本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

週刊金曜日05.12.23号

05.12.23


週刊金曜日05.12.23号
スポンサーサイト

月刊あれこれ Mail Magazine】第74号05.1215

【月刊あれこれ Mail Magazine】第74号
       2005年12月15日(木)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【月刊あれこれ Mail Magazine】 メニュー

■8度目の国会攻防

 共謀罪を永遠に葬り去る総決起集会12月17日(土)

■自衛隊は三多摩からイラクにいくな! 集会12月18日(日)

■メルマガ読者に送料無料でビデオ提供
『ファルージャ2004年4月』『春になったら&子どもの物語にあらず』

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■共謀罪を永遠に葬り去る12・17総決起集会

日時:12月17日(土)午後2時~6時
会場:渋谷勤労福祉会館(JR渋谷駅ハチ公口下車 徒歩10分 公園通りパルコ向かい )
http://www.mapion.co.jp/c/f
内容:第1部―共謀罪学習討論集会、第2部―共謀罪を廃案にする総括と展望
主催:破防法・組対法に反対する共同行動

【民主社会の致命傷】

相談しただけで逮捕できる共謀罪。何もしなくても罰せられる法律だ。サラリーマンが居酒屋で、「あのひどい上司、なんとかしようぜ」などと言っても、十分に犯罪者として逮捕できる。法案提出者は「そんなことはない」という趣旨の説明をしても、逮捕するか否かを決める権限は、百パーセント権力が握っている。しかも実際に話して相談
しなくても「目配せ」もひっかかる。いや、それどころか「目配せ」さえしなくても摘発できるなどということが、これまでの審議で明るみに出た。 つまり、政府権力にとって都合の悪い人物や団体は、すべて摘発できる内容である。
これまでも政府は、言論の自由を抑圧する法律を着々とつくりあげてきたが、この共謀罪は、その総仕上げとなる。この法案を通過させたら、民主社会は決定的打撃を受ける。
さすがに与党のなかからも問題視する声が出ている。自民党議員さへ、この法律にひっかかることも考えられるのだから、当然であろう。しかし、小泉首相と自民党執行部で、何の審議も話し合いもなく政策決定を行なっている最近の様子をみれば、予断を許さない。
ぜひ勉強し、反対のための闘いを続けるべきだ。(本誌・林克明)
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■自衛隊は三多摩からイラクに行くな!実行委(仮称)結成集会

●12/18(日)午後1時半
●国分寺商工会館(国分寺駅北口徒歩10分)
http://data.shop-info.com/cgi/units/index.cgi?siteid=kokubunji&areaid=36238&unitid=s
ci

●講演 小西誠氏(米兵・自衛官人権ホットライン事務局長)
    渡邊信孝氏(同ホットラインメンバー、イラクレジスタンス組織に一時拘束)

 以下、主催者の呼びかけ文
 
 イラク特措法に基づく自衛隊派兵計画がこの12月14日に期限を迎えます。小泉政権はその延長を見越して、すでに関東甲信越地方を担当する東部方面隊に対して、イラクへの9次派兵の準備指示を出しています。
派兵が延長されれば年明けの1月から東部方面隊の派兵が行われます。主力は練馬の第一師団と見られますが、500名もの部隊になるため立川など他の基地からも参加することは充分予想されます。
私たちの目の前の基地にいる自衛官に、「イラクへ行くな!」と呼びかけ自衛隊のイラクからの即時撤退を求めるために、実行委員会を結成しました。多くの人々の実行委への参加・賛同をお願いしたいと思います。
米兵の戦死者は2000名を越え、イラク人の死者は「イラク・ボディー・カウント」によれば二万六千人から三万人になると言われています。
 イラク戦争はまさに泥沼の様相を呈しています。その戦争を起こしたブッシュ政権の米国国内での支持率は低迷の一途です。ハリケーン災害対策が後手に回ったことも手伝って、政権の維持そのものが危うくなるほど低落してきています。
 そもそもイラクへ仕掛けた戦争は「大量破壊兵器」というでっち上げの理由によるものでした。フセイン政権が倒れた後、米国が送ったCIA中心の調査団も「大量破壊兵器はなかった」と結論つけざるをえませんでした。ところが、ブッシュ大統領は責任をとるどころか、あくまで開戦は正しかったと戦争責任を認めようとはしません。
占領軍・侵略軍でしかない米国の軍隊がイラクの人々の支持を受けないのは当然だと私たちは思います。
 イラクを復興へ導くにはまず、こうしたすべての外国軍隊が撤退するところからしか始まらないと思います。各国の軍隊は早期撤退するか、残ったところも撤退の時期を模索しています。それなのに、自衛隊は派兵を延長して行こうとしているのです。

 私たちは自衛隊イラク派兵に反対すべく以下の行動を行います。
1,自衛官へイラク派兵反対・自衛隊の早期撤退を求める声を届けます。
2,12月中に結成集会を行います。
3,全市的な情宣行動を行います。

 以上の行動を支えるために賛同金やカンパを寄せて下さることをお願いします。

自衛隊は三多摩からイラクに行くな!実行委(仮称)
連絡先
〒190-0013 立川市富士見町2-12-10サンモール立川504
 立川自衛隊監視テント村 気付
電話FAX 042-525-9036

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■月刊あれこれメルマガ読者のみ送料(500円)無料
イラク&チェチェンのビデオ

月刊あれこれは自衛隊のイラク派遣およびアメリカ軍の後方支援に反対しています。

 アメリカ軍がイラクで何をしているのか。占領の象徴でもある中部の都市ファルー
ジャで何が起こったか。気鋭のジャーナリスト土井敏邦氏が、ビデオにまとめていま
す。通販あれこれで販売(3500円+送料500円=4000円)していますが、あれこれメル
マガ読者に送料無料でお届けすることにしました。

【ファルージャ2004年4月 内容】

http://www.rakuten.co.jp/arekore/573996/1074912/

【お申込み方法】

氏名、郵便番号、住所、電話番号をお書きの上、「ファルージャ
2004年4月DVD(あるいはVHS)」と明記してhenshubu@arekore.co.jp まで送
信お願いします。その後、郵便振込み用紙を同封してビデオを郵送いたします。
通販あれこれのホームページから申し込むと通常どおり送料500円がかかってしまいま
すのでご注意下さい。また、DVDかVHSかも振込用紙に書いてくださるようお願いいた
します。

■チェチェン難民母子が政策した2本立てDVD&VHS
『アニメ春になったら&子どもの物語にあらず』
http://www.rakuten.co.jp/arekore/573996/675292/
このビデオも、送料(500円)無料でお届けします。申し込み方法は上記と同じです。
その際ビデオ名をお書きください。

┏‥┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥┓
●楽天「通販あれこれ」 
http://www.rakuten.co.jp/arekore/

通販あれこれYahoo!店++habibi++は、
キレイをブラッシュアップするセレクトショップです。
個性的なファッションやビューティーアイテムを取り揃えています。

●通販あれこれYahoo!店++habibi++
http://store.yahoo.co.jp/arekore/

メルマガ「通販あれこれ これは事件です!」にて、
いまこそ言いたいあれこれも配信中。こちらも登録ください。
http://www.rakuten.co.jp/arekore/news.html/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『ま
ぐまぐ』 を利用して発行して います。マガジンID:0000101384 
http://www.mag2.com/
■登録/解除は、下記URLよりいつでも登録解除可能です。
http://www.mag2.com/m/0000101384.htm
メルマガへのお問い合わせ、「自由民権運動」情報は「月刊あれこれ」編集部
(henshubu@arekore.co.jp)まで

RE:フリーランス・フェスティバル

http://d.hatena.ne.jp/cafebaghdad/20051213/p1

フリージャーナリストのシンポの雰囲気がよく伝わりました。
フリー+素人ジャーナリスト?がネットやBLOGを経由し、
ルポの少ない既存マスコミを越えた影響力のある存在として
発展?するシステム作りまで具体的な話が及べばと
さらに面白いのですが・・。
小生BLOGを開設して数カ月ですが、結構知りたい情報が
トラックバックで教えていただいて驚きです。

週刊金曜日05.12.16号

05.12.16



週刊金曜日05.12.16号

週刊金曜日05.12.9号

05.12.9



週刊金曜日05.12.9号

週刊金曜日05.12.2号



週刊金曜日05.12.2号

【月刊あれこれ Mail Magazine】第71号 05.12.1

どれも聴きにいけない、参加レポートがいただけたら。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【月刊あれこれ Mail Magazine】第71号
       2005年12月1日(木)発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             
【月刊あれこれ Mail Magazine】は総合月刊誌『月刊あれこれ』が発行している
メールマガジンです(現在休刊中)。このメルマガは「自由民権」に関係するイベント情報を中心にお届けします。表示がずれる場合、Windowsをお使いの方はMSゴシック、Macintoshをお使いの方はOsaka等幅などの「等幅フォント」で最適にご覧いただけます。通信販売はhttp://www.arekore.co.jp/index.htmlまでお願い
します。

転送歓迎。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【月刊あれこれ Mail Magazine】 メニュー

■「チェチェンで何が起こっているのか」
  同志社大学アッセンブリーアワー 12月5日(月)
■ 見よう!聞こう!語ろう! 
フリーランス・フェスティバル 12月10日(土) 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■「チェチェンで何が起こっているのか」京都:12月5日
同志社大学アッセンブリーアワー
主催者からの案内

日時:12月5日 18:00 - 20:00
会場:同志社大学今出川校地至誠館21番教室
主催:同志社大学学生支援課
企画運営:大富亮・林克明講演会実行委員会
問い合わせ:dsf0202@mail2.doshisha.ac.jp
      090-7606-5643
入場無料・どなたでも参加いただけます。

 チェチェン共和国はロシア南部のカフカス地方にある小さな国です。1994年から断続的に行われているチェチェン戦争は、チェチェン人とロシアとの戦いであり、現在でもロシア軍による爆撃と殺りく、収容所での暴行や拷問が繰り返されています。
 モスクワ劇場占拠事件やベスラン学校占拠事件など、チェチェン人の犯行とされるテロ事件が報道されますが、その背景には一体何があるのでしょうか。チェチェン戦争の現状と実態、政治的意図などを、フリージャーナリストの林克明さんと「チェチェン総合情報」代表の大富亮さんに報告していただきます。ぜひともご参加ください!

<講師紹介>
林克明(はやし・まさあき)
1960年長野県生まれ。ノンフィクション・ライター。環境問題をはじめ、様々な社会問題に積極的に取り組んでいる。1995年から1年10カ月間、モスクワに住みチェチェン戦争を取材する。2001年、「ジャーナリストの誕生」で第9回週刊金曜日ルポルタージュ大賞を受賞。著書に『カフカスの小さな国・チェチェン独立運動始末』(第3回小学館ノンフィクション賞優秀賞)、写真集『チェチェン・屈せざる人々』(岩波書店)、共著に『チェチェンで何が起こっているのか』(高文研)などがある。

大富亮(おおとみ・あきら)
1976年、神奈川県生まれ。チェチェンニュース編集兼発行人。大学卒業後、人道支援関連のNGOに勤務。1999年に第二次チェチェン戦争が始まり、広報などを担当する。それがきっかけになってチェチェン問題に関心を持ち、情報収集を続ける。2001年からEメールによるニュースレター、チェチェンニュースを発行している。共著に『チェチェンで何が起こっているのか』(高文研)がある

チェチェン総合情報  http://chechennews.org/ 。

「2002年10月に発生したモスクワ劇場占拠事件や、2004年2月の地下鉄
爆破事件などでは、チェチェンのレジスタンスたちが、アルカイダなどの『国際テロネットワーク』と結託していると、さかんに報道された。その一方で、戦争開始から今日まで、20万人のチェチェン人が犠牲になっているとも伝えられ、情報にとりとめがない。チェチェン戦争とは、一体どのような戦争なのだろうか。」

「世界ははてしない暴力と、一方的な貿易の自由化という名の『グローバリゼーション』に同時に傾斜しようとしている。そんな中で名もない人々が無法に殺りくされているのを見て見ぬふりをすれば、私たち自身が将来、不正義の被害者や、加害者になる土壌を育てることになる。沈黙することは、賛成とかわりない。」
(『チェチェンで何が起こっているのか』より抜粋)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■見よう!聞こう!語ろう! フリーランス・フェスティバル
 12月10日(土) 午前10時30分~午後8時

 日本で、そして世界各地で、言葉と映像の力を信じて活動す
る 独立系ジャーナリストたち ― 今回のシンポジウムは、い
ま第 一線で活躍しているフリーランス・ジャーナリストが一
同に集 まり、彼/彼女らの仕事をテーマ化し、その社会的役
割と意義 を広く考えていこうという目的で開催されます。

 このイベントは、個人の仕事を披露して、お互いに批評し合
う場ではありません。マスメディアの、いわゆる「会社ジャー
ナ リズム」とは一線を画した独立系ジャーナリズムの課題や可
能性を具体的に提言しながら、日本のジャーナリズム全体のあ
り方について建設的な議論をしていきたいと思います。

 また、このシンポジウムをとおして、独立系ジャーナリスト
たちが横につながるきっかけができればとも願っています。そ
のような横のつながりをつくろうとするイニシャチブは、日本
ではこれまでほとんどありませんでした。私たちは、この企画
によって、プロフェッショナル・ジャーナリズムとは何かを考
え 、その位置づけを明確にし、ジャーナリズムの閉塞状況を
打ち破るきっかけを見つけ出したいのです。

 この企画はメディア/ジャーナリズム研究を行ってきた東京
大学大学院情報学環と、独立系ジャーナリストたちの活動グル
ープであるアジアプレス・インターナショナル、日本ビジュア
ル ・ジャーナリスト協会およびDAYS JAPANとの共催
で行われます。

 
東京大学大学院情報学環・学環長 花田達朗
アジアプレス・インターナショナル代表  野中章弘

詳しくは下記まで

http://www.iii.u-tokyo.ac.jp/research/symposium/2005/10.html

開催日時:2005年12月10日(土) 午前10時30分~午後8時
場所:東京大学(本郷キャンパス)農学部弥生講堂一条ホール
   http://www.a.u-tokyo.ac.jp/yayoi/
主催:東京大学大学院情報学環
   アジアプレス・インターナショナル
   日本ビジュアル・ジャーナリスト協会、
   DAYS JAPAN
資料代 1000円(学生 500円)

<10時30分> 開会 総合司会 林香里(東京大学助教授)

<10時35分> 開会の挨拶 花田達朗(東京大学大学院情報学環長)

<10時45分> 
第1部 ドキュメンタリーの原点を求めて ~台頭する女性監督たち 

司会 熊谷博子(「三池~終わらない炭鉱(やま)の物語」など)
パネリスト 鎌仲ひとみ(「ヒバクシャ_世界の終わりに」)
      坂上香(「Lifersライファーズ終身刑を超えて」)、
      古居みずえ(「ガーダ_パレスチナの詩_」)

<12時15分> 休憩(45分)

<1時>
第2部 進化するジャーナリズム~北朝鮮・カシミールから生リポート

司会    林香里(東京大学助教授)
パネリスト 会場から: 石丸次郎(APN編集長)、岩崎有一(ジャーナリスト)
           綿井健陽(ジャーナリスト)
      中継:北朝鮮、中東、カシミール、韓国と会場を結んだインターネ
      ットなどによる同時リポート

<2時10分>   休憩(20分)

<2時30分>
第3部 時代を記録する~闇に光をあてるジャーナリストたち

司会    野中章弘(アジアプレス代表)
パネリスト 土井敏邦(ジャーナリスト)
      森住卓(フォト・ジャーナリスト)
      森達也(映画監督)
      吉田敏浩(ジャーナリスト)

<4時> 休憩(20分)

<4時20分> 
第4部 いまなぜ独立系ジャーナリストか~総括討論

司会    林香里(東京大学助教授)
パネリスト 花田達朗(東京大学大学院情報学環長)
      広河隆一(DAYS JAPAN編集長)
      吉岡忍(作家)、野中章弘(アジアプレス代表)

<6時10分>閉会の挨拶 野中章弘(アジアプレス代表)

<6時20分>休憩(10分)

<6時30分>立食パーティ(交流会)

<8時>終了

●同時開催: 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会会員による
 スライド・ショー(会議室)と写真展(ホールにて約80点)

入場は先着300名となります。あらかじめご了承ください。
事情によりパネリストが変更することもあります。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

■このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』 を利用して発行して い
ます。マガジンID:0000101384  http://www.mag2.com/
■登録/解除は、下記URLよりいつでも登録解除可能です。
http://www.mag2.com/m/0000101384.htm
メルマガへのお問い合わせ、「自由民権運動」情報は「月刊あれこれ」編集部
(henshubu@arekore.co.jp)まで
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

枝野 追悼碑 群馬 強制連行 在日 朝鮮 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん