本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日07.1.26号

<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2007.01.26
週刊金曜日

 【1】今週号のことばから
 【2】一筆不乱(編集長コラム)
 【3】注目の記事
 【4】今週号目次と次号予告
 【5】最近話題の「裏窓」
 【6】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】今週号のことばから
(御手洗ビジョンは)国際貢献の名の下に世界中を市場化し、アメリカとともに収奪していくためには戦争も辞さない。知性も人間性もみじんも感じられません。(斎藤貴男 ジャーナリスト)
これだけ会社が労働者に冷たくなると、会社を愛してくれとはとても言えませんからね。だから国を愛しなさいというすり替えをする。(佐高信 本誌編集委員)
司法の当事者は正義を顕現するたえ、厳正かつ神聖な裁きを行なうと信じていた。しかし調べに当たった検事の冒涜は限界を超え、侮辱は聞くに堪えなかった。(村上正邦 元自民党参議院議員会長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】一筆不乱(編集長コラム)
何が御手洗ビジョンだ。財界のゴーマンぶりには、ほとほとあきれる
「サラリーマン金太郎」。
(つづきはホームページでどうぞ)
[一筆不乱]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】注目の記事
■国家の手先か国が手先か
日本経団連「御手洗ビジョン」のゴーマン
【対談】佐高信・斎藤貴男
このビジョンのどこに「希望」があるというのか。
大多数の市民・国民を犠牲にして大企業だけが儲けるマニュアル、それも米軍と一体の戦争遂行をも想定する破廉恥さ。
日本経団連(会長・御手洗冨士夫キヤノン会長)が1月1日付で発表した「希望の国、日本」と題された提言(いわゆる「御手洗ビジョン」)を読み解く。
■国策捜査第1回
KSD事件・村上正邦氏元自民党参議院議員会長
取り調べで罵詈雑言を浴びせた井内顕策検事(青木理)
■「音声ガイド」付きで一般公開中
『武士の一分』が挑んだもう一つの作品世界(北川大)
失明の悲運に遭遇する下級武士とその妻の情愛ゆたかな世界を描いて大ヒット中の『武士の一分』。制作にあたった山田洋次監督率いる「山田組」が、「音声ガイド」づくりに全面協力、視覚障がい者もともに楽しめる上映会が全国5カ所で順次開催されている。
■朝鮮学校高級部生徒が語る
私たちが朝鮮と日本の架け橋になりたい(インタビュー・西野瑠美子)
朝鮮総聯傘下で運営される朝鮮学校では日本で生まれ育った在日コリアンの学生たちが日々、朝鮮半島の言語、歴史、文化を学んでいる。
「北の脅威」が喧伝されるなか、彼らは日本をそして朝鮮をどう思うのか。朝鮮への修学旅行から帰ったばかりの彼女たちにその思いを直接聞いた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】今週号目次と次号予告
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━
P7.風速計 正月に郷里にて思う(本多勝一)
━━━━━━━━━━━
P8.国家の手先か 国が手先か
日本経団連・御手洗ビジョンのゴーマン(対談 斎藤貴男・佐高信)
P12.新シリーズ
「国策捜査」に狙われた人々(1) 村上正邦氏 KSD事件(青木理)
━━━━━━━━━━━
P18.郵政公社最後の年末年始大混乱
人手不足で労使が「非常事態宣言」(三浦芳則)
P20.「東京シューレ」が子どもたちとつくった中学校(藤田翠)
P22.電通交際費流用事件  法令遵守徹底は厳しい!?(本誌取材班)
P24.『武士の1分』が挑んだもう一つの作品世界(北川大)
   「音声ガイド」付きで一般公開中
P28.「ワーキング・プア」の現実 第2弾(3) 市場淘汰される中小業者(平舘英明)
P32.「朝鮮と日本の架け橋になりたい」 朝鮮学校高級部生徒が語る
P35.  ◆『パッチギ!』の時代をどう越えるか(西野瑠美子)
P52.中山千夏の「子役の時間」  弘田三枝子(下)
P54.痛憤の現場を歩く(66)
その後の長野県立丸子実業高校いじめ自殺事件(鎌田慧)
P31.横浜市産廃処理場計画  市が喘息データを操作か(鶴田由紀)
P48.きんようぶんか 舞台  お豆腐とこんにゃくの出会い(萩京子×茂山茂)
生活情報ページ   暮らし・くらし・KURASHI
P37.CS(化学物質過敏症)ぼやき日記(3)疑わないで。(村田知章)
P38.だれもが本を作りたがる時代(上)
  あなたもベストセラー作家になれる?(平田剛士)
P40.暮らしのニュース
━━━━━━━━━━━
きんようぶんか
P43.読書/この3冊
『建築革命 偽装を超えて 「安全」で「美しい」まちへ』
  五十嵐敬喜+「耐震偽装から日本を立て直す会」=編著(黒川宣之)
『TENGU』柴田哲孝=著(菊地正憲)
『もうひとつの学校 ここに子どもの声がする』宮原洋一=写真・文(編集部)
P45.読み方注意! 『憲法9条を世界遺産に』(山口泉)
P46.映華館『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』
音楽館『群青』『ゾーズ・ザ・ブロウクス』『ナッシュビル』観客席 陰陽座
P50.きんようぶんか案内板・非マスコミ紙誌から『勝っ支部通信』
━━━━━━━━━━━
P16.政治時評「選挙までは」と隠している与党の本心を野党がどれだけ暴けるか、が今年の勝負だ(吉田有里)
P17.経済私考「指標の罠」に落ちた日銀の金融政策 円安・超低金利(山田厚史)
P26.人権とメディア(382)『金曜日』の「おわび」 『新潮』の暴力煽動こそ徹底批判を(中嶋啓明)
P36.国際時転 ブラジル(伊藤千尋)
P42.無責任架空対談(39) ペコちゃん vs ポコちゃん(松崎菊也)
P51.犬の遠吠え 花に風(96) このまんま?(落合恵子)
P58.歯科講座(22) 予防グッズを考える2 電動歯ブラシ(大野純一)
P59.自我作古(422) 刺激的な対話(筑紫哲也)
P2.日本国憲法(49)(写真・長倉洋海 解説・伊藤真)
━━━━━━━━━━━
P4.金曜アンテナ
米軍と自衛隊の“友情”とは 厳戒の街 駐屯地で合同演習(三宅勝久)
スカパー 巨大アンテナ 設置差し止めを求め提訴(佐藤類)
手抜き審査が露呈 LEC大に改善勧告(広田研二)
虹ヶ丘学園の労組側が地位保全仮処分で勝訴(佐々木敬一)
国民投票法案に対しメディアの対処法は?(佐藤類)
ケイタイ基地局規制へ 住民の尽力で条例制定(加藤やすこ)
秋田スギ伐採に罰金刑 問われる管理局の責任(岡村健)
子どもへの評価が細分化 通知表の「副表」を作成(永野厚男)
P27.『金曜日』で逢いましょう  イミヤ・カマラ・リヤナゲさん(佐久間真弓)
P61.こんなこと、やってます  パレスチナ記録の会
P64.読者会から/市民運動案内板
P66.金曜日から
P67.珈琲破壊(51)(岡本光博)
━━━━━━━━━━━
P60.投書 教育再生会議報告案で見えた安倍内閣のシッポ(原りか)
石原都知事と軍団(匿 名)「キヤノン」不買を(河内洋佑)
日朝の歴史と拉致問題(大澤ミヨ)安倍首相の論理矛盾(大谷猛夫)
暗すぎる介護労働の実態(富岡義幸)若者の思いを踏みにじった「試験問題漏洩」(当馬敏人)責任を持った行動、昔ながらの元旦祭(望月敏郎)
P60.金曜川柳
P63.論争
労働組合は“郎党組合”になったのか?(小座敷浪人)
次号予告
◆ “3億円外遊”批判に開き直る 石原都知事の末期症状
◆ 茨城・愛媛 ふたりの校長が自殺するまで
◆ 「日本のうた100選」のいかがわしさ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】最近話題の「裏窓」
ささくれ立った風景
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【6】催し物のお知らせ
佐高信講演会
憲法九条を絶対に守る-いま何をなすべきか
1月27日(土)13時30分開場、14時~
さいたま市民会館おおみや小ホール
(さいたま市大宮区下町3-47-8)
講 師  佐高信(評論家、『週刊金曜日』発行人、近著に『トヨタの正体』『日本国憲法の逆襲』)
参加費  800円
主 催  九条の会・さいたま
問合せ  TEL048-834-1298 FAX048-833-6861(江上)
協 賛  『週刊金曜日』
スポンサーサイト

週刊金曜日 07.1.19号

 <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2007.01.19
___________________________________________________________『週刊金曜日
 【1】今週号のことばから
 【2】一筆不乱(編集長コラム)
 【3】注目の記事
 【4】今週号目次と次号予告
 【5】最近話題の「裏窓」
 【6】催し物のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】今週号のことばから
一人ひとりの教員が孤立しています。人事考課がはじまり数値目標を持たされて競争させられるようになったため、自分のことだけで精一杯です。(深澤裕 東京都公立学校教員)
家庭は子どもが育つための重要な居場所の1つのはずですが、その機能をはたせない家庭も増えてきました。もし、そうだとしたら学校がその機能まで担っていくことはできないんでしょうか。(福田雅章 山梨学院大学法学部教授)
(放映中の民主党テレビCMについて)
なぜ大金を投じてこんなCMをつくってしまったのかを考えると、結局、民主党という政党は自民党にお灸を据えたい人の受け皿に過ぎず、オリジナルなメッセージなど何ら有していないのだということに気づく。(大藤理子 ジャーナリスト)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】一筆不乱(編集長コラム)
教師をますます追い詰めようとしている、赤い血の流れない人々
「空疎」。一言で表現すればそうなる。(つづきはホームページでどうぞ)[一筆不乱]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】注目の記事
■2007年子どもを救え!
特集 追いつめられる教師たち
・北九州市発
小学校校長自殺の真相
つくられた「いじめ隠し」(星徹)
小学校児童に「いじめ」が広がるなか、マスコミによるニュースも多くなっている。そのなかには視聴者・読者受けする「被害者側」からの視点に偏った報道もあり、渦中におかれた教育関係者が必要以上に窮地に追い詰められるケースもある。
教育委員会幹部の対応を含め、北九州市で起こった校長自殺事件の真相に迫る。
・健康調査
浮かび上がる過酷な日常 教師の悲鳴が聞こえる(高橋誠)
学校の教職員が以前に比べて忙しそうだといわれて久しい。一方で教育を取り巻く環境の変化は厳しく激しい。そのことが教職員の心身の健康状態にどのように影響を与えているのか。
・座談会
いま学校で何が起きているのか
子どもと向き合うことを奪われた教員たち
金崎満
伏見忠
福田雅章
深澤裕
青木茂雄
昨年12月、文部科学省が発表した2005年度の公立小中高校教職員の休職者数は過去最多の7017人。
教育基本法が「改正」され、ますます締め付けられる教員は今後、子どもとどう向き合っていけばよいのか。
・改正教育基本法
「人格の完成」はどこに?
“公共性”なき法律は具体化されるのか(世取山洋介)
昨年12月15日、「教育基本法の全部を改正する法案」は参議院本会議で可決し、成立。22日に公布・施行された。改正教育基本法が具体化されていくうえで今後、何が起きうるのか。
■「六カ国協議」をNYから見れば(霍見芳浩)
「北の脅威」と「拉致問題」を使って改憲・防衛省昇格・教育基本法改悪を進める日本。それを利用して集団的自衛権に進ませようともくろむ米国。「六カ国協議」は各国の思惑を満足させるカブキ芝居でしかない。
■遺族に風化はない
「1・17」から思いを共有できる場へ13年目の阪神・淡路大震災(粟野仁雄)
阪神・淡路大震災の犠牲者の遺族は今年、13回忌を迎えた。
10年目を境に行政はNPOの慰霊行事などへのかかわりを薄め、「思い切り泣く場」の運営も難しくなってきている。もめ続けた被災マンションの建て替えも、結局はゼネコンの意向の反映だった。
■中山千夏の「子役の時間」
弘田三枝子さん(上)
歌や芝居の世界では、幼い頃から芸事に打ち込む子どもがいます。
しかし、本人にとって、成長過程で普通の子どもと少なからず違う経験をすることは、どんな意味があるのでしょうか。かつての名子役が迫ります。今回のゲストは永遠のビューティ・クイーン、弘田三枝子さんです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】今週号目次と次号予告
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━
P7.風速計 つまらない行進(石坂啓)
━━━━━━━━━━
2007子どもを救え
特集 追いつめられる教師たち
P8.北九州市発  校長自殺の真相 つくられた「いじめ隠し」(星徹)
P11.健康調査  浮かび上がる過酷な日常 教師の悲鳴が聞こえる(高橋誠)
P14.教員座談会  子どもと向き合うことを奪われた教員たち
P18.改正教育基本法  “公共性”なき法律は具体化されるのか(世取山洋介)
━━━━━━━━━━━
P32.「ワーキング・プア」の現実 第2弾(2)
 外国人労働者に強いる奴隷労働(平舘英明)
P54.格闘する思想 (1) 萱野稔人(下)(ナビゲーター・本橋哲也)
P22.「6カ国協議」をニューヨークから見れば(霍見芳浩)
P24.安倍劇場 第2幕  赤ずきんのお花畑(梶村太一郎)
P28.13年目の阪神・淡路大震災
「1・17」から思いを共有できる場へ(粟野仁雄)
P30.飛耳長目(11) 六者協議と山崎氏訪朝をどう評価するか(佐藤優)
P52.中山千夏の「子役の時間」 弘田三枝子(上)
P36.1月29日に控訴審判決 女性国際戦犯法廷NHK裁判(増田都志美)
P26.メディア・ウォッチング(3) 会計検査院への物品提供拒否(高嶋伸欣)
P57.ずぼらのブンカ手帳(5) 日本の“自称アーティスト”さん
  なんでそんなに静かなの?(烏賀陽弘道)
━━━━━━━━━━━
P46.きんようぶんか テレビ 死刑・戦争・紅白歌合戦(山口泉)
話の特集 第268集
P48.無名人語録(永六輔)
P48.身の上下相談(山下勇三)
P50.いろはうた(12)(和田誠)
P51.編集後記(矢崎泰久)
生活情報ページ   暮らし・くらし・KURASHI
P37.CS(化学物質過敏症)ぼやき日記(2)反応しちゃう。(村田知章)
P38.GM作物、10年目の現実(下)(岡田幹治)
P40.新・買ってはいけない(85)  大正製薬/パブロン(渡辺雄二)
━━━━━━━━━━━
きんようぶんか
P41.読書/この3冊
『アナーキスト人類学のための断章』デヴィッド・グレーバー=著(本橋哲也)
『丸山眞男回顧談』(上・下)松沢弘陽、植手通有=編(新藤謙)
『ゼロ次元 加藤好弘と六十年代』平田実=著(編集部)
P43.読み方注意! 『スピリチュアルにハマる人、ハマらない人』(北原みのり)
P44.映華館『長州ファイブ』『幽閉者』
音楽館『ライブ・アット・クラブ・モザンビーク』『ゼヴンス・サン』
   『ルッキング・イン・ジ・アイ・オブ・ザ・ワールド』
観客席「自由への願い-世界を結ぶ弦-」
P47.きんようぶんか案内板・非マスコミ紙誌『第九条の会 なごや通信』
━━━━━━━━━━━
P20.政治時評
 「嵐のまっただ中」なのは野党の役割すら果たせない民主党自身ではないか(大藤理子)
P21.経済私考
 ナゾだらけの「残業代ゼロ労働制」 「甘いエサ」作戦に見える企業の退廃(竹信三恵子)
P27.人権とメディア(381)
 死刑と報道 厳罰化世論を煽ったのはだれか(山口正紀)
P35.貧困なる精神(311) 5回目の南京へ19年ぶりに(2)
 いまだ続く冷戦思考の続きに警戒(本多勝一)
P58.歯科講座(21) 予防グッズを考える1 歯ブラシ(大野純一)
P59.自我作古(421) 99条の違反者たち(筑紫哲也)
P2.日本国憲法(48)(写真・長倉洋海 解説・伊藤真)
━━━━━━━━━━━
P4.金曜アンテナ
米国の“親方”だけが丸儲け? 外資サラ金 リストラの非情(三宅勝久)
元大阪高検公安部長に裏金隠しを匂わす判決(粟野仁雄)
3候補が論戦を展開 過熱する仏大統領選(及川健二)
第2東京弁護士会が男女平等を数値目標に(宮本有紀)
学生の存在はどこ? 続く法政大逮捕事件(西村仁美)
マイニュースジャパン 購読者が1000人超(林克明)
労働ビッグバンの落とし穴 障害者らの死亡事故続発(天城慶)
米軍グアンタナモ収容所 廃止求め世界各国でデモ(長沼節夫)
P64.読者会から/市民運動案内板
P66.金曜日から
P67.珈琲破壊(50)(岡本光博)
━━━━━━━━━━━
P60.投書
天皇の自衛隊員への接見はやめるべきだ(松本文雄)
戦争支援のための燃料補給はやめろ(宮内秀忠)
日本の政党は極右以下?(及川健二)
死刑は正当か(成瀬浩一)
石原知事、横田基地の返還はどうなっているのか(石垣敏夫)
生徒には放課後も自由が許されていない(カロク)
教育基本法を改正しよう(河上康一)
非人道的制裁を黙認する左派の責任(鶴丸玲子)
「パルチザン伝説」筆禍と『週刊新潮』(佐藤透子)
P63.論争
教育基本法「改正」の原点と意図(浦垣紀夫)
次号予告
◆ 国家の手先か 国が手先か 経団連・御手洗ビジョンのゴーマン
◆ 新シリーズ「国策捜査」に狙われた人々
  第1回 村上正邦 KSD事件
◆ 朝鮮学校高級部生徒が語る
  「日本、そして私」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】最近話題の「裏窓」
「一字」に込めた最期のメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【6】催し物のお知らせ
佐高信講演会
憲法九条を絶対に守る-いま何をなすべきか
1月27日(土)13時30分開場、14時~
さいたま市民会館おおみや小ホール
(さいたま市大宮区下町3-47-8)
講 師  佐高信(評論家、『週刊金曜日』発行人、近著に『トヨタの正体』『日本国憲法の逆襲』)
参加費  800円
主 催  九条の会・さいたま
問合せ  TEL048-834-1298 FAX048-833-6861(江上)
協 賛  『週刊金曜日』

BC級戦犯

http://ja.wikipedia.org/wiki/BC%E7%B4%9A%E6%88%A6%E7%8A%AFより引用。
なお、A級、B級、C級の区別は国際軍事裁判所条例及び極東国際軍事裁判所条例における単なる分類であり、「級」という語が使われているためしばしば誤解されるが、罪の軽重を指しているわけではない。
・B項「通例の戦争犯罪」とは、戦時国際法における交戦法規違反行為を意味する。
・C項「人道に対する罪」とは「国家もしくは集団によって一般の国民に対してなされた謀殺、絶滅を目的とした大量殺人、奴隷化、捕虜の虐待、追放その他の非人道的行為」と定義されたが、この法概念に対しては当時から賛否の意見が分かれていた。なお、このC項は、日本の戦争犯罪とされるものに対しては適用されなかった。
法廷一覧
横浜(日本)
広東(中国)
瀋陽(中国)
北京(中国)
太原(中国)
徐州(中国)
済南(中国)
南京(中国)
上海(中国)
漢口(中国)
台北(中国)
香港(当時イギリス領)
メイミョウ(ビルマ)
ラングーン(ビルマ)
ペナン(マレーシア)
アロースター(マレーシア)
タイピン(マレーシア)
クアラルンプール(マレーシア)
ジョホールバル(マレーシア)
バタビア法廷(インドネシア・ジャカルタ)
(引用終わり)
ーーーー
今後BC級戦犯、捕虜も調べよう。侵略の実態がよくわかるのではないか。

敗戦時2

sa-img193.jpg中国抗日戦争図誌・下巻P1048編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。1956瀋陽,日本戦犯を審理する
特別軍事法廷。右、処刑場へ護送される日本兵。上海
sa-img195.jpg

sa-img196.jpg←p1057,太原特別軍事法廷。
sa-img197.jpg
同P1059、瀋陽特別軍事法廷。
sa-img198.jpg同p1074,彼は誰?彼は山、彼は水。

雲南西部1944、日本敗戦前後

sa-img187.jpg同p927,1944雲南西部の戦場で中国軍に殺された日本兵。
sa-img188.jpg
天皇の日本降伏の放送時に呆然とする、日本兵捕虜。
sa-img189.jpg同p1008,天皇裕仁
sa-img190.jpg
同p1009,前首相近衛文麿が青酸カリで自決、前首相東条英機が拳銃により自決未遂。
sa-img192.jpg
P1042,日本軍の砲撃を受け、焼け焦げた中国人の右手。③河北省1942,中国人800余人が毒殺された、これは毒殺された子供たち。

日本軍の蛮行2

同P860、日本軍に残酷に殺された幼児。sa-img184.jpg
同P863、狼牙山1941,日本侵略者はわが女性同胞を強姦して刺殺。
sa-img185.jpg同p866,遼寧鉄嶺竜尾山の日本軍は刺殺した児童を焼こうとする。
sa-img186.jpg
同p867,現在の青島文化宮地下室で発見された、日本侵略者に目を取り出され、腹を切られた中国人幼児。これらの幼児の肝臓はほとんど日本軍に
食べられてしまった。

日本軍


中国抗日戦争図誌・下巻、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。

阜平県羅峪村1943

sa-img181.jpg
同P857。阜平県羅峪村の22才の劉耀梅が日本軍に捕らえれた。彼女は残酷に殺された。これらの野獣は彼女の腿の肉を切り、ギョーザを作って食べた。

蘇州、武漢占領

同P854、蘇州占領時、日本軍に惨殺された中国民衆。

sa-img180.jpg
同P855。武漢占領時、溝に残された中国人の遺骨。

平頂山事件1932



中国抗日戦争図誌・下巻、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。平頂山事件1932

上海1932他

中国抗日戦争図誌・下巻P850、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。1932第一次上海事変で日本軍に両腕を斬られて生き残った中国人女性。
851.jpg
同p851

731部隊2

中国抗日戦争図誌・下巻P839、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。日本軍細菌戦犯石井四郎

20070113183714.jpg同P841、731部隊のボイラー室。
842.jpg同P842、遺棄された細菌爆弾による牡丹江市の被害者。

731部隊1

中国抗日戦争図誌・下巻P834,編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。哈爾浜、平房の731部隊細菌工場跡

同P836、生体を使い細菌の感染実験を行う日本軍細菌工場。

河北省阜平県平陽村1943

中国抗日戦争図誌・下巻P733,編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。
1943年秋、日本軍荒井大隊は大掃討中、河北省阜平県平陽村一体で百姓を1000余人虐殺。その遺体の一部。

週刊金曜日2007.1.12号

  <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2007.01.12
___________________________________________________________『週刊金曜日』
 【1】今週号のことばから
 【2】一筆不乱(編集長コラム)
 【3】注目の記事
 【4】今週号目次と次号予告
 【5】最近話題の「裏窓」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】今週号のことばから
とにかく自民党を倒せ。そのためにも参院選では、自公以外に票を入れよう。(山口二郎 北海道大学大学院法学研究科教授)
組織がつぶれても、組織が支えなくとも、闘う人たちがまだいる。
(野田正彰 評論家・精神科医師)
御用学者の罪は重い。経済学者の大半は御用学者と無用学者だ。
(奥村宏 経済評論家)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】一筆不乱(編集長コラム)
年が明けて社会が変わるわけではない。それでも希望をもちたい
 何歳のころか、場所がどこか、何一つ覚えていない。
(つづきはホームページでどうぞ)
[一筆不乱]はこちら↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】注目の記事
■2007年展望鼎談
私たちはどう生き、どう闘うか
(奥村宏×野田正彰×山口二郎)(司会・進行北村肇)
時代の困難さにあって逆流に抗い、新たな展望を語り合う
新たな「戦前」の到来か、それとも日本国憲法に象徴される「戦後」の擁護か。重い選択が問われそうな年の訪れに、
この国の未来と運命を悪しき者たちに委ねはしない決意を固める。
いま、私たちがなすべきことは何なのかを問う。
■「ワーキング・プア」の現実第2弾 (1)
劣悪なヘルパー労働
介護の質的低下で高齢化社会に暗雲(平舘英明)
団塊の世代が介護を必要とする一〇年、二〇年後の高齢化社会に向けて、介護労働のあり方は今後ますます重要になっている。
だが、現在の介護労働者が置かれている環境は、低賃金と過重労働、
不安定就労など二重、三重に劣悪化している。
その劣悪化が質的低下をまねく危険性をはらんでいる。
高齢者福祉を支える介護労働者の実態をルポした。
■格闘する思想
いま、考えるべきは「暴力の運動」だ(萱野稔人・上)
(ナビゲーター 本橋哲也)
若き思想家の理論と実践の営みから、社会変革の突破口を探る新シリーズの一回目は、鮮烈な「国家論」で注目を浴びる萱野稔人さんに登場いただく。案内人は本誌書評委員の本橋哲也さんが務める。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【4】今週号目次と次号予告
ホームページ上で一部全文公開しています。
━━━━━━━━━
P7.風速計 お手洗ビジョン(佐高信)
━━━━━━━━━━━
P8.2007 展望鼎談  私たちはどう生き、どう闘うか
     奥村宏・野田正彰・山口二郎
P22.集中連載第2弾 「ワーキング・プア」の現実(1)
      劣悪なヘルパー労働(平舘英明)
P56.新シリーズ 格闘する思想 萱野稔人(上) ナビゲーター・本橋哲也
━━━━━━━━━━━
P15.ブッシュに迫る「米軍敗走」の悪夢  増派でさらに泥沼に(成澤宗男)
P20.再審・横浜事件 1月19日に控訴審判決
司法はいつまで被害者を裏切り続けるのか(田中伸尚)
カラーページ
P26.薬害肝炎
「人生」を取り戻すために(大西史恵)
P32.ピョンタくんの楽しい戦争   第21弾(石坂啓)
P34.宮台真司インタビュー/ドナースマルク監督
美学的感性が究極の監視社会を超えた
P38.Observations――観視(写真・渡邉博史 文・鈴城雅文)
P18.南京大虐殺70周年  「家系が途絶えた15世帯」(森正孝)
P44.わたしと憲法(42)  環境も憲法も自分の問題として(もりばやしみほ)
P51.きんようぶんか インタビュー  本吉正雄『日銀インサイダー』
生活情報ページ   暮らし・くらし・KURASHI
P45.<新連載>CS(化学物質過敏症)ぼやき日記(1)なんてこった。(村田知章)
P46.GM作物、10年目の現実(上)(岡田幹治)
P48.新・買ってはいけない(84) 刺身マグロの加工品(垣田達哉)
━━━━━━━━━━━
きんようぶんか
P49.読書/この3冊
『大和魂』赤瀬川原平=著(横内謙介)
『東京裁判への道』(上・下)粟屋憲太郎=著(成澤宗男)
P52.映華館『グアンタナモ、僕達が見た真実』
音楽館『SENSUOUS』『GALAXY』『ザ・クロマニヨンズ』
観客席『エンジョイ』
P54.きんようぶんか案内板・非マスコミ紙誌『前略、路の上より~大阪発~』
━━━━━━━━━━━
P13.政治時評
 教基法改正や防衛省誕生を嘆いているヒマはない 「やり返す」年にしなければ(山口二郎)
P14.経済私考
 人口減時代に高成長はありえない “成長重視”は格差拡大しか生まない(大塚将司)
P19.貧困なる精神(310)
 5回目の南京へ19年ぶりに(1) 南京国際平和討論会に出席して(本多勝一)
P25.人権とメディア(380)
 新聞協会冊子 匿名で生きる権利が一般市民にはある(浅野健一)
P55.歯科講座(20) 神様にはかなわない-修復治療(大野純一)
P60.自我作古(420) 破滅か、打破か(筑紫哲也)
P2.日本国憲法(47)(写真・長倉洋海 解説・伊藤真)
━━━━━━━━━━━
P4.金曜アンテナ
残業代ゼロ盛る報告を強行 「過労死促進法」政治の場へ(須田光照)
巨大アンテナ設置に反対 スカパーを近く提訴へ(片岡伸行)
「君が代条項」めぐり 北海道教委が再審請求(高嶋伸欣)
「人体の不思議展」に開催地でも批判の声(小林拓矢)
難民裁判の完全勝訴 確定求め署名募集中(岡崎智)
南京「百人斬り競争」 最高裁が事実認定(星徹)
多田謡子氏の「人権賞」 昨年で活動にくぎり(成澤宗男)
日本に“恩”返しを 元難民がホテル開業(和賀正樹)
母の気持ち動かしたドクさんの一途な心(村山康文)
P64.読者会から/市民運動案内板
P66.金曜日から
P67.珈琲破壊(49)(岡本光博)
━━━━━━━━━━━
P61.投書
映画『日本の青空』の成功を(深田学)
障害者の声が反映されないNHK番組(匿 名)
教師よ今こそ腕を組め(本多立太郎)
「教育問題報道」の仕掛け人は?(匿 名)
「セカンドライフの自立術」について(及川純子)
リストカットとは(伊藤あき)
見えない事をもっと知ろう(青木信男)
P63.論争「浅さ」と「下品さ」への戦略的対応を(高野静行)
次号予告
◆ 2007子どもを救え 特集 追いつめられる教師たち │
◆ 「六カ国協議」をニューヨ-クから見れば 霍見芳浩 │
◆ 13年目の阪神・淡路大震災 │
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】最近話題の「裏窓」
侵入者

『1984年』

「永遠の不服従のために」辺見庸p34~p35より引用
1984年』が描いた全体主義国家では、報道や教育、娯楽、芸術は、全て「真理省」の管轄である。(中略)そこでは「真実」が国家の管理におかれ、政府に不都合な歴史的事実、統計などは、消去されたり、変造、捏造されたりする。個人が過去を正しく記憶したり、反省したりするのは「思想犯罪」にあたるのだ。(中略)どこかの国がこの小説に似てきているのだ。新聞社やテレビ局のビルの壁に、真理省のこんなスローガンが大書されていないか、われわれはいま、しっかり眼を凝らす必要がある。
 戦争は平和である 
 自由は屈従である
 無知は力である
--------
「永遠の不服従のために」辺見庸p6より引用。
知識人の転向は、新聞記者、ジャーナリストの転向からはじまる。テーマは改憲問題。(丸山眞男「自己内対話から」)
引用終わり。
←この改憲問題とは1956年鳩山首相当時のこと

南京大虐殺4

sa-img161.jpg同393,394。以下P371より引用。戦後の国際法廷も日本軍が南京に侵入していた1カ月間に、2万件もの強姦事件を起こしたと認定した。10代の幼女から70代の老婆まで、悪魔の日本兵に強姦されたばかりでなく、さらに乳房が切り取られ、割腹された女性も少なくなかった。日本兵の獣のような行為から見るならば、彼らには姉妹、母親、祖母かいるどうか疑いたくなる。(引用終わり)
sa-img162.jpg

Wikipedeiaより南京大虐殺論争
---
http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY200612220388.htmlより引用。
旧日本軍の「百人斬り」めぐる訴訟 本社などの勝訴確定2006年12月22日23時16分
旧日本軍将校2人が中国で1937年、中国兵を日本刀で殺害した人数を競う「百人斬(ぎ)り競争」をしたとする当時の新聞報道や、後にこの問題を扱った書籍を巡り、2人の遺族が「うそを書かれ故人を慕う遺族の気持ちを傷つけられた」などとして、朝日、毎日両新聞社などと本多勝一・元朝日新聞記者に出版差し止めや計1200万円の損害賠償などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第二小法廷(今井功裁判長)は22日、遺族側の上告を棄却する決定をした。朝日新聞社などの勝訴が確定した。
 二審・東京高裁は「百人斬り」を報じた当時の記事について「全くの虚偽であると認めることはできない」と認定し、請求をすべて棄却した一審・東京地裁判決を支持した。 (引用終わり)


南京大虐殺3

sa-img157.jpg同P386,388,389,391
sa-img158.jpg
sa-img159.jpg
sa-img160.jpg

南京大虐殺2

sa-img150.jpg
sa-img151.jpg
sa-img152.jpg
sa-img153.jpg

sa-img154.jpg
中国抗日戦争図誌・中巻P378,381,383,384,編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。

南京大虐殺

sa-img149.jpg中国抗日戦争図誌・中巻P370、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。南京大虐殺
日本軍は彼らに殺された中国人遺体の前で撮影。

上海1937

sa-img148.jpg中国抗日戦争図誌・中巻P326、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。上海市民を虐殺する日本軍。第二次上海事変

満州国2

sa-img146.jpg中国抗日戦争図誌・上巻P158、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。万人坑。
sa-img147.jpg同P159、満州国で日本軍に斬られて電柱に掛けられた中国人民の首。

満州国

sa-img144.jpg中国抗日戦争図誌・上巻P149、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。偽満州国組織系統。元首:溥儀
sa-img145.jpg同P156、1935溥儀が訪日の際、東京駅で天皇裕仁に会見。

上海事変1932

sa-img143.jpg中国抗日戦争図誌・上巻P122、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。上海事変1932、1月28日の夜、日本軍に逮捕されて殺害される虹口の市民。

柳条湖事件1931

sa-img141.jpg中国抗日戦争図誌・上巻P103、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。柳条湖事件南満州鉄道爆破事件)。満州事変の発端となった事件である。写真3:日本軍がでっちあげた現場。中国軍服を着た死体をレールのそばに置いて、罪を中国になすりつける。

張作霖爆殺事件1928

sa-img140.jpg中国抗日戦争図誌・上巻P91、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994より引用。張作霖爆殺事件
写真1:事件の殉難者の一人、2,3:爆破された張作霖が乗った列車、4:事件を計画実行した河本大作関東軍高級参謀。

済南事件1928

sa-img138.jpg中国抗日戦争図誌・上巻、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994,P80-83より引用。sa-img139-2.jpg済南事件(第二次山東出兵)。1928年5月、日本軍が済南市に侵入したとき、菓子を売る子供を捕らえた。籠のなかに中央銀行券3角を所持していたので直ちにみちばたの木に繋がれ刀で切殺された。

日露戦争1904

sa-img137.jpg中国抗日戦争図誌・上巻、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994,P60より引用。日露戦争、日本軍はたくさんの無実の中国人をロシアのスパイとして殺した。

義和団鎮圧1900

sa-img136.jpg中国抗日戦争図誌・上巻、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994,P57より引用。山海関で義和団団長を虐殺している日本侵略軍。

日清戦争、旅順大虐殺1894

sa-img135.jpg中国抗日戦争図誌・上巻、編著者:楊克林・曹紅、柏書房1994,P34より引用。
日清戦争旅順大虐殺。1894年11月22日、旅順陥落。日本軍は旅順で4日にわたり大虐殺を行い、2万人の民衆のうち僅かに死体を埋葬する36人しか残さなかった。事件後、日本外相陸奥宗光は事実であることを認めた。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

カテゴリー

タグリスト

共謀罪 公安 朝鮮 原発 慰安婦 強制連行 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 在日 前文 津波 震災 交通事故 動物 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん