテレビが報じない原発と電力のウソを特集する。


■足りる? 足りない?
 東電が隠す夏の電力
 西尾 漠

 福島第一原子力発電所の事故収束がままならないなか、東京電力は夏の
電力需給逼迫に鑑み、管内の需要者に対して15%の節電を呼びかけている。
原発が動かないから電力が足りないのか。
東電がひた隠しにする夏の電力を検証する。


●全ての原発が停止しても電力は大丈夫!


■東電社内で消された危険信号
 23年前から予想されていた大津波
 添田 孝史

 東日本大震災と同じような大津波が、約1100年前にも仙台平野を襲っていた
証拠が見つかったのは1988年のことだ。約1000年ごとに3回襲来した痕跡が
地層に残されており、当時から「次」がいつでもおかしくない状況だった。
東京電力は津波の危険性を何度も警告されていたが、黙殺し続けた。
震災後、東電の首脳が「想定外だ、免責だ」と言うのを聞くたびに、この組織が
深く病んでいるのを感じる。


■国際原子力マフィアIAEAの正体
 チェルノブイリのデータはなぜ改竄されるのか
 成澤 宗男

 この国際機関に対し、以前から世界の環境団体のみならず、医師や科学者からも
多くの批判が出ているのはなぜか。
その役割が、核についての真実を隠蔽することにあるからだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム

編集長後記

 今週号では原発の料金の話や電力供給量の話をあらためて記事にしました。
ただ、だから原発はいらないということを主張する企画でもありません。

 おやっと思うかもしれませんがこの点重要です。高い・足りないということを
争点にすることは原子力による電力が安ければヨイ、供給量が不足していたら
原子力がやっぱりヒツヨウ、という間違った議論におちいるからです。

 原子力は、ウラン採掘から原発の運転まで、被曝労働を必要条件とする
差別の是認によって成立しています。ですから、これだけでまず賛成することは
できない代物です。
 
 さらに、管理を何世代もの人に負わせる放射性廃棄物を生み出す。
維持管理のコストを考えない作ったもの勝ちのハコモノ的構造があるわけです。
いや、ハコモノより悪質です。放射性廃棄物は放置しておけません。
この原発という永久金喰い装置を考えた政治家、電力、電機はなんとウマイ
もうけ口を考えたと自画自賛したことでしょう。いよいよその責任をとらせ
なければいけません。

(平井康嗣)


(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
最新号目次はこちら
 ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ

★<斎藤貴男 講演討論集会>
3・11以後--
私たちはいかに生きるのか

日時:7月17日(日)14時~17時(開場13:45)
場所:東京北区・赤羽会館4F大ホール 
(JR赤羽駅東口5分、赤羽南1・13・1)
参加費:700円
問合せ:03-5377-5885(主催者)
主催:第9条の会・オーバー東京
協賛:『週刊金曜日』

★<緊急シンポジウム>
原発とマスメディア

出演:鎌田慧/香山リカ/金平茂紀/河合弘之
   鈴木邦男/森達也/綿井健陽

日時:7月19日(火)18時45分~21時(開場18:20)
場所:東京・四谷区民ホール(メトロ新宿御苑前駅3分)
参加費:1000円
問合せ:03-3225-1413(創出版)
主催:月刊『創』編集部
協賛:『週刊金曜日』


原発推進派議員、福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去。菅降ろしに原発の影

○谷垣 禎一    
原子力委員会委員長 1997年9月11日
平成12年 原子燃料サイクル特別 委員会委員長 
http://www.tanigaki-s.net/profile/index.php
歴代の原子力委員会委員長
原子力委員会委員長(総理府)
1 正力松太郎 第3次鳩山内閣 1956年1月1日 - 1956年12月23日 北海道開発庁長官
科学技術庁長官(1956年5月19日以降)
- (欠員) 石橋内閣 1956年12月23日
2 宇田耕一 石橋内閣 1956年12月23日 - 1957年2月25日 経済企画庁長官
3 第1次岸内閣 1957年2月25日 - 1957年7月10日 経済企画庁長官
4 正力松太郎 第1次岸内閣 1957年7月10日 - 1958年6月12日 国家公安委員会委員長
5 三木武夫 第2次岸内閣 1958年6月12日 - 1958年12月31日 経済企画庁長官
- (欠員) 第2次岸内閣 1958年12月31日 - 1959年1月12日
6 高碕達之助 第2次岸内閣 1959年1月12日 - 1959年6月18日 通商産業大臣
7 中曽根康弘 第2次岸内閣 1959年6月18日 - 1960年7月19日
8 荒木萬壽夫 第1次池田内閣 1960年7月19日 - 1960年12月8日 文部大臣
9 池田正之輔 第2次池田内閣 1960年12月8日 - 1961年7月18日
10 三木武夫 第2次池田内閣 1961年7月18日 - 1962年7月18日
11 近藤鶴代 第2次池田内閣 1962年7月18日 - 1963年7月18日
12 佐藤榮作 第2次池田内閣 1963年7月18日 - 1963年12月9日 北海道開発庁長官
13 第3次池田内閣 1963年12月9日 - 1964年6月29日 北海道開発庁長官
- (欠員) 第3次池田内閣 1964年6月29日 - 1964年7月18日
14 愛知揆一 第3次池田内閣 1964年7月18日 - 1964年11月9日 文部大臣
15 第1次佐藤内閣 1964年11月9日 - 1965年6月3日 文部大臣
16 上原正吉 第1次佐藤内閣 1965年6月3日 - 1966年8月1日
17 有田喜一 第1次佐藤内閣 1966年8月1日 - 1966年12月3日 文部大臣
18 二階堂進 第1次佐藤内閣 1966年12月3日 - 1967年2月17日 北海道開発庁長官
19 第2次佐藤内閣 1967年2月17日 - 1967年11月25日 北海道開発庁長官
20 鍋島直紹 第2次佐藤内閣 1967年11月25日 - 1968年11月30日
21 木内四郎 第2次佐藤内閣 1968年11月30日 - 1970年1月14日
22 西田信一 第3次佐藤内閣 1970年1月14日 - 1971年7月5日 北海道開発庁長官
23 平泉渉 第3次佐藤内閣 1971年7月5日 - 1971年11月16日
24 木内四郎 第3次佐藤内閣 1971年11月16日 - 1972年7月7日
25 中曽根康弘 第1次田中角榮内閣 1972年7月7日 - 1972年12月22日 通商産業大臣
26 前田佳都男 第2次田中角榮内閣 1972年12月22日 - 1973年11月25日
27 森山欽司 第2次田中角榮内閣 1973年11月25日 - 1974年11月11日
28 足立篤郎 第2次田中角榮内閣 1974年11月11日 - 1974年12月9日
29 佐々木義武 三木内閣 1974年12月9日 - 1976年9月15日
30 前田正男 三木内閣 1976年9月15日 - 1976年12月24日
31 宇野宗佑 福田赳夫内閣 1976年12月24日 - 1977年11月28日
32 熊谷太三郎 福田赳夫内閣 1977年11月28日 - 1978年12月7日
33 金子岩三 第1次大平内閣 1978年12月7日 - 1979年11月9日
34 長田裕二 第2次大平内閣 1979年11月9日 - 1980年7月17日
35 中川一郎 鈴木善幸内閣 1980年7月17日 - 1982年11月27日
36 安田隆明 第1次中曽根内閣 1982年11月27日 - 1983年12月27日
37 岩動道行 第2次中曽根内閣 1983年12月27日 - 1984年11月1日
38 竹内黎一 第2次中曽根内閣 1984年11月1日 - 1985年12月28日
39 河野洋平 第2次中曽根内閣 1985年12月28日 - 1986年7月22日
40 三ッ林弥太郎 第3次中曽根内閣 1986年7月22日 - 1987年11月6日
41 伊藤宗一郎 竹下内閣 1987年11月6日 - 1988年12月27日
42 宮崎茂一 竹下内閣 1988年12月27日 - 1989年6月3日
43 中村喜四郎 宇野内閣 1989年6月3日 - 1989年8月10日
44 斎藤栄三郎 第1次海部内閣 1989年8月10日 - 1990年2月28日
45 大島友治 第2次海部内閣 1990年2月28日 - 1990年12月29日
46 山東昭子 第2次海部内閣 1990年12月29日 - 1991年11月5日
47 谷川寛三 宮澤内閣 1991年11月5日 - 1992年12月12日
48 中島衛 宮澤内閣 1992年12月12日 - 1993年6月18日
- (欠員) 宮澤内閣 1993年6月18日 - 1993年6月21日
49 渡辺省一 宮澤内閣 1993年6月21日 - 1993年8月9日
50 江田五月 細川内閣 1993年8月9日 - 1994年4月28日
- (欠員) 羽田内閣 1994年4月28日
51 近江巳記夫 羽田内閣 1994年4月28日 - 1994年6月30日
52 田中眞紀子 村山内閣 1994年6月30日 - 1995年8月8日
53 浦野烋興 村山内閣 1995年8月8日 - 1996年1月11日
54 中川秀直 第1次橋本内閣 1996年1月11日 - 1996年11月7日
55 近岡理一郎 第2次橋本内閣 1996年11月7日 - 1997年9月11日 1997年1月20日から2月10日まで病気療養
56 谷垣禎一 第2次橋本内閣 1997年9月11日 - 1998年7月30日
57 竹山裕 小渕内閣 1998年7月30日 - 1999年1月14日
58 有馬朗人 小渕内閣 1999年1月14日 - 1999年10月5日 文部大臣
59 中曽根弘文 小渕内閣 1999年10月5日 - 2000年4月5日 文部大臣
60 中曽根弘文 第1次森内閣 2000年4月5日 - 2000年7月4日 文部大臣
61 大島理森 第2次森内閣 2000年7月4日 - 2000年12月5日 文部大臣
62 町村信孝 第2次森内閣 2000年12月5日 - 2001年1月5日 文部大臣
原子力委員会委員長(内閣府)
1 藤家洋一 - 2001年1月6日 - 2004年1月5日
2 近藤駿介 - 2004年1月6日 - 2007年1月5日 東京大学名誉教授
3 - 2007年1月6日 -

○【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた
2011年6月2日の会見
https://www.youtube.com/watch?v=h-CqJEuYIcg8年前の自民が ECCS(非常時炉心冷却装置)を恣意的に取り外し原子炉が爆発した。
その証拠が 平成15年の原子力安全委員会の第10回議事録に残っていた。
小泉内閣当時、大島が農水、石原が行革担当、石破が防衛、谷垣が財務大臣と今の自民は知っていて隠している
TV、新聞で見たことないが何ゆえ?
これは大問題ではないか、自民党が福島原発大事故を起こした下手人ではないか、なぜ、マスゴミは騒がないのか。原発推進派とグルではないか!!

以下、自民党による原発推進 歴史資料館 1Fより。

電力業界は資金と選挙で自民党を支援。
電力各社でつくる電気事業連合会(電事連)は80年代前半から
11年間で約65億円を党機関紙の広告費として自民党に支払った。

電事連・電力関連法人がマスコミにばらまく広告費2000億円
たとえば一法人NUMOだけで年間広報活動費45億500万円
http://www.numo.or.jp/about_numo/outline/jigyoukeikaku_yosansho/yosansho/image/2011_img_01.gif

プルサーマル 東北の候補者に聞く 自民全員が推進
2009/08/27 06:10 【河北新報】
衆院選の東北25選挙区の立候補者95人に実施したアンケート(全員が回答)で、
プルサーマル計画の是非について聞いた。
自民党の公認候補候補は全員が実施に賛成した。
民主党の公認候補は賛否が分かれた。
共産、社民両党の公認候補は全員が反対した。

青森県 津島雄二 江渡聡徳 大島理森 木村太郎
岩手県 鈴木俊一
宮城県 土井亨 秋葉賢也 西村明宏 伊藤信太郎 小野寺五典
秋田県 御法川信英
山形県 遠藤利明 遠藤武彦 加藤紘一
福島県 亀岡偉民 根本匠 吉野正芳
比例 坂本剛二 中野正志 佐藤剛男 玉沢徳一郎 二田孝治 渡部篤 金田勝年

以上自民党東北候補者(全員プルサーマル推進)

○地下式原子力発電所政策推進議員連盟 - Wikipedia
会長
平沼赳夫(たちあがれ日本)
顧問
谷垣禎一(自民党)
安倍晋三(自民党)
山本有二(自民党)
森喜朗(自民党)
鳩山由紀夫(民主党)
渡部恒三(民主党)
羽田孜(民主党)
石井一(民主党)
亀井静香(国民新党)
事務局長
山本拓(自民党)

○東京新聞6月3日
 与野党に「電力人脈」、菅降ろしに原発の影
http://nemoji.blog.ocn.ne.jp/ashita/2011/06/63_c101.htmlより引用(記事も)
tokyo001.jpgtokyo002_2.jpg
 金子勝氏:「財界中枢の東電、これにベッタリの経済産業省、長年政権を担当してきた自公という旧態依然とした権力が起こした大惨事だ」。
当然自公両党にも大きな責任があるが、「菅政権の不手際」に問題を矮小化しようとする意図が見える。
金子氏:「菅首相は自公や財界が一番手を突っ込まれたくないところに手を突っ込んだ。自公は事故の原因が自分たちにあることが明らかになってしまうと焦った。それを(電力会社との縁が深い)小沢氏があおったのではないか。」・・『菅政権の不手際』で“収束”させるシナリオが進行している。

○菅首相攻撃のウラに原発の影があるのか(週刊金曜日2011年6月10日号 貧困なる精神 本多勝一さん)
s-img040.jpg石原伸晃は「日本の電力の3割が原発によって賄われているのに・・原発を止めた」と攻撃し、菅降ろし作戦の「最大の理由の1つが原発問題にあることを“告白”した。」

「地下原発は菅降ろし?」東京新聞 6月10日

○負の遺産。自民党の原発推進議員に渡った東電からの“隠れ献金”
http://wjn.jp/article/detail/9247859/より引用。
「東電が、長らく自民党の票田だったことは知られているが、永田町では同社の隠れ献金がクローズアップされ始めたのです。電力会社は企業献金を自粛しているが、『関西消費者団体連絡懇談会』という市民団体の発表によれば、'06年~'08年の間に東電の役員たちは、毎年、自民党の政治資金団体『国民政治協会』に個人献金をしていたのです。これが事実上の企業献金だと話題になっているのです」
 実際、この献金の悪質さは目を見張るほどだ。
 というのも、指摘される役員らの献金額は会長と社長が30万円、副社長が24万円、常務12万円、執行役員が7万円と職位ごとに差がつけられており、申し合わせがあったことは確実。巧妙な“企業団体献金”だったことが指摘されているのである。
 もっとも、こうした隠れ献金は、東電に限ったことではないとの指摘もある。
 実は前出の市民団体の調査によれば、同期間には国内の電力会社9社の役員が自民党に同様の個人献金を行っており、その総額は1億2300万円にも上っているのだ。
 ただし、その中でも東電の悪質さは「群を抜いている」とも評判なのだ。
 「突出した献金額を誇った東電は、過去にも様々な原発データを改ざんしていたのです。その不正は'07年までで233件が報告されている。要は、自民党と官僚が手心を加えてきたことは明らかで、今回の原発事故も起こるべくして起こったと言える状況なのです」(同)
 これが事実なら、原発事故はまさに「人災」。東電、自民党はどう弁明するのか。

---
いまやマスコミで頼りは東京新聞とTBSの報道特集かな、ガンバレ。原発を推進した正力の読売新聞など絶対購読してはだめだな。アメリカの洗脳新聞だ。

原発事故による放射線被曝、奇形ーチェルノブイリ、東海村JCO、佐賀古川知事も九電の子飼か

原発事故による被曝の実態を具体的にもっと特集してほしい。DAYS JAPAN、週刊金曜日さんよろしく。

1.以下チェルノブイリで、いま何が起きているか 青峰社(古本で購入)より引用。
甲状腺腫大量発生、作業兵士ー3年間絶対に子供をつくってはいけないと宣告、歯が22本抜けるなどあり2年後休止、心筋梗塞、動脈炎。病気のこどもー貧血、白血球減少、免疫抵抗の減少、出血障害,白内障増加、骨の障害。s-s-img037.jpg ←放射能の影響で眼がつぶれた豚、8本脚で生まれた子馬
s-s-img038.jpg片腕のない赤ちゃん、目のない子供
s-s-img039.jpgチェルノブイリを中心にすると九州より遠いドイツでも自家農園の野菜はみな捨てたとどこかで読んだ。
東京など市川定夫さんが研究のムラサキツユクサで放射線の監視をしたほうがよいのではないか。

2.JCO東海村臨海事故の被曝者死亡の写真被爆したJCO労働者・篠原理人さん(40歳)の治療経過の写真より引用

e0341185.jpg
東海村JCO臨界事故被曝者の姿 より引用

toukaimura3thumb180x11659041.jpg
toukaimura2thumb180x19559021.jpg放射線を浴びるとどんな症状になるか
強い放射線を浴びても、細胞はほとんど死なない
ただ、細胞分裂ができなくなるので、再生できなくなる
だから一定期間後(今ある細胞が寿命を迎えて死んだ時)に症状が表れ始める

具体的に言うと
腸の粘膜細胞が全部剥がれるので、栄養吸収できなくなってとんでもない下痢になる
皮膚が全部垢になって剥がれおちて、下の生肉がむき出しになる(大火傷と同じ症状)
血球を作る骨髄細胞が消滅して、免疫がなくなる(エイズと同じ症状)
・・・などなど

脳みそや神経の細胞はずっと生き続けるため、意識・感覚はそのまま
死ぬまで生き地獄が続く
---
以下被爆したJCO労働者・篠原理人さん(40歳)の治療経過の写真より以下引用

原爆と同じ東海村臨海事故

9月30日臨界事故で顔や両腕に10シーベルトの中性子を浴びて被爆。
10月10日外相はないが紅斑、おうと、下痢、意識障害などが現れる。

11月10日皮膚が次々剥がれ落ち70%が
被爆したJCO労働者・篠原理人さん(40歳)の治療経過の写真

12月20日両前腕部にも皮膚移植を行う
1月4日 顔面にも皮膚移植が行われたがDNAの損傷で皮膚再生能力は失われていた。


1 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/03(水) 19:14:26 ID:dU3sRYcY
あまり語られないこの事件について語ろうか・・・

2 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/03(水) 19:17:25 ID:dU3sRYcY
東海村JCO臨界事故(とうかいむらジェイシーオーりんかいじこ)は、1999年9月30日、茨城県那珂郡東海村でJCO(株式会社ジェー・シー・オー)(住友金属鉱山の子会社)の核燃料加工施設が起こした臨界事故。初めて被曝による死者2名を出した日本最悪の原子力事故である。

1999年9月30日、JCOの核燃料加工施設内で核燃料サイクル開発機構の高速増殖実験炉「常陽」向けの燃料加工の工程中に、ウラン溶液が臨界状態に達し核分裂連鎖反応が発生。約20時間持続した。至近距離で致死量の中性子線を浴びた作業員3人中、2人が死亡した。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/03(水) 19:19:18 ID:dU3sRYcY
事故は、製品であるウラン溶液(硝酸ウラニル)を均質化する工程で発生した。溶液は本来、中性子が外に抜けやすいよう細長く作られた(形状制限された)「貯塔」で均質化を行う事になっていた。しかし、「沈殿槽」と呼ばれる、ずんぐりした形状で周囲を冷却水のジャケットに包まれた装置を使用したために、中性子が容器内部に過剰に保存され、臨界状態に至った。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/03(水) 19:21:39 ID:dU3sRYcY
国際原子力事象評価尺度はレベル4。周辺の多数の住民が緊急避難を強いられた。テレビでは当時の内閣総理大臣・小渕恵三が国民に向かって外出しないようにと呼びかけた。現地では事故現場から半径350m以内の住民約40世帯への避難要請、500m以内の住民への避難勧告、10km以内の住民への屋内退避/換気装置停止呼びかけ、現場周辺の県道、国道の閉鎖、JR東日本の常磐線水戸 - 日立間、水郡線.水戸-常陸大子・常陸太田間の運転見合わせ、常磐自動車道東海パーキングエリアの閉鎖、陸上自衛隊への災害派遣要請といった措置がとられた。(以上の措置は全て日本で初めて)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/03(水) 19:26:03 ID:dU3sRYcY
この事故では3名の作業員が推定1シーベルト以上の多量の放射線を浴びた。彼ら3名の被曝者はヘリコプターで放射線医学総合研究所(以下放医研)へ搬送された後、2名は造血細胞の移植の関係から東大病院などに転院され、集中治療がなされたが、17シーベルトの被曝をした作業員(O氏・放医研→東大病院)事故後83日後の12月21日に死亡、また10シーベルトの被曝をした作業員(S氏・放医研→東京大学医科学研究所付属病院→東大病院)も
事故後211日後の翌年4月27日に死亡した。死因は何れも、放射線被曝による多臓器不全である。短時間に全身への8シーベルト以上の被曝をした場合には、ほとんど手の施しようがないのが現状である。特に国内では、このような大量の放射線被爆をした患者の治療自体が初めてで、治療に当たった医師団も毎日のように発生する新しい症状に、試行錯誤をしながらの治療であったと言われる。また、最高線量の被爆をした作業員の場合は、細胞の遺伝子が強力な放射線によってズタズタになっていて、細胞の再生が不可能だったとも言われている。
推定1~4.5シーベルトの被曝をした作業員(Y氏・転院なし)は、
一時白血球数がゼロになったが、
その後回復し、12月20日に放医研を退院した。

↓O氏の臨床記録
http://www.mext.go.jp/a_menu/kagaku/shisaku/jco/tokaihib.htm6 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/04(木) 09:20:41 ID:h7dqm6jc
日本人より外国のほうがこの事件を記憶していたりしてな

7 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/10/04(木) 14:03:15 ID:???
青い光を見た

8 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/04(木) 14:59:09 ID:ArcOFst2
壁越しとはいえ臨界の光を見て生き残った人がいるのが信じられない

9 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/04(木) 17:17:55 ID:/MWcp0p2
被曝した人は亡くなるまで意識あったらしいね

10 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/04(木) 18:06:21 ID:h7dqm6jc
>>9
正確にはO氏被曝から59日目に心停止を起こす時までな
心停止で脳に酸素がいかなくなり脳死になったと推定される

F氏は全身の皮膚がはがれ移植した皮膚がカチカチに硬直して
目が開けられなくなった状態でも意識があったらしい
亡くなる一週間まえまでな・・・

11 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/05(金) 13:08:23 ID:uBnQEP9B
死んだ人に注目が集まっているが住人で被曝した人の中にはDNA損傷した人もいるんだよなww
楽して仕事をしようとしたツケは余りにも大きかったw
12 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/05(金) 16:15:19 ID:HOLDFKtf
確か中日がリーグ優勝決めた日だったな
13 :名無しさん@お腹いっぱい。[]:2007/10/07(日) 07:27:44 ID:Y4r06VO1
で、地元民の損害賠償はどうなっている??

45 :名無しさん@お腹いっぱい。[sage]:2007/11/17(土) 19:53:00 ID:???
「資料」として生かされてたんだろうなぁ
電気ショックしてまで蘇生させて(引用終わり)
---
こんな犠牲者を原発労働者、地域住民に出してもまだ原発稼動再開だの、地下原発研究など始めるのだろうか、
いかに原発が政治家にもうかるかだな。
菅さんを擁護はしないが政治家、マスコミを含めて菅さんをたたく輩(自民、NHKほか民放各局)はいかに電力会社側かがよくわかるので政治家は特に今度の選挙で落とそう。イタリアの脱原発をヒステリーなど暴言した石原伸晃など絶対愛落とそうよ。国内に原発を誘致した政治家にも退場願おう。福島誘致したのは渡部恒三。全国の原発を誘致した政治家もリストアップしてくれないかな。原発は自民旧田中派の牙城だったとか。推進派の自民の清和会やもう旧田中派、公明党の政治家には投票しないこと。土建屋に強いならフランスアレバ社や米の会社を儲けさせないで廃炉の方法を考えてくれよ!!。作業ロボットも国内製があるよ。サルコジは儲かるとこには嫌いな日本でも来るからな、1日で帰るけど・・。

原発を事故後初めて稼動させる佐賀の古川知事は九州電力から個人献金">古川知事は九州電力から個人献金を受けていた。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1982770.article.html九州電力の副社長や佐賀支店長、九電玄海原発(東松浦郡玄海町)所長ら幹部が、古川康佐賀県知事に対し、2006~09年の4年間で計42万円の個人献金をしていたことが9日分かった。献金額は同社の役職に応じて差があり、異動後も後任者が同額を引き継いでいた。
 古川知事の政治資金管理団体「康友会」と政治団体「古川康後援会」の政治資金収支報告書などによると、佐賀支店長や玄海原発所長ら7人から献金1 件を受けた。元佐賀支店長の現副社長は取締役時代を含め07~09年に年5万円ずつ、歴代の佐賀支店長と同所長は各年3万円、玄海原発第二所長は06、07年に年1万5千円を献金していた。
 幹部の個人献金について、九電側は「個人の意思で行っているものであり、会社としては関知していない」と説明している。古川康事務所の鶴丸岩男所長は「名前を見れば九電の人とは分かるが、個人の意思、判断に基づき寄付されており、企業献金という認識はない。政治資金規正法上、問題はないと思っている」と話している。
ーー
古川知事の父は元九電の玄海原発電力PRセンターの所長だって、なんだかなあ。

週刊金曜日2011.7.8号-火山学者が警告する「放射能汚染」MAP

110708_854 <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >> 2011.07.08
週刊金曜日
 広瀬隆さんの講演録が出来ました!
最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。
【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事
放射性物質はどこへ落ちた

福島第一原子力発電所の事故から三ヶ月経った。見えない放射能への不安……。
爆発によって大量に飛散した放射性物質はどこに行ったのか。六月中旬に
福島県内を中心に五二〇カ所の放射線量を独自調査した環境総合研究所の
青山貞一さんによる詳細な調査から見えてきた事実とは。

■速報! 五二〇カ所放射線量測定調査結果
青山貞一

■火山学者が警告する「放射能汚染」MAP
早川由紀夫
現在、日本国内で放射能汚染はどのように広がっているのだろうか。
火山学専門の学者が、「噴火によって吐き出される火山灰の分布」の研究を応用して
作成した、衝撃的な「放射能汚染地図」を本人の解説とともに掲載する。

◆放射能雲はこのように頭上を通過した!

■クリストファー・バズビー氏インタビュー
米国まで広がったプルトニウム
太平洋のグアムやハワイのみならず、米国西海岸まで猛毒のプルトニウムが
観測された。では日本では、どこまで事態は深刻なのか。

■いつか戻れる日がくるのか
忘れられた街・福島県浪江町
冨田 きよむ

「DASH村」(日本テレビ)の移転などで一時メディアをにぎわしたものの、
「警戒区域」設定後はマスコミも入らず、人影が消えた街、福島県浪江町。
そこには「計画的避難区域」指定後もとどまる人や、避難後も帰郷を願い福島に
通う人たちの姿があった。

■「人生の半分諦めました」作業員たちの悲痛な声
東電「工程表」優先で安全は二の次
大杉 泰
福島第一原発の事故処理に当たる作業員は二五〇〇人余(六月二一日段階)。
東電社員は一割余で、大半が協力会社および下請け・孫請けの作業員たちだ。
彼らの声は東電の非情な管理体制を告発する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム
編集長後記
 最近は、それぞれの自治体が独自に放射線量を調べていて、私の住む千葉県の
ある市も市内約一三〇カ所の計測結果を発表している。それを見ると、私の
住んでいる町は自分で測った0・25マイクロシーベルト程度とほぼ同じ結果だった。
 高い数字を出したのは木に囲まれた公園や人工芝を使った陸上競技場など、
私がロードワークなどで好んで訪れている場所だった。このような場所は、
子どももよく遊びにくるが、0・44マイクロシーベルトなどとけっこうな数値が
出ており、まことに残念に思う。横浜市港湾部の工場地帯周辺に住んでいたときは
三年で喘息を発症し、環境のよいところで暮らそうと思って引っ越してきたのに
このざまだ。放射性物質と暮らす日々はしばらく続くがどうしようか。

 東京電力に白紙委任し、株主総会で原発推進に賛成した大株主の生命保険会社
(リスクにもっとも敏感な職業であるはずなのに!)は、放射線量の多い地域に
暮らす人を生命保険や医療保険、がん保険の加入などで区別したら許さないぞ。 
(平井康嗣)
(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告
最新号目次はこちら↓
 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ
★<斎藤貴男 講演討論集会>
3・11以後--
私たちはいかに生きるのか

日時:7月17日(日)14時~17時(開場13:45)
場所:東京北区・赤羽会館4F大ホール 
(JR赤羽駅東口5分、赤羽南1・13・1)
参加費:700円
問合せ:03-5377-5885(主催者)
主催:第9条の会・オーバー東京
協賛:『週刊金曜日』

★<緊急シンポジウム>
原発とマスメディア

出演:鎌田慧/香山リカ/金平茂紀/河合弘之
   鈴木邦男/森達也/綿井健陽

日時:7月19日(火)18時45分~21時(開場18:20)
場所:東京・四谷区民ホール(メトロ新宿御苑前駅3分)
参加費:1000円
問合せ:03-3225-1413(創出版)
主催:月刊『創』編集部
協賛:『週刊金曜日』



週刊金曜日2011.7.1号 世界は原発を止められる

110701_853<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>   2011.07.01
___________________________________________________________『週刊金曜日
          広瀬隆さんの講演録が出来ました!    
===================================================================
  最大25,920円お得!! 定期購読をご利用ください。  
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】今週号目次と次号予告
 【4】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】注目の記事

世界は原発を止められる
史上最大規模となったフクシマの原発事故は、全世界を激震させた。
原発の真の恐怖を知らされた人々は、急速に脱原発へ向かい始めている。
各国での動きを追いながら、新たな時代の可能性を探る。

■France 原子力帝国とアレバの黄昏
世界一の原発依存国が直面する試練
成澤 宗男

長らく原発大国の名を欲しいままにしていたフランスでは、
世論が初めて原発からの脱却を求め、歴史的な変化のうねりが始まっている。
同時に巨大さを誇った世界有数の原子力関連企業も、経営が揺らぎ始めた。

◆Italy 国民投票で「原発よ、さようなら」


■U.S.A. 原発大国米国の方針に懸念の声も
オバマは、国内でも新興国でも原発を推進
村上 朝子

3・11まで、世界では新興国を中心に、「原子力ルネサンス」と呼ばれるほど、
原子力需要が大幅に拡大する見通しで、その牽引役が米国だった。
福島第一原発の事故は、原発大国の方針を変えるのか。


■福島原発事故に不安募るアジア諸国
伸張する推進勢力へのブレーキ、市民の動向が鍵

東電福島第一原発の事故を受けて、とりわけ日本に近い東アジア諸国では
原発政策にどのような影響があったのだろうか。
政治のあり方はさまざまだが、脱原発へと舵を切るのは、
一人ひとりの市民の行動にかかっている。

■R.O.K. 主要ポストの独占、安全神話づくり……
韓国「原子力マフィア」の正体
北方 農夫人

■Taiwan 「日の丸原発」抱える台湾
与野党「脱原発」掲げ総統選へ
志村 宏忠

■China エネルギー需要急伸の背景に複雑な事情
ハイペースで原発新設進む中国
明日香 壽川

■Germany 世界に先駆ける動きと試み
メルケルに「脱原発」を決断させた市民の熱気
矢嶋 宰

二〇二二年までにすべての原子炉を段階的に停止する――
ドイツのメルケル首相は五月末、こう宣言した。そして彼女の背中を
強く押したのが、市民の粘り強い、工夫を凝らした反原発運動だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】編集長コラム

編集長後記

 今週号は久々にトヨタ自動車に関する記事を入れた。当時の北米トヨタは、
今の日本における東京電力のようなものと想像してもらえればいいかもしれないが、
この問題はいまだに終わっていない。

 人命に関わる事故、閉鎖的な企業文化、消極的な情報公開、リーダーシップの
欠如などなど。あらゆる点で批判され、社会問題になる条件をお釣りがくるくらい
揃えていた。米政府は、トヨタについて公式に二つの機関に検証調査を依頼。
一方、トヨタ自ら調査委員会を設置、市民団体も検証した。東電事故においても
せめて同等規模の検証調査をし、かかった費用は税金ではなく、東電が制裁金として
政府に支払うのがいいだろう。

 中でも、厳しく追及したのが、ラルフ・ネーダーとチルドレンたちである。
 ネーダーを有名にした一つは、“Unsafe at any speed”(『どんなスピードでも
自動車は危険だ』)という本だ。東電に置き換えれば、「どんな原発でも危険だ」と
なろうか。リスクへの構えは、かように必要ではないか。

(平井康嗣)


(過去の編集長後記はホームページでどうぞ)
[編集長後記]はこちら↓ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】今週号目次と次号予告


最新号目次はこちら↓ 
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】催し物のお知らせ

★『週刊金曜日』PRESENTS vol24 in Asagaya/Loft A

原発震災をどう報道するか

 福島第1原発の深刻な事故が収束しない。こうしたとき、ルポルタージュや報道は、
いったい何ができるのか。なにをすべきなのか。原発問題に長年取り組んできた
ベテランと、3・11以降に取材をはじめた若手が真摯に語り合う。ジャーナリストや
ルポライター志望者は必見!

〈出演〉
鎌田慧(ルポライター)
明石昇二郎(ルポライター)
おしどり(マコ&ケン)
司会:伊田浩之(『週刊金曜日』企画委員)

【日時】7月1日(金)18時00分開場、19時00分開始
(WEB予約、電話予約、当日券の順で入場)

【場所】Asagaya/Loft A
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/
杉並区阿佐谷南1-36-16-B1(JR中央線 阿佐谷駅下車 パールセンター街徒歩2分)
電話03-5929-3445

【入場料】前売\1500 / 当日\1800(共に飲食代別)
※定期購読者は前売・当日共に500円引き。当日、6月24日号または7月1日号を
包装してあった(宛名が付いた)袋を持参下さい。

【予約】ホームページ予約がお薦め
(http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/)
電話予約はAsagaya/Loft A
(電話03-5929-3445、午後7時から11時まで)

【問い合わせ】『週刊金曜日』編集部(伊田)
電話03-3221-8527
==============================================『週刊金曜日』======
 ※ 定期購読のお申し込みは以下のページから。
   

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

枝野 追悼碑 群馬 強制連行 在日 朝鮮 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん