本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

本多さんの新しい日刊紙の創刊を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Honda Katuichi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 週刊金曜日バックナンバー常備店
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

本多勝一さんの提唱するXY新聞に共感しています。 応援いただける方は 本多勝一XY新聞創刊実現掲示板へ書き込みお願いします。
できることから動いていこうと思います。

#枝野立つ #立憲民主党 2017.10.3有楽町街宣 動画

一部抜粋)憲法というルールに基づいて、権力は使わなければならない。ルールなき権力は独裁です。残念ながらここ数年、立憲主義を思い出さなければならない状況になっている。憲法によって縛られているはずの内閣が自ら積み重ねてきた解釈を勝手に変えた。自衛隊は日本の領土領海を守るけれど、外国に出て行って戦争はしないとの第二次世界大戦の反省記憶を踏まえた先人たちが積み重ねてきた私達の国是が変えられてしまっている、これが安保法制。憲法に違反した法律は1日も早く変えなければならない。違憲の部分を廃止させなければならない。主義主張政策以前の問題であることを私は皆さんに強くお訴えをさせて頂きたい。
共謀罪で表現の自由が危うくなっている。この間のメディアに対する有形無形の様々な圧力で報道の自由のランクは大幅に下がっている。

スポンサーサイト

#群馬の森 #追悼碑裁判 新聞報道2017.4.23~6.22

 守る会から送付いただいた資料を転載します。
上毛新聞2017.4.23 「追悼碑展示」見送り 自民県議「一定配慮が必要」 市民団体「表現の自由侵害」
             近代美術館で企画展直前 「追悼碑」展示見送り
         4.24 「議論の必要あった」支持と反対割れる反応
朝日新聞2017.4.23 朝鮮人追悼碑を模した作品 県の指導で撤去 群馬の美術館
iimg768.jpgiimg767.jpgnews,iimg766

朝日4.23 「追悼碑の問題を提起」 作品を撤去された作家 県立近代美術館
東京新聞2017.6.22 「表現の自由奪わないで」 朝鮮人犠牲者追悼碑訴訟 証人尋問で市民団体側 地裁
 朝日6.22 「政治的発言」に双方が意見陳述 朝鮮人追悼碑訴訟
 上毛6.22  決定の経緯県幹部が証言 追悼碑訴訟
iimg771.jpgiimg770.jpg
ーー(引用終わり)
追悼碑展示 撤去は東京5.20記事も参照 http://honkatu.blog24.fc2.com/blog-entry-1081.html

#群馬の森 #追悼碑裁判 ニュースNO13

iimg761.jpg
iimg764.jpgiimg762.jpg
(10/11の)第15回公判で、証人尋問を終えた後、原告、被告、双方が準備書面を提出し、結審となる見込みである。

守る会代表委員の一人である角田義一さんは、戦前、日本の植民地下にあって無念の死をとげた朝鮮人の御霊が穏やかにいられるためには日朝間の平和を実現することだと述べ、今の緊迫した朝鮮半島情勢を憂慮し、アメリカによる米韓軍事演習や「斬首作戦」など、危機をあおり、力によって相手を押し黙らせようとするやり方がもっとも危険である。朝鮮半島で戦火を交えることになれば、日本においてある米軍基地、また、日本列島に設置されている原発に落とされれば日本は甚大な被害に陥る。そのようなことにならないためにも、アメリカの力による平和のまやかしを暴露し、安倍政権にはアメリカに追随しないよう求め、対話による平和の実現をすすめるべきだと話した。

 2017年総会アピール
 今年も、群馬の森「記憶反省そして友好」の追悼碑前で追悼集会を開催するという私たちの願いが叶いませんでした。
追悼碑は、2004年の群馬県議会で全会一致建立が認められ以後碑文や、碑の態様など全てにわたって、群馬県と追悼碑を建てる会とが協議、合意し、県内外から寄せられた多くの市民の浄財によって建立されました。
 ところが、建立から10年、群馬県は設置期間の更新を認めず、碑の撤去を迫ってきました。理由は、追悼集会の葛で政治的発言があり、追悼碑が政治的に利用された結果、碑の存在が紛争の原因となり、「憩いの場」としての都市公園にふさわしくないものとなった、というものです。私たちの知る限り、碑の除幕式から8回にわたる碑前での追悼集会について、県民から苦情や批判の声が寄せられたことは一度もありませんでした。もちろん、碑を管理してきた追悼碑を守る会(旧建てる会)も、碑前で政治集会を計画したことはありません。
 アジア太平洋戦争末期、植民地であった朝鮮半島から労務動員や徴用の名で多くの朝鮮人が連行され、過酷な労働を強いられ、異国の地で命を落としました。彼らの無念の死を悼み、記憶し、二度と同じ過ちを繰り返さない誓いを新たにするとともに、日本と朝鮮・韓国、そして中国をはじめ、広くアジアの平和と友好を願って、追悼碑が建てられ、追悼集会が行われてきました。
 群馬県の決定の背後には、2012年以降、一部右翼団体が行ってきたいわれない追悼碑攻撃が存在することは明らかです。
 私たちは、一方的に言い渡された設置期間更新不許可の決定を容認できず、更新許可を求めて前橋地方裁判所に堤訴し裁判闘争を続けてきました。すでに12回にわたる口頭弁論が行われ、裁判も最終段階を迎え、年内に判決が言いわたされようとしています。
 裁判では原告代表と弁護団が、守る会の主張を全面的に展開し、詳鳥原の決定の不当性を明らかにしており、私たちは勝利を確信しています。
 省みれば追悼碑建立後の10年、国の進路を曲げてしまうような動きが相次ぎ平和や人権が強く脅かされていることを感じます。歴史の修正・歪曲の動きとあいまって、在日朝鮮人・韓国人をはじめ、マイノリティーへのヘイトスピーチ・ヘイトクライムなど、排外主義的な動きが横行しています。戦争・植民地支配に関わる追悼碑や慰霊碑への不当な攻撃、碑文や説明板の不当な改廃が各地で相次ぎました。群馬における追悼碑への攻撃も、それらと軌を一にするものと思われます。
 いま私たちは、この時代をどう生き、未来をどう描いていくのかを厳しく問われています。それに応えるためにも、群馬の森・追悼碑建立にかけた思いを無にすることのないよう、“裁判闘争を軸に碑の存続に力をつくす決意です。
 おわりに、広く県民の皆さん、国内外から私たちの闘いを見守り連帯していただいている皆さんの一層のご支援をお願いし、アピールといたします。
 2017年4月22日   「記憶反省そして友好」の追悼碑を守る会
 2017年総会
ーー(引用終わり)
追悼碑裁判ニュースNO14はこちら
群馬県 #追悼碑を守る署名にご協力ください。
http://honkatu.blog24.fc2.com/blog-entry-1097.html

#群馬の森 #追悼碑裁判  追悼碑の設置期間更新を求める請願 #署名用紙

「記憶反省そして友好」の追悼碑を守る会 より、送付いただきました。群馬県民の方はもとより、県外の方も署名にご協力のほどよろしくお願いします。
ー判決を前にして、県議会に追悼碑存続を迫るためにー
「記憶反省そして友好」の追悼碑を守る請願署名」運動に対する協力のお願い

*請願署名用紙 裏表 
・署名の集約時期:10月末日
・今後の裁判予定:第16回口頭弁論 10月11日(水)14時~
iimg782.jpgiimg781.jpg
*署名用紙 こちらにも保存しています(「ダウンロードページ開く」<ダウンロード<、保存か開く)
・下記の「追悼碑を守る会」へ依頼、郵送もいただけます。
*署名用紙 送付先
 「記憶 反省 そして友好」の追悼碑を守る会
〒371-0026 群馬県前橋市大手町3-11-1社会文化会館内

ーー
署名用紙裏の「声明」を転載する。過去の経緯がよくわかる。
         声   明
1.本日、「『記憶 反省 そして友好』の追悼碑(以下、追悼碑)を守る会」(以下、追悼碑を守る会)は、同追悼碑の設置期間更新を求める守る会の申請に対して、去る7月22日群馬県が行った不当な不許可決定を取消すこと、ならびに設置期間更新を許可することを求めて、前橋地方裁判所に提訴した。
2.同追悼碑は、群馬県と追悼碑を守る会(当時は、追悼碑を建てる会)の間の長時間をかけた真摯な協議とそれによる合意に基づいて建立され、10年余を経過した。
 今回の群馬県の決定は、群馬県と守る会の合意にいたる経過から見て、道理がないばかりか、県立公園・群馬の森に同追悼碑を設置する根拠となった「都市公園法」の趣旨・目的や憲法に定められた表現の自由に反するものであり、不当なものである。
3.追悼碑をめぐっては、2年余り前から歴史修正主義に立つ(ネット右翼と呼ばれる)一部右翼団体による撤去を求める攻撃が続き、群馬県に対する働きかけが繰返された。それは、全国各地で、在日韓国・朝鮮人などマイノリティーに対して繰返されている差別・排外意識をあらわにしたヘイトスピーチと軌を一にするもので、群馬県の決定は、これら右翼団体の脅しに屈したものである。
4.群馬県は、決定の理由として、①追悼集会で政治的発言があり、政治的行事に利用された ②碑前で、追悼碑攻撃を行う右翼団体と県職員との間で小競り合いがあるなど、追悼碑が紛争のもととなっていることをあげている。
 しかし、これらの理由は、追悼碑建立の趣旨や存立意義や同碑に寄せられている県内外の多くの市民の思いとは無関係で、道理がない。
5.同追悼碑は、県内外から寄せられた物心両面の協力を得て建てられた。碑の正面には上記の碑名が刻まれ、背面には、日本語とハングルの碑文が記されている。
 碑文は、強制連行され、苛酷な労働を強いられ、群馬の地で命を落とした朝鮮人労働者の死を悼み、「・・かつてわが国が朝鮮人に対し、多大な損害と苦痛を与えた歴史の事実を深く記憶にとどめ、心から反省し、二度と過ちを繰り返さない決意を表明する。過去を忘れることなく、未来を見つめ、新しい相互の理解と友好を深めていきたい・・この碑に込められた私たちの思いを次の世代に引き継ぎ、さらなるアジアの平和と友好の発展を願う・・」と刻まれている。
6.碑文に表された追悼碑を守る会や碑の建立を支えていただいた人々の碑への思いは、いまもなんら変わっていない。
守る会は、同追悼碑の管理団体として、弁護団と共に、裁判を通じて私たちの主張を貫くために努力すると同時に、県内はもちろん、全国各地、そしてこの碑をめぐる動きを注視するアジアの人々と心を一つにして、追悼碑の存続のために、全力を挙げて闘う決意を明らかにする。
2014年11月13日
「記憶 反省 そして友好」の追悼碑を守る会

#群馬の森 #追悼碑裁判 #追悼碑を守る会 声明文 2017.7.26

声明「記憶反省そして友好」の追悼碑(群馬の森)を守るために
一層のご支援をよびかけます!
-過去を忘れず、未来を見つめ、アジアの平和と友好を築くために-
1.県民のみなさん!県立公園・群馬の森の一角に立っ「記憶・反省・そして友好」の追悼碑をめぐる裁判が、いよいよ最終局面を迎えます。
この碑は、アジア太平洋戦争の末期、植民地・朝鮮から強制的に連行され、群馬県内で過酷な労働を強いられ、命を落とした朝鮮人労働者の死を悼むために建てられました。
 いまこの碑をめぐって、碑の撤去を求める詳馬県と碑の設置期間更新を求め、追悼碑の存続をめざす私たち追悼碑を守る会の間で裁判が行われています。裁判所における口頭弁論はすでに15回を数え、裁判は間もなく結審し、判決を迎えようとしています。
2.アジア太平洋戦争の末期、日本政府は、労働力不足を補うために、植民地・朝鮮から「労務動員計画」で大勢の朝鮮人労働者を強制的に連行し、戦場や軍事工場・鉱山・鉄道・発電所など国内の様々な現場で、過酷な条件下で非人間的な労働を強い、i多くの犠牲者を出しました。群馬県内でも、6,000人を下らない朝鮮人労働者が様々な労働現場で働き、多数の犠牲者を出しています。しかし、その実態は、国や地方行政機関が、関係文書を焼却・廃棄したため、十分に解明されていません。
3.追悼碑は、故郷に帰る夢を果たせず、異郷で無念の死を遂げたこれら朝鮮人労働者を悼むと共に、はかり知れない痛み・苦しみを与えた侵略・植民地支配の歴史を記憶にとどめ、若い世代に引き継ぐと共に、過ちを繰返さない決意を新たにすることで、韓国・朝鮮や中国をはじめ広くアジアの国々・人々との間に真の平和と友好を築き上げていく願いを込めて、建てられました。
4.群馬県に対する最初の要望書提出から5年、詳馬県議会の請願採択に始まり、建設用地の選択や碑の態様、名称、碑文をめぐる交渉と合意を経て、碑の竣工、除幕まで足掛け4年の歳月をかけて、碑は2004年4月完成しました。
この間、碑の建立運動は、群馬県当局をはじめ自治体・議会や、県内外の多くの市民のみなさんの協力と支援によって支えられてきました。碑の建立費用には、賛同いただいた県内外の大勢の市民のみなさんが拠出いただいたご芳志が、充てられました。
5.追悼碑は、合意にいたる過程で、追悼碑を建てる会(現守る会)との長時間に及ぶ真撃な協議に多くの努力を払われた群馬県当局をはじめ、上述のような多くの市民のみなさん、そして県民の皆さんの協力と支援が生んだ共同の財産であると同時に、県民の良心の証でもあります。それは又、日本と朝鮮・韓国をはじめアジアの平和と友好をみすえた貴重なモニュメントとして、県立公園・群馬の森にふさわしい施設となっています。
6.しかし、冒頭に触れたように、群馬県は、この追悼碑の設置期間更新を求めた守る会の許可申請に対して、←2014年7月11日、不許可を決め、撤去するよう求めてきました。
県は、①追悼集会で来賓などによる「政治的」発言があり、追悼集会が政治集会となった
②右翼団体の行動によって碑の性格が変わり、「紛争の原因」となっているなど、を理由と
してあげていますが、いずれも言いがかりとしかいえないものです。
背景には、歴史を歪曲し、在日外国人への差別・排外主義をあおる一部右翼団体による碑の撤去を求める執拗な働きかけがあります。
7.前橋地裁における裁判が、いよいよ最終局面を迎えようとしている今、私たちは、_改めて県民の皆さんに訴えます。碑の建立を支えた人々をはじめ、広く県民の共有財産として、また県民の皆さんや碑を支えていただいているすべての人々の良心の証として追悼碑は存在しています。
裁判が大詰めを迎える今、この碑を守り抜くために全力をあげる決意を明らかにすると共に、これまで以上のみなさんのお力添えを心からお願いする次第です。
2017年7月26日      「記憶反省そして友好」の追悼碑を守る会 

#群馬の森 #追悼碑裁判 弁論の骨子等  #追悼碑を守る会

「記憶反省そして友好」の追悼碑を守る会(以下守る会=原告) から資料を送付いただいたので、転載します。
iimg776.jpgiimg775.jpg

iimg778.jpgiimg777.jpg
*資料NO9より、5.裁量権の逸脱濫用
 ・原告が政治的行事に追悼碑を利用した事実(条件違反)がないこと
 ・原告が執り行っていたのは死者を悼む目的の追悼式であり、政治的行事ではない。
 ・被告(=群馬県)が問題視する各発言によって、死者を悼む目的の追悼式が政治的行事の変化することはない。
 ・被告が問題視する各発言は、概ね村山談話や日朝ピョンヤン宣言の趣旨に沿っており、被告の定義を前提としても「政治的発言」にはならない。
 ・来賓の発言をもって原告が追悼碑を政治的に利用したとはいえない。
 ・序幕式において中山運営委員が「碑文に謝罪の言葉がない。今後も活動を続けていこう。」と述べた事実はない。
ーー(引用終わり)
てっきり、右翼市民団体が難癖つけて訴えたかのと思っていたが、群馬県が原告とは。右翼に踊らされて、県が訴訟を起こすなんてナンセンス!自民が強い保守王国の土地柄のせいか?元社会党の参議院副議長の角田義一さんが代理弁護人、がんばってください。

朝鮮学校 補助金訴訟 大阪地裁退ける 2017.2.10東京


「司法も朝鮮学校つぶしか」 学園側控訴「子どもたちのため闘う」
「われわれは民族アイデンティティーを育み、歴史を教えることも許されないのか」
(著作権は東京新聞にあります)

強制連行の悲劇刻む 十日町に記念碑 2016.12新潟日報


中国人犠牲者悼み 十日町市の信濃川発電所の建設現場で過酷な労働を強いられた元労働者の歴史を伝える記念碑「平和友好の碑」が同市長徳寺に建立された。
ーー(著作権は新潟日報にあります)

中帰連平和記念館10周年2016.12.18東京


語り継ぐ加害の歴史 中国人虐殺 元戦犯者の手記など5万点
周恩来「復讐や制裁では憎しみの連鎖は切れない」 
(著作権は東京新聞にあります)

横浜の朝鮮学校と町田の和光高 合同プロジェクト2016.12.14東京


「共生」高校生ら学び合う 
(著作権は東京新聞にあります。)

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
早く本勝さん新聞が読みたい!
週刊金曜日最新号は下のリンクメールニュースから↓

FC2カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

枝野 追悼碑 群馬 強制連行 在日 朝鮮 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA レーダ 公安 原発 基地 週刊金曜日 憲法 改憲 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 沖縄 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 ルポ A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

47NEWS言葉ランキング

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

カウンター

無料カウンター

FC2Ad

Template by たけやん