本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

大阪市東淀川区西淡路の高射砲陣地の保存再生を要望しよう

下記記事や先の記事で大阪淡路の高射砲陣地の保存、歴史公園への再生に賛同いただける方は、政府・自治体へメールでの要望を是非ともご協力お願いします。撤去が決まってから騒いでも遅いですよ。差し支えあれば名前などは未記入でもよいと思います。
大阪府知事
http://www.pref.osaka.jp/j_message/teigen/tijifmt.html
大阪府土木部交通道路室
http://www.douro-keikaku.jp/
大阪市役所
http://www.city.osaka.jp/shimin/opinion/index.html
内閣府
http://www.iijnet.or.jp/cao/opinion.html
文化庁
http://www.bunka.go.jp/

*私の依頼文(戦争遺構研究会さまの文章など参考にしました)拙いですが・・。

大阪市東淀川区西淡路5丁目の高射砲陣地の保存再生を要望します

かけがえのない戦争遺構、大阪市東淀川区西淡路5丁目の高射砲陣地の遺構の保存再生を要望します。
国内に現存する唯一のかけがえのない戦争遺構は、歴史価値を生かして活用させてください。かけがえのない戦争遺構として高射砲陣地は完全保存し、陣地跡周囲を平和教育のための歴史公園として再生を図るべきです。十三吹田線は陣地周辺の通過が必要である場合にはアンダーパスで地下通過(ヨーロッパには多数事例があります)にし、高射砲陣地跡に影響を及ぼさないよう配慮を是非ともお願いします。
http://www.osakajournal.co.jp/p/050101/0501012.htmlより引用
「近畿地方の戦争遺構で文化財になっているものの一部」
①北伊勢陸軍飛行場掩体壕(鈴鹿市、国登録=文化財)
②外人墓地(三重県紀和町、強制労働英人捕虜、町指定史跡)
③舞鶴軍港赤煉瓦ホフマン式輪窯(明治30年、国登録)
④舞鶴海軍兵器厰魚形水雷庫(明治33年、現在赤煉瓦博物館、市指定史跡)
⑤舞鶴鎮守府水道施設(国登録文化財)
⑥舞鶴海軍兵器厰予備鑑兵器庫(国登録)
⑦陸軍造兵厰香里製造所煙突火薬製造所(枚方市指定史跡)
⑧姫路第十師団兵器庫被服庫(明治38年、現在姫路市美術館、国登録)
『日本の戦争遺構』(平凡社新書、04年初版、戦争遺跡保存全国ネットワーク編)参照
 以上のような実例を見習って早急に、戦争遺構の文化財への道を開いて欲しいものです。

*高射砲陣地の道路計画の状況(参考)
http://www.nnn.co.jp/dainichi/kikaku/senso/senso040816.html
スポンサーサイト

大阪市東淀川区柴島(くにじま)大阪空襲弾痕、西淡路高射砲陣地跡、軍人墓地

戦争遺構研究会の主催された見学会(2007.9.23)へ参加した。侵略(戦争)の生き証人である遺構を設置したのはすべて市民である。
大阪市、大阪府、国はこうした戦争遺構の保全に協力いただきたいものである。
1.柴島高校平和の碑「奪われし者の叫び」の像阪急千里線柴島駅、柴島高校校門の中にある。同碑文より《1945年6月7日、長柄橋周辺を襲った第三次大阪空襲は、人家を焼き尽くし、一瞬にして四百余名の尊い命を奪い去った。母は子を奪われ、夫を戦場に奪われた妻もまた、水を求めし手を虚空にさしのべたまま息絶えた。まさしくそれは「地獄の長柄橋」であり、オオサカの中のヒロシマ、ナガサキである。
 その惨状を表現した石の樹脂像と左の「戦争の生証人」旧長柄橋橋脚の弾痕石によって構成されたこの像は1983年夏彫刻家金城実先生の指導の下、生徒達自身の手によって創られたものものである。私たちは、ヒロシマ現地調査や大阪大空襲の体験の掘り起こしを通じて「戦争は最大の人権侵害である」ことを学びとってきた。戦争は人権侵害の中で準備され人権侵害の強化とともに遂行される。私たちはこの像の前で、生命と青春と愛しき者を奪われた人びとの心奥の叫びを胸に刻み、平和と人権を守るために献身せんことを誓うものである。1984年10月28日 創立記念10周年を記念して》
s-SANY0010.jpgs-SANY0005.jpg

2.柴島浄水場壁面の空襲による弾痕
 柴島高校から徒歩5分くらい、阪急京都線崇禅寺駅京都よりの踏み切りを浄水場側へ渡りすぐ。10分くらい見学していたら浄水場の自働音声で「警備員が行きます、すぐに解散してください」との警告が流れる。
 同案内板より、《一九四五年六月七日、六月十三日、六月二十八日東淀川区は米軍機による空襲にみまわれた。特に六月七日の空襲は激烈をきわめ、1トン爆弾や焼夷弾が雨あられと降りそそいだ。米軍機はさらに低空の機銃掃射を繰り返し浄水場の崇禅寺駅側壁面に弾痕が約五十メートルにわたり残された。この弾痕は空襲に倒れ傷つき、死んでいった物言わぬ多くの人々への生き証人として私達に語りかけている。》
s-SANY0017.jpgs-SANY0015.jpg

20070924105245.jpg

3.西淡路軍人墓地東淀川区西淡路5丁目3
  高射砲陣地のすぐそばにある。画像の墓碑は昭和21年シベリア・チタで抑留中?に死亡、昭和19年小笠原方面で戦死とある。軍人墓地といえば真田山の陸軍墓地を思い出す。墓碑を調べても戦争の一端が判る。
s-SANY0031.jpgs-SANY0029.jpg

s-SANY0026.jpg

4. 西淡路高射砲陣地跡
  5月の再訪。見学会の説明会から《昭和18年高射砲陣地?完成。最初は地面に大砲があった。昭和20年6月頃地面より上に高射砲をつくった。88式7センチ野戦高射砲(全長3m)、射程1万3千m、B29にも届くが撃墜は多分せず。昭和20年7月から撃ったが(元学徒動員兵の証言)。米軍からの機銃掃射は受けていない。砲台下は待避所に使い、ふとん・畳を敷いていた。各地に同様の施設はあったが現在ではここだけに現存するのみ。砲台は6基半円状にあったが、マンション建設時に2基が撤去。現在は4基が残るが、府道の建設が背後に迫り、撤去計画がある(見学会配布の新聞記事参照)。道路は陣地周辺をアンダーパスで地下通過にしてほしい。》
s-SANY0030.jpg
s-SANY0037.jpg
左写真車の後ろの白い建物が高射砲陣地の旧指揮所

s-SANY0043.jpg
s-SANY0048.jpg

左は陣地の屋上にある退避壕のようなもの。

s-SANY0046.jpg
s-SANY0039.jpg

府道が陣地の背後に迫っている。
s-img069.jpg
南京

見学会の新聞資料追加しました。

本多勝一さんの日刊紙創刊を実現しよう

本多さんはまだ最近の週刊金曜日でも書かれているように新日刊紙の発行をあきらめてはおられないようだ。

週刊金曜日2007/3/2号より引用、日本の反動化とマスメディアの責任「(中略)ジャーナリズムは権力の監視役がその大きな役割であり、使命でもあるはずです。しかしそれがあまり果たされなくなっています。少なくとも私のいたころの『朝日新聞』にはまだそれがかなりありました。でも今は他の新聞と大して違わなくなっています。だから日本の現在のマスコミ状況は、人口の一定の割合の意識を反映しなくなりました。本来のジャーナリズムであれば「意識の反映」より一歩先じた報道であるべきでしょうが、とてもそんな状況ではありません。極論すれば、日刊紙ではないけれど『週刊金曜日』くらいしか定期刊行紙誌にはジャーナリズム精神が見られなくなったのです。
 そこで私の夢は、本来のジャーナリズムに立つ日刊新聞を同志らとともに創刊することにあります。もう10年若ければ自分が中心となってそのための運動や実務を進めるところですけど、新聞社を定年退職したときから『週刊金曜日』の創刊と初期の編集責任を果たすための時間にとらわれて、ついにそれができませんでした。この年末で75歳になる〝老人〟としてはエネルギー不足を覆いがたいけれど、もしそのような日刊紙創刊をもくろむ同志たちがいれば、側面からでも支援をさせてほしいと念ずるものです。
 新聞はすでに「紙」の時代からインターネットの時代になっていますが、真のジャーナリズムに立つ内容であればむしろ「紙」でこそ使命が果たせるのではないか。インターネット新聞の弱点のひとつは、内容の重要性によって扱いを決めること(見出しの大きさや段数の変化など)ができず、新聞の第一面にみられるようなニュースの価値判断が一目ではできにくい点でしょう。
 日刊新聞では100万単位というような大部数は必要はなく、たとえば関東や関西の地域でいえば10万単位で充分に使命を果たせます。いや「真のジャーナリズム」を求める質の高い読者の割合は、今も昔もそんなに高くはなかったのです。(後略)。

同2007/8/31号P53より引用、「でも核になるのは新聞でしょう。いい新聞は100万部なんてなくていいんです。もともと質の高い日刊紙を求める層の割合は、今も昔も明治時代もたいして変わりませんよ。関東なら10万部で影響力は充分。関西もそのくらいでしょうね。」--(以上引用終り)

同ブログも本多さんのXY新聞計画を応援するために立ち上げています(XY新聞の概要は左のカテゴリ「XY新聞」を参照)。かなり高齢になられ、朝日時代のお仲間もおられるでしょうがなんとか具体化できないかと思います。
さしあたっては新聞の宅配をどうするかでしょうか?専属の新聞配達は雇えないから、朝日の販売店へ依頼できればよいですが、朝日本社が商売敵に塩送るとも思えないが、OBの新聞ならなんとか支援してもらえないでしょうか?パソコンを使わない旧世代には無理にしても新聞が電子化できる(学校新聞などパソコンで作成可能)ならメールで送付できるとも思うが。私は紙で配達してくれるならそのほうがよいが、従来の新聞は切り抜きがたまって場所もとるので(スキャナーで読み込むにもA4スキャナーしか世間では販売しないので新聞の取り込みは不便)、保存には電子データも便利な気がする。

この文章を読んで、新日刊紙に賛同いただける方はぜひ下の拍手ボタンを押してください。ささやかですが、購読希望の方のカウントが可能になります。日刊紙への期待や内容の希望、創刊計画への留意点などありましたらぜひ下のコメント欄、ブログのトラックバックなどお願いします。

なお本多さんの過去の日刊紙への発言はブログ左のカテゴリの「本多勝一」「XY新聞」で読めます。

ルポルタージュとドキュメンタリー

ひさしぶりのブログ更新です。
左のカテゴリの本多勝一さんの文章を読むと、最近の新聞記者は現場に行かない。ルポが新聞に載らないと書いておられる。確かに最近あまり面白い現場ルポが少ない気はするが、ではルポとは具体的にどんなものかと考えてしまい、8月頃から日常読める朝日新聞大阪本社版、中日新聞からルポと考えられるものをチェックしていこうと思った。

ネットで検索すると、
ルポルタージュ 【(フランス)reportage】 - 国語辞書(大辞泉)
新聞・雑誌・放送などで、現地からの報告。ルポ。2 第一次大戦後に生まれた文学の一ジャンルで、社会的な事件などを作為を加えずに客観的に叙述するもの。報告文学。

最近改ざん問題のwikipediaでは http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5
ルポルタージュ(仏: Reportage)
1.取材記者、ジャーナリスト等が、自ら現地に赴いて取材した内容を放送・新聞・雑誌などの各種メディアでニュースとして報告すること。略してルポともいう。現地報告。
2.事件や社会問題などを題材に、綿密な取材を通して事実を客観的に叙述する文学の一ジャンル。報告文学や記録文学とも呼ばれる。ルポルタージュを執筆する者は、ルポライターと呼ばれる。
3.「黒い報告書(週刊新潮)」に代表される、実話誌系のエログロ記事において官憲の摘発を潜り抜けるために、使われるある種の御題目。昭和30年ごろより急増した。(日本独自の事情ではある。)--以上引用終り。

現地取材の記事ということだろうか。となると海外特派員の記事はルポが多いかなかとも思うが(外国新聞の要約記事ではだめだが)。
当ブログでも注目したルポかと思われる記事は今後感想など掲載しよう。ルポ記者さんの応援になるかも。

本多さんも指摘していたがTVががんばっている。私もドキュメンタリーをよく録画する。最近よく録画するもの(一部趣味的なものもあるが)。
・NHK:NHKスペシャル、BS1の世界のドキュメンタリー、BSHiの海外特集もの、関口知宏さんの鉄道の旅など
・朝日放送:テレメンタリー、ザスクープ(たまに放映)
・MBS:世界遺産、報道特集、映像07(夕方ニュースVOICEもがんばっている)、NEWS23
・読売テレビ:ドキュメント07など
NHKや報道特集以外深夜の時間帯に放映が多い(ゴールデンタイムに放映してほしい)。ほとんど録画のため、見切れないこともありDVDに落としてから半年後に見ることもある。戦争の特集など8月に多いため特に見きれない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BCより引用。
ドキュメンタリー出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドキュメンタリー(documentary)とは、映画フィルムもしくはビデオなどの映像記録媒体で撮影された記録映像作品の事を指す。
記録映像、記録映画とも言われ、テレビ番組として放送する場合もある。文学におけるノンフィクションに相当し、「取材対象に演出を加えることなくありのままに記録された素材映像を編集してまとめた映像作品」と定義される。個別の作品については様々な手法がとられている。一般的にはドキュメンタリーは制作者の意図や主観を含まぬ事実の描写、劇映画・ドラマは創作・フィクションであると認識されているが、本質的に差はないと実務者(森など)に指摘されている。<引用終り>

2~3年前ABCで鳥越さんが深夜帯でドキュメンタリーのうそっぽい場面(「昔の幼なじみ」を街角に仕込むなどのやらせ映像)を新人ADを主人公にレポート。映像なので事実と受け取りやすいが情報操作もあるようだ。

テレビは新聞を読むより労力が要らないので若者にははやるようだ。新聞はテレビができないことをやらないと衰退するだろう。若者はただでさえ活字を読まないから。情報とるだけならネットで充分と考える人も少なくない。

はやりすたりで紙面や映像を作ると為政者の情報操作につながるが。顧客ニーズという今日会社で覚えたマーケティングの手法も参考になるか。読者・視聴者は何をジャーナリズムに求めているのか?世論をリードする?新聞・テレビはどこ(政府?企業?市民?)を見て記事・番組を取捨選択しているのか?

本多さんの著作もまた紐解こうと思う。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

スノーデン NSA レーダ 共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 沖縄 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん