FC2ブログ

本多勝一 週刊金曜日 応援、侵略を考えるサイト

権力に対する憤りを報じる週刊金曜日を応援、侵略を考える。 平和憲法が危ない、改憲を阻止、警戒しよう。 あなたは戦争に行きたいですか。This site supports Syukan Kinyobi .

週刊金曜日とDAYSJAPANを応援するサイトです。九条を中心に日本国憲法を「改正」しよう
とするあらゆる団体に警鐘を鳴らし,日本国憲法を守るという1点で手をつないでいきましょう。
daysDAYS JAPAN 世界を視るフォトジャ-ナリズム雑誌
週刊金曜日tail週刊金曜日の紹介(既刊目次、久野収さん創刊の辞など) 電子版週刊金曜日
本多勝一さんの日刊新聞構想XY新聞
「タブー無き第四権力、新しい日刊新聞のために(日刊紙の詳細)、(前文
本多勝一XY新聞創刊実現掲示板 編集委員が語る週刊金曜日
2011.9.10週刊金曜日創刊18周年記念講演会(福島原発事故,本多勝一講演あり)
週刊金曜日創刊から現在までの歴史(2008.11.22大集会の冒頭映像)
本多勝一 動画(週刊金曜日創刊15周年大集会のあいさつ2008.11.22)
筑紫哲也の追悼ビデオ(2011.11.22大集会) 週刊金曜日講演会本多勝一「天才と秀才」(1994年頃)
貧困なる精神 自衛隊、旧日本軍の侵略行為(日中戦争、戦犯他)
南京大虐殺 従軍慰安婦 アメリカの侵略(ベトナム戦争など) 新聞研究地方紙、朝日など)その他、分類別は左欄のカテゴリを参照。 

タブーのない硬派の週刊誌「週刊金曜日」を支援します。応援いただける方は 週刊金曜日を支援する掲示板へご意見お願いします。

#週刊金曜日 2019.4.12号目次 全体主義化する #神道 神社のルーツは古代朝鮮半島なのか 広河氏性暴力・パワハラ #DAYSJAPAN 最終号を考える

20190412,1228
<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.4.12
_________________________________________________________『週刊金曜日
     
     ★オリジナル9条Tシャツ 再入荷しました★   
===================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■知られざる神道神社
天皇の代替わりに伴う新元号の発表で大騒ぎの日本列島。秋には、大嘗祭をはじめとする神道に則った儀式が大々的に喧伝される。戦後の政教分離によって一宗教になったはずの神道が、剛柔の戦略を使い分けながら、再び日本社会を侵食しつつある。そんな時代の空気に警鐘を鳴らすため、国家神道の罪過はもちろん、神道神社の知られざる歴史と現在を改めて検証する。
●その根は捏造された伝統に
全体主義化する神道 アライ・ヒロユキ
●武田崇元・八幡書店社主に聞く
葦津珍彦が作り上げた核心は
「国家管理なき国家神道」
古神道などの書籍を出版する八幡書店を経営し、神道・神霊学・歴史に深い造詣を持つ武田崇元氏。神道は、右派に利用されることをやめ、「神々の解放」を勝ち取るべきと熱く語る。
●日本各地にある渡来系の神社
神道・神社のルーツは古代朝鮮半島なのか 片岡伸行
神道・神社は日本固有のものと信じられてきた。しかし、高句麗、新羅、百済といった古代朝鮮半島にあった三つの国を由来とする神社が日本各地に数多く存在するのはなぜか。古代の半島と列島をつなぐ知られざる“神の道”を探る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記
 昨日の雨があがり、今朝は気持ちのよい青空が覗く。地域の学校の前に「入学式」の看板が立つ。通勤途上、すれ違う中学生の表情が眩しい。
 弊誌は4月から新編集委員を迎えたが、
スポンサーサイト

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.4.5号目次 #森友学園 #籠池 前理事長が語る #国策捜査 の意図と #安倍 首相のウソ #フォトグラファー 座談会女性がカメラの世界で生きていくこと

20190405,1227<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.4.5
_________________________________________________________『週刊金曜日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━     
     ★オリジナル9条Tシャツ 再入荷しました★      
====================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■森友学園・籠池前理事長夫妻が語る
国策捜査の意図」と「安倍首相のウソ」 相澤冬樹
森友学園問題はわかっていないことが多すぎる。補助金をだまし取ったとする詐欺などの罪で起訴された籠池泰典・詢子夫妻は3月6日に大阪地裁で開かれた初公判で無罪を主張した。同問題でスクープを連発してきた相澤冬樹さんが籠池夫妻に今の心情を聞く。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記
 井上明久東北大学元総長の論文不正疑惑について今週号アンテナで三宅勝久氏が報じている。

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.3.29号目次 ヤミ金化する #奨学金 #愛媛新聞 と忖度3 竹田ファミリーの闇(下)元皇族の恒徳氏は関東軍参謀、731部隊にも関与

20190329,1226<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.3.29
_________________________________________________________『週刊金曜日
        ★オリジナル9条Tシャツ 再入荷しました★
====================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■ヤミ金化する奨学金
奨学金返済の滞納者が33万人に達した。奨学金なしでは大学に行けないが、返したくても返せない人が急増している。奨学金をテーマに北海道札幌市で開かれた『週刊金曜日』創刊25周年記念講演会「格差と貧困スパイラル〜ブラックバイトと奨学金〜」(1月26日)を誌面再録、問題点を探る。
●ブラックバイト漬けの生活
格差と貧困のスパイラルを生む構造 大内裕和
◆『奨学金が日本を滅ぼす』書評
奨学金返済のための“ブラックバイト”続けた実体験とも重なる 吉田希望
●虐待受けた経験から子ども支援に関わる
完済は44歳の予定、返済が楽になる方法を模索中 二本松一将
●1日600円以下の生活、大きな買い物できず
けがや病気、非正規になると生活できない 保坂勇祐
●若者が足を運んでくれるテーマで講演企画
奨学金問題の第一人者を講師に 佐井亜紀
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記
 今週号の特集は奨学金だ。私もかつての日本育英資金と東京都育英資金から奨学金を借りた。何年か前に返済を終えてほっとしたことを覚えている。だが、いまの学生のたいへんさをみていると、当時の自分の比ではないように感じてしまうのはなぜだろう。

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.3.22号目次 #沖縄 #県民投票 地方紙77%が1面トップ

20190322,1225
<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.3.22
_________『週刊金曜日
   
       ★春から始めてみませんか、定期購読受付中
====================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
沖縄県民投票
ミサイルを主戦力とする時代に肉弾戦を主とする海兵隊の新基地が本当に必要なのか
●試される脱植民地主義 新垣毅
沖縄県民投票辺野古新基地建設に県民が合意していないことが鮮明に示された。県民の合意なしに強行される辺野古の新基地建設は日本の植民地主義の象徴である。これに対抗して国防の道具扱いから脱し、「自分たちのことは自分たちで決める」行為である県民投票は自己決定権の行使なのだ。
●地方紙73%が1面トップで報道
次の一手を導く地方紙の意思力 尹史承
全国の地方紙・ブロック紙は、読者である都道府県民の関心にそって紙面展開をする。逆に言えば、他の地方のニュースは報道の扱いが地味になりがちだ。だが、沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票では、73%が1面トップで報じた。
◆本土の意識を変えた沖縄の力 斎藤美奈子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記
 怒りを通り越して怖くなる。今週号の野池元基氏が明らかにした福島県伊達市の「心の除染」事業だ。

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.3.15号目次 #原発 はなぜ危険なのか、 #愛媛新聞 と忖度(1)

*俺の注目記事
愛媛新聞 と忖度(1) 高校生に書かせた記事で県から制作費を受け取る
・女性記者たちのメディアウォッチ「オレ様ジャーナリズム」にNO(下) 広河隆一問題にも触れている
・父が目撃した秋風事件 戦時中、オイツ人らをスパイ容疑で虐殺
・不謹慎な旅 旧足尾銅山と松木村跡 木村聡
・自由と創造のためのレッスン 廣瀬純 黄色ベスト運動とは何か1
20190315syukin,1224<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.3.15
_________________________________________________________『週刊金曜日
 ★イベント 文在寅・韓国大統領へのラブコール
============================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■3.11 脱原発裁判を考える
●樋口英明さんロングインタビュー
原発はなぜ危険なのか
3・11東日本大震災によって、原発の過酷事故がことばに言いつくせない被害をもたらすことを私たちは知った。しかし、全国各地の裁判所の多くは、原発の運転差し止めを認めない。なぜなのか。3・11後、はじめて原発の運転差し止めを命じた福井地裁の樋口英明・元裁判官にじっくりうかがった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.3.8目次 #福島原発 事故8年森からのまなざし

20190308,syukin <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.3.8
_________________________________________________________『週刊金曜日
   ★イベント 文在寅・韓国大統領へのラブコール
====================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■3.11 特集1
福島原発事故8年 「森」からのまなざし
「被害者」と「加害者」が逆転しているのではないか。東京電力福島第一原発の破局的事故から8年を迎えようとしているいま、あらためてそう感じる。
被曝から逃れるために故郷を離れた人たちへの支援が次々と打ち切られる。放射性物質への恐れを口にすると、「風評被害を呼ぶ」「復興の妨げになる」などと非難される。福島県内では、汚染土などを詰め込んだ大量の黒い袋(フレコンバッグ)が日常の風景となってしまった。
わたしたちの社会はどこで間違ってしまったのか。いま考えるべきことはなにか。四季折々の豊かだった自然からわたしたちは見つめられている。そのまなざしに向き合いたい。
●武藤類子さんロングインタビュー
「絶望」も、私たちの手に取り返す
その人は、福島原発事故後も「森」の中で暮らしている。福島県三春町に住む武藤類子さん。福島原発告訴団の団長や「ひだんれん」(福島原発事故被害者団体連絡会)の共同代表として多忙な武藤さんに、一人の「被害者」として、そして「森の住人」として、等身大の声をお聴きした。
●聞き取り調査から浮かび上がるもの
健康不安の語りにくさを呼ぶ重層的な差別 清水奈名子
原発事故の被害を語りにくくする要因として、重層的な差別の問題がある。さらに、福島への差別を解消する意図で展開される「福島差別」批判論も、事故被害をさらに語りにくくする方向に作用し、状況をより複雑にしている。
●日常の中の非日常
福島を撮り続ける 赤城修司
福島市在住の赤城修司さんは原発事故以降の市内を撮り続けている。撮影枚数はすでに約60万枚。街の風景だけではなく、写真を撮り発表する自分自身にも批評の眼は注がれている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記
 昨年、その人の姿を何百人もいるホールの中で見かけた。専門分野では世界的な権威。市民に呼ばれればシンポにも出て行くし、多忙な時間を縫って本誌の取材にもこたえてくれた。良心的な学者だ。

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.2.22目次 『週刊金曜日』は #消費税 5%以下への #減税 を求めます

20190301,1222 ★お得で便利な定期購読
 <<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.3.1
_________________________________________________________『週刊金曜日
     ★イベント 文在寅・韓国大統領へのラブコール★        
====================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■『週刊金曜日』は消費税5%以下への減税を求めます
やはりウソだったのか。
アベノミクスは不正統計で偽装されていた。
景気がよくなったといわれても
その恩恵を実感できなかったのは当然だ。
実質賃金がマイナスなのだから。
医療費や介護、年金の負担は重くなる一方で
手元に残るおカネは減るばかり。
それなのに、政府はこの10月から消費税
10%に上げるという。そこで『週刊金曜日』はこう考えます。
(1)
過去2回の消費税増税で、消費と景気が冷え込みました。いま必要なのは、減税をして消費を増やし、景気を回復させることです。
(2)
消費税は逆進性が高く、基幹税になりえないにもかかわらず、全体の税収に占める割合がどんどん高まっています。不公平な消費税の割合は低くする必要があります。
(3)
国の財政悪化は、不要不急の事業でばらまきを行ない、大規模な企業減税を行なった結果です。法人税を元に戻し、富裕層の金融所得にきちんと課税することこそ肝心です。
(4)
「財政危機」のために負担を先送りしてはいけないというのは、社会保障を抑制するための財務省によるマインドコントロールです。プライマリーバランスの悪化は直ちに国家財政の破綻を意味しません。それよりも、共通の財布「財政」に、どこからおカネをどれだけ持ってきて、何に使うのか、国民の意思を反映させることが大切です。
今週号から、消費税についての知識や情報を共有しながら、
経済の専門家はもちろん、さまざまな方から意見をいただき、議論をしていきます。
●Q&Aで考える
消費税って何? 浦野広明
私たちに一番身近な税である消費税。老若男女問わず、
誰もが取られる消費税。税率が10%に上がると生活に
影響が出るのは言わずもがな。そもそも消費税って何なの?
というところから入ってみましょう。
◆ツイッターで聞いてみた
消費税5%への引き下げ 賛成ですか? 反対ですか?
●京都大学大学院教授・藤井聡さんに聞く
消費税増税を繰り返せば財政は悪化する
消費税を増税すれば、税収が増えるどころか、財政は悪化する─。安倍内閣で内閣官房参与も務めた藤井聡・京都大学大学院教授はこう主張する。デフレ不況下の日本では、消費税を減税するのがベストだという。その理由を『週刊金曜日』編集長・小林和子が聞いた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記
「きょうの『読売』、見ましたか?」

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.2.22目次 100年前のろうそくデモ 3.1 #朝鮮 独立運動

20190222,1221★お得で便利な定期購読
<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.2.22
__________________________________『週刊金曜日』     
     ★イベント 文在寅・韓国大統領へのラブコール★
   http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=4088
====================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■100年前のろうそくデモ
3・1朝鮮独立運動
今週号の特集は「3・1独立運動」である。表紙の写真は「朝鮮のジャンヌ・ダルク」と言われた10代の少女・柳寛順を先頭にデモする民衆を描いたレリーフだ。ソウルのタプコル公園にある。彼女は当時、梨花学堂(現在の梨花女子高等学校)の生徒だった。
 日本の中学校の歴史教科書『ともに学ぶ人間の歴史』(学び舎)に、こう書かれている。
「1919年4月、京城(ソウル)から約100Km離れた並川という町の市場に、およそ3000人の人びとが集まっていました。(中略)柳寛順は、京城で、友だちと3月1日のデモに行こうとしましたが、学校が禁止したため、参加できませんでした。ふるさとの町で、両親といっしょに集会に参加しました。日本の憲兵隊が、集まった人びとに向かって発砲し、両親は殺されました。柳寛順も逮捕されて、裁判にかけられ、翌年10月、刑務所に入れられたまま死亡しました。最後まで、朝鮮独立の意志をすてなかったといわれます」
 当時の朝鮮には無数の「柳寛順」たちがいたことを、日本人は決して忘れてはならない。
 特集では、ジャーナリストの成川彩氏が100周年を迎えるソウルの表情を報告する。運動の世界史的な意義については一橋大学の加藤圭木准教授に、運動の精神が現代のろうそくデモにも引き継がれていることについては恵泉女学園大学の李泳采准教授に、それぞれ寄稿してもらった。
 東京の朝鮮人留学生(当時)たちが、2・8独立宣言を計画し、それが3・1の導火線となった。宣言草案をもって、京城へ潜入した留学生・宋継白について、大学院生の姜明錫氏が取材した。宣言が発表された東京の現場にも焦点を当てた。運動は、上海の臨時政府に引き継がれた。元『ハンギョレ』副社長の任在慶氏にその意義を訊ねた。
 朝鮮民族の叫びに連帯した弁護士の布施辰治、ジャーナリストの石橋湛山 、民芸運動の柳宗悦、政治学者の吉野作造らの言説は、「暗闇の中の光」でもある。改めて、彼らの主張を読み直した。
 外村大東京大学教授の解説付きで、3・1独立宣言の現代語訳を掲載した。宣言は、韓国併合を批判し、こう指摘する。
「二つの民族の間に深い溝を作ってしまい、お互いに反発を強めて、仲良く付き合うことができないようにしている(中略)これまでの間違った政治をやめ、正しい理解と心の触れあいに基づいた、新しい友好の関係をつくりだしていくことが、私たちと彼らとの不幸な関係をなくし、幸せをつかむ近道である」
 この言葉は、いまの日韓関係に、投げつけられているように響く。この「溝」を日本側で深めているのは、過去の問題に向き合ってこなかった歴代政権、とりわけ安倍晋三政権ではないか。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との間では、植民地支配の清算すら終わっていない。だが、政治家の責任にするだけでは、解決しない。この機会に過去に想いをはせ、東アジアの平和のために、私たち市民一人ひとり何ができるのかを問いたいと思う。(本誌発行人 植村隆)
●ソウルの表情反日感情は直接刺激せず
メディアも映画も「独立」焦点 成川彩
韓国では、多くの3・1独立運動関連イベントが予定されており、メディアや映画でも独立をテーマにしたものが目立つ。韓国在住の日本人ジャーナリストが、100周年を前にしたソウルの表情を伝える。
●任在慶・大韓民国臨時政府記念事業会副会長に聞く
ろうそくデモに受け継がれた「主権者は国民」
3・1朝鮮独立運動から約1カ月半後の1919年4月11日、独立運動家らが中国・上海で大韓民国臨時政府を樹立した。大韓民国臨時政府記念事業会の任在慶副会長(82歳)に、3・1運動と臨時政府樹立の意義などについて聞いた。
●3・1独立宣言
「ああ、いま目の前には、新たな世界が開かれようとしている」
「3・1」独立宣言(1919年)は、アメリカ独立宣言(1776年)やフランス革命の人権宣言(1789年)の流れをくみ、自由や平等を冒頭で高らかにうたう。そして排他主義を強く戒める。力強く希望に満ちた全文訳を掲載する。
●私たちはなぜ「宣言書」を現代語に訳したのか
謙虚に史実に向き合うために 外村大
●3・1独立運動の歴史的、今日的意義を探る
朝鮮民衆の独立への意志世界に明確に示される 加藤圭木
◆日本各地で予定される主なイベント
3・1朝鮮独立運動100周年に際して、日本各地でもさまざまなイベントが予定されている
●3・1独立運動からろうそく革命の時代へ
主権在民に基盤を置いた大衆的実践 李泳采
韓国では、3・1独立運動が共和国建国のための国民主権運動の始まりだったという新しい視点が提起されている。それは2年前のろうそく市民革命に影響されたものだ。
●真に朝鮮と向かい合った日本人 成澤宗男
かつて朝鮮半島が日本の植民地にされていた時代、隣国の人々の苦難に思いを馳せていたごく少数の知識人がいた。言論が制約されていた時代であったからこそ、彼らの残した文章には言いしれぬ良心の力を感じることができる。韓国ヘイトが巷にあふれている今こそ、先人の声に耳を傾けたい。
●「2・8独立宣言」の舞台を行く
アジアの解放促した知られざる朝鮮留学生の物語 尹史承
1919年に起きた韓国の3・1独立運動と中国の5・4運動。東アジアで起きた大規模な二つの民衆運動は、同年2月8日、東京でのある運動が一つのきっかけだった。
●3・1独立運動の導火線
2・8宣言案を朝鮮へ伝えた密使・宋継白を追う 姜明錫
2・8独立宣言の草案を帽子に隠して、当時のソウルに潜入した早稲田大学留学生。先輩たちに「決起」を伝え、彼らの心を動かした。100年後の韓国人早大留学生が、宋の悲運の人生を報告する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.2.15号 目次 #NHK 研究スペシャル

*俺のひとこと
安倍の広報機関と化したNHKにNOを!、受信料拒否を!
ーー
20190215_1220.jpg
<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.2.15
____________________________________________    
     ★イベント 文在寅・韓国大統領へのラブコール★
   http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=40
====================================================================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■NHK研究スペシャル
安倍晋三首相の「支持率高止まり」はNHKのおかげ──。こんな声も聞かれるほど、第2次安倍政権における定時のニュースを中心としたNHKの政権寄りの姿勢が目立つ。政権に都合の悪い情報は極力小さく扱うか無視する一方、首相の人気取りにつながるような報道がはびこる現状は、もはや「中立で公正な放送」という建前とは無縁だ。今こそ市民が番組の監視を強めないと、官邸の意を体した情報操作がまかり通ることになる。これは、民主主義の危機ではないのか。最近まで問題となった番組を具体的に検証しながら、その問題点を指摘する。
●安倍政権下で深まった忖度と癒着の構造
エスカレートする政治部の忖度報道 永田浩三
NHK全体から見れば、社会部を中心に優れたドキュメント作品が少なからず制作されてきた。だが、常に権力との一体化が以前から指摘されてきたのが、局内で絶大な力を誇る政治部にほかならない。その害悪は、第2次安倍政権下で増幅しているのだ。
●国会での最大問題より芸能・スポーツが重要なのか
勤労統計不正調査報道に見る作為の実態 醍醐聰
経済政策の前提となるデータが改竄された、厚生労働省の勤労統計不正調査問題。今や政権を揺るがす大問題に発展しているが、NHKのニュースは意図的に小さく扱い、視聴者に重要な問題ではないかのような印象を植え付ける情報操作が露骨だ。
●権力者の意向をこと細かに伝える
「安倍目線」を解説するから岩田明子「解説委員」 山崎雅弘
外交など安倍首相の重要な政治ニュースにしばしば登場し、もっともらしくいかにも首相が喜びそうなコメントを流しているNHK「解説委員」の岩田明子氏。そんなにまで首相の肩を持ちたければ、いっそのこと退局して、安倍事務所の秘書にでもなったらどうだ。
●政権批判の回避と、抑制される辺野古報道
なぜ首相の「サンゴ発言」を検証せず放置したのか 戸崎賢二
沖縄・辺野古沖で強行されている土砂投入。NHKの「日曜討論」で安倍首相が工事現場の「サンゴは移している」などと発言した。事前に調べれば簡単にウソだと分かるのに、録画したものをそのまま放送したのはなぜなのか。これでは、「政権広報」と変わりない。
●検証 ここまで偏向している「アベチャンネル」の具体例 本誌取材班
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記

続きを読む »

#週刊金曜日 2019.2.8号目次 沖縄 #辺野古 新基地建設、全県民投票の意義 、#北方領土 を考える 


★お得で便利な定期購読
<<『 週 刊 金 曜 日 』 メ ー ル ニ ュ ー ス >>  2019.2.8
______『週刊金曜日
★イベント 文在寅・韓国大統領へのラブコール
======================
 【1】注目の記事
 【2】編集長コラム
 【3】次号予告
 【4】近刊のご案内
 【5】イベントのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】注目の記事
■『北方領土』を考える
不調に終わった先の日露首脳会談。領土問題について官邸が「二島プラスα」で世論をまとめることができても、現実には突破できない壁が待ち受ける。メドヴェージェフ首相は、大統領時代も含め過去三回、日本政府が「固有の領土」とする国後、択捉に上陸して「北方領土」返還の動きを牽制した。次の標的は──。「領土問題」解決の困難を指摘し、国境画定という新しい考え方を提示してきた岩下明裕氏が、安倍外交の苦境のありかを示す。
●メドヴェージェフ首相が色丹に行く日 岩下明裕
●「返還は二島か四島か?」を考える前に理解しておきたいこと
千島の歴史を知る 黒岩幸子
かつて「南千島」といわれた四島が、どういう経緯で「北方領土」といわれるようになったのか。返還論を議論する前に知っておきたいその地理や歴史を辿る。
●国境で分断された千島Q&A
●根室ルポ
安倍政権に利用され、裏切られる旧島民 粟野仁雄
1月22日、北海道根室市で報道陣に囲まれながら会談後に行なわれた日露両首脳の会見のテレビ中継を見守った旧島民たち。何の進展もなかった会談に、落胆の色は隠せない。
●各政党に聞く
北方領土」問題について考えを聞かせてください!
自由民主党/立憲民主党/国民民主党/公明党/日本共産党/日本維新の会/自由党/希望の党/社会民主党
安倍自民党以外の政党は、どう考えるのか。定例会見や文書などでコメントをもらった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】 編集長後記

続きを読む »

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

XY新聞

Author:XY新聞
過去の事実を率直に見つめ、現代の改憲の動きを止めよう。
タブーのないリベラルな週刊金曜日をご支援ください。

カウンター

カテゴリー

最近の記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

週刊金曜日ヤフーニュース

タグリスト

神社 神道 国策捜査 安倍 奨学金 沖縄 辺野古 県民投票 足尾 広河隆一 愛媛新聞 原発 福島 消費税 朝鮮 NHK 北方領土 週刊金曜日 日本人 プライバシー 地方 天皇 改憲 憲法 市民連合 ウィグル 徴用工 強制連行 植村隆 安田純平 介護 玉城デニー 基地 DAYSJAPAN 米軍基地 米騒動 ルポ 翁長 渡具知武豊 翁長知事 西荻 社会主義 早稲田 古本市 古本屋 高円寺 追悼碑 佐高信 レーダ 統一名簿 リベラル 地域政党 小選挙区制 枝野 群馬 在日 慰安婦 共謀罪 スノーデン NSA 公安 参院選 朝鮮籍 前文 震災 津波 動物 交通事故 戦後補償 南京大虐殺 朝鮮人 本多勝一 毒ガス 731部隊 徴用 ダム 泰緬鉄道 侵略 東北 橋下 オウム 米軍 憲法9条 筑紫哲也 久野収 南京 XY新聞 米軍再編 A級戦犯 日刊紙 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

金曜日刊行物

金曜日1

金曜日3

貧困なる精神

本多勝一著作集1南京他

著作集2

著作集3

著作集3

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2掲示板

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2Ad

Template by たけやん